*

焙煎中は味見できない どんなイメージを持って焙煎するのか

公開日: : 焙煎アーティスト ,

僕はこう見えて、コンピュータ関係にはかなり弱いです。
よくわかりません、だから分かる人に聞いています。

 

分からない時はお前はストーカーか!と思うほど、電話をしょっちゅうかけて聞いております。
島珈琲のウェブを担当してくれている、株式会社まころ企画の牧田社長にはほんとうに感謝です。
http://www.makoro-plan.com/

 

で、ですね。
僕のブログもよく分からないなりに、1日どれくらい見てもらっているのか、その数セッションというみたいなのですが、それを一応ほぼ毎日チェックしております。

 

見てて面白いなぁと思うのは、ある時期はそのセッションが多いのですが、ある時期は少なかったりと何年か通して見ていると、1年の中に一定の周期があるようなんですね。

 

人間にはバイオリズムがあって、なんとなく人はおなじようなリズムになるんだなぁと感じています。

 

もちろんお子さんの夏休みとか春休みとか、学校の行事だとか、いろんなことも左右されていると思いますが、よく観察していると面白いことが色々とわかり、興味深いです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

焙煎中は味見できない どんなイメージを持って焙煎するのか

 

コーヒー焙煎って、焙煎の途中に味見ができないのですね。
お料理を作るように、お皿に出汁をすくって飲むような、そんな味見はできません。

 

焙煎が終わり1日寝かしてから、味わいがはっきり見えてきます。
焙煎直後は味が若いと僕たちは表現するのですが、まだその本来持つポテンシャルを存分に発揮していないのですね。

 

1日寝かしたあたりから、香味がぐぐっと出てきます。

 

そうすると、焙煎ではどうやって味つくりをしているのか、不思議になりますよね。
それはというと、イメージです、イメージ。

 

僕もいつのまにかキャリアがあるようになり、グァテマラにはグァテマラらしさを熟知しておりまして、だいたいどの銘柄も味わいのポイントの幅に、共通性があるのを知っているのですね。

 

ですから、その美味しいポイントを狙って焙煎します。
僕のイメージでは、野球のピッチャーですね。

 

ストライクゾーンに球を放り込む、それは時に直球であったり、変化球であったり。
バッターボックスに立つ打者はコーヒー豆、その時々の打者に対して球種を選ぶ、そんな感じのイメージです。

 

初物にはどうするのか

 

投手なら初めて対戦の打者には、どう球を投げていくか考えますよね。
コーヒー焙煎も同じく、初めて焙煎する銘柄のコーヒー豆には、わをかけて慎重に。

 

僕の経験の中に、だいたいのパターンがあるので、それを用いながらイメージして焙煎します。

 

時々ね、自分のパターンにはないコーヒー豆があって、その味わいに驚かされたりもありますが、そこは手探りで。
回数をかさねて観察します。

 

ただし、必ずストライクゾーンに入れること、プロですからね。

 

コーヒー豆の焙煎は、焙煎機を暖機運転するところから始まります。

 

焙煎機をいつもの状態にして、気温や湿度を肌で感じ、そして焙煎のどう進めるのか、ピッチャーで言えば、今日の投球はどんな組み立てをするのかを考えるのと同様に、僕もまた同じように考えています。

 

どんな状態でも、味わいのストライクゾーンに入れること、いつもそれを意識して焙煎のイメージを整えています。
それがプロです。

 

そんなお話でした。
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

厚手のカップ 薄手のカップ どっちがいいの?

プロローグ 寒いのが苦手の僕です こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 三寒四温の時季が近づ

記事を読む

コーヒー焙煎に資格はあるのか、ないのか?

プロローグ 焙煎アーティスト島規之です、こんにちは。 焙煎アーティストのあの人ね、と最近どこかで

記事を読む

テレビに出てどんな効果があったの?

昨晩はカフェBeのスタッフ5名と僕とで、お食事会をしました。 日頃のスタッフのお仕事に感謝をこめて

記事を読む

香る!ドリップでアイスコーヒーを美味しくする「ちょっとしたコツ」

プロローグ 今日はバタバタしていまして、いつものようなしっかりとしたブログを書けそうにないのですが

記事を読む

島珈琲のすっきしりした味わいができるのは焙煎機が違うから

僕がコーヒー屋さんをしようと思ったのは、やっぱりですね、焙煎という作業が面白いから、そして好きだから

記事を読む

焙煎したその日が一番美味しいの?

昨日からスタートしたあの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さん監修のコーヒー TANPANCOFFEE

記事を読む

なぜブルーマウンテンを置いてないのですか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島 規之です 先日 「コーヒー豆専門店なのにブルーマウン

記事を読む

ミルによって違うコーヒーの味わいをカンタンに書いてみた件

プロローグ コーヒーの味わいは、ほんとにいろいろな事で変化します。実にデリケートです。 コーヒー

記事を読む

これを知ると島珈琲のブログを10倍楽しく読める

基本的に僕のブログはコーヒーの事をメインに書いています。   お客様から質問の

記事を読む

きめ細やかさだよ 人生は

プロローグ 今朝のツイッターにこんなことを書きました 「生き残る生物は強い生物ではなく 環境の変化

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの正しいやり方  美味しく淹れる方法は?

日曜日は、日曜日だけが営業のお店、岡町本店で営業している僕です。

値打ちを再度かみしめて頂く情報を

おかげ様で島珈琲高槻店は、この11月21日でまる6周年となります。

島珈琲の先を見る

今年の高槻は6月に地震があってから、大雨、猛暑、台風と自然災害の多い年

コーヒーにもある発酵した味わい

発酵したものといえば、味噌とかお漬け物、納豆それから醤油もそうだし、お

コーヒーの苦味について考える

子供の時に苦いモノ、ビールだとかコーヒーだとか、何でこんなに苦いものを

→もっと見る

PAGE TOP ↑