*

焙煎中は味見できない どんなイメージを持って焙煎するのか

公開日: : 焙煎アーティスト ,

僕はこう見えて、コンピュータ関係にはかなり弱いです。
よくわかりません、だから分かる人に聞いています。

 

分からない時はお前はストーカーか!と思うほど、電話をしょっちゅうかけて聞いております。
島珈琲のウェブを担当してくれている、株式会社まころ企画の牧田社長にはほんとうに感謝です。
http://www.makoro-plan.com/

 

で、ですね。
僕のブログもよく分からないなりに、1日どれくらい見てもらっているのか、その数セッションというみたいなのですが、それを一応ほぼ毎日チェックしております。

 

見てて面白いなぁと思うのは、ある時期はそのセッションが多いのですが、ある時期は少なかったりと何年か通して見ていると、1年の中に一定の周期があるようなんですね。

 

人間にはバイオリズムがあって、なんとなく人はおなじようなリズムになるんだなぁと感じています。

 

もちろんお子さんの夏休みとか春休みとか、学校の行事だとか、いろんなことも左右されていると思いますが、よく観察していると面白いことが色々とわかり、興味深いです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

焙煎中は味見できない どんなイメージを持って焙煎するのか

 

コーヒー焙煎って、焙煎の途中に味見ができないのですね。
お料理を作るように、お皿に出汁をすくって飲むような、そんな味見はできません。

 

焙煎が終わり1日寝かしてから、味わいがはっきり見えてきます。
焙煎直後は味が若いと僕たちは表現するのですが、まだその本来持つポテンシャルを存分に発揮していないのですね。

 

1日寝かしたあたりから、香味がぐぐっと出てきます。

 

そうすると、焙煎ではどうやって味つくりをしているのか、不思議になりますよね。
それはというと、イメージです、イメージ。

 

僕もいつのまにかキャリアがあるようになり、グァテマラにはグァテマラらしさを熟知しておりまして、だいたいどの銘柄も味わいのポイントの幅に、共通性があるのを知っているのですね。

 

ですから、その美味しいポイントを狙って焙煎します。
僕のイメージでは、野球のピッチャーですね。

 

ストライクゾーンに球を放り込む、それは時に直球であったり、変化球であったり。
バッターボックスに立つ打者はコーヒー豆、その時々の打者に対して球種を選ぶ、そんな感じのイメージです。

 

初物にはどうするのか

 

投手なら初めて対戦の打者には、どう球を投げていくか考えますよね。
コーヒー焙煎も同じく、初めて焙煎する銘柄のコーヒー豆には、わをかけて慎重に。

 

僕の経験の中に、だいたいのパターンがあるので、それを用いながらイメージして焙煎します。

 

時々ね、自分のパターンにはないコーヒー豆があって、その味わいに驚かされたりもありますが、そこは手探りで。
回数をかさねて観察します。

 

ただし、必ずストライクゾーンに入れること、プロですからね。

 

コーヒー豆の焙煎は、焙煎機を暖機運転するところから始まります。

 

焙煎機をいつもの状態にして、気温や湿度を肌で感じ、そして焙煎のどう進めるのか、ピッチャーで言えば、今日の投球はどんな組み立てをするのかを考えるのと同様に、僕もまた同じように考えています。

 

どんな状態でも、味わいのストライクゾーンに入れること、いつもそれを意識して焙煎のイメージを整えています。
それがプロです。

 

そんなお話でした。
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーにはどんな水がいいのか?コーヒーと水の関係

プロローグ セミナーを開催するといいことがあります。さて、なんでしょう? そうです!いろんな質問

記事を読む

僕の缶缶プロジェクト 島珈琲カン進めます!

僕はエクスマ=エクスペリエンスマーケティングを勉強しています。 このブログでも多く出てきている言葉

記事を読む

違うの?一番美味しい時は焙煎したてのコーヒー豆なのか

昨日は友人たちと西宮・船坂にある古材問屋に行ってきました。 古材問屋のオーナー明木さんは、島珈琲高

記事を読む

僕が影響を受けたコーヒーの巨匠たち

    16日と17日で両親と家族で温泉旅行を行ってきます。

記事を読む

コーヒーの味わいの表現はむずかしい・・・参考にした本はコレ

実は僕、過去にバーテンダーを目指した時期がありました。 昼はコーヒー焙煎、夜はバー、カフェバーです

記事を読む

コーヒー豆は保存食品じゃない!だから保存法が大事なんです!

プロローグ 定期的にリライト、書き直しですね、している記事です。 というのもコーヒー豆は保存食品

記事を読む

コーヒーメーカーを長持ちさせるために 守って欲しい大事なこと

プロローグ 先日 お客様に「島さんはほんとにコーヒーが大好きなんですね」 と言われました 好きな

記事を読む

コーヒー焙煎はどんな事を考えて、焙煎しているのか

プロローグ コーヒーの焙煎とはコーヒー生豆を火で(熱で)焙る作業のこと言います。 コーヒー生豆は

記事を読む

コーヒーは熱いときが美味しいとは限らない

僕の鍵はお店とかシャッターとか カフェBeとか家とかうじゃうじゃ沢山あるのですが 必ず家の前で 家の

記事を読む

出版すれば本は売れるのか

最近よく聞かれます。 島さん、本はどうでしたか?と。   ふふふ、そうなんで

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
アイスコーヒーを美味しく作るコツ

さて、先日なんと北海道で島珈琲のコーヒー豆を使い、コーヒーを提供してく

夏はやっぱりアイスコーヒーの豆が一番売れるのか

島珈琲高槻店の道路を挟んで向かい側のビル、その2階に「アトリエ ステッ

目指すはどこ?島珈琲社会貢献部の行方

6月20日以来、あの地震が起きてからお休みがありませんでした。 です

大事なイベントでどう? こんな風呂敷ギフトできるんですYO!

先ほど「喫茶たんぽぽ」さんで働くA君が御来店。 A君は僕のことを師匠

ミルでも変わるコーヒーの味わい

使わなくなった1台のミルの手入れをしています。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑