*

どんどん上がるコーヒー豆 どうする島珈琲?

プロローグ

今日はどんどん上がるコーヒー豆の価格について、今後僕はどう考えているのか。
どうしたら、お客様に喜んでもらえるのか?の考えを記事にしたいと思います。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

今日は午前中、雨でヒマだなぁ~と余裕かまして仕事して、ブログを書く時間もたっぷりあったのに、フェイスブックとかツイッターとかじっくり見ていたら、天気が少し良くなったと同時にバタバタしだして、夕方に焦って書いている僕です あははって関係ないですね。

 

どんどん上がるコーヒーの価格

あんまりお客様を不安にさせたくないので、書きたくないことの一つですが、「値上げしないの?大丈夫?」と聞かれるので記事にしようと思いました。ご心配して頂きありがとうございます、島はとっても嬉しいです。

さて円安、それからコーヒーの不作、そして今年は裏作にあたる年なのでかなり動向が気になる所です。加えて発展途上国でのコーヒーの需要の増加。ますますコーヒーは世界で飲まれるようになってきています。

 

そして世界的なスペシャルティコーヒー(似たような意味合いでマイクロロットとも最近呼ばれている)のブームがあり原材料であるコーヒー生豆の値上がりは、右肩あがりです。
ちなみにスペシャルティコーヒーとは、高品質コーヒーで更にかみ砕いたいい方をすると、上等なコーヒーというところでしょうか。

IMG_4997

 

10年前の仕入れの価格表を見ると、この10年の値の上がり方にびっくりしています。

 

で、値上げはするのか?というと、この先ある時点では考えないといけないかなぁと思ってはいますが、今のところは現状のままでいきます。
ある程度予測していたので、包材や(コーヒー豆(粉)を入れて持って帰ってもらう袋など)その他もろもろのコストダウンを先行してやっておきました。ですから、とりあえず今のところは大丈夫です。

 

今後はどうするのか

クオリティを下げないで価格を上げるのか?
クオリティを下げて、価格を維持するのか?

お客様的には クオリティを下げずに価格も維持する ところで落ち着いてもらいたいはずです。笑
僕もできれば同じように思っています。

 

コーヒーは嗜好品、高級品ともとられることがありますが、美味しいコーヒーを家で日常的に飲まれる方のコーヒー豆は日常品なので、日常で楽しめる価格を維持したい、そう考えています。

 

ジワリじわりと動く相場。常用と供給のバランス。円安。いろいろ不安材料はありますが、とにかく努力しますね!

 

エピローグ

コーヒー豆だけに関わらず、ほんとにいろいろなものが値上がりしています。
コーヒー豆を安売りすることは島珈琲では決してありませんが、お客様が島さんのコーヒー美味しいねって沢山言ってもらえて、沢山飲んでもらえるように、現状のままで営業できるように、引き続き努力したいと思います。

 

いつもありがとうございます

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー豆を購入する量は1回でどれくらいがいいのか?

プロローグ コーヒー豆の販売を専門にして島珈琲を立ち上げ、もうすぐ14周年を迎えようとしています。

記事を読む

味と香りと男と女

プロローグ 1日2杯の酒を飲み 肴は特にこだわらず マイク来たなら微笑んで 十八番をひとつ歌うだけ

記事を読む

no image

ストライクゾーンとコントロール

 就労移行支援で毎日2時間 施設側のプログラムとして コーヒーのたてかたを指導している 彼

記事を読む

何を信用していいのか、わからない

プロローグ コーヒー屋はお山の大将である。これが僕のひとつの持論なのですが、何でそんなことを唐突に

記事を読む

ブレンドコーヒーとストレートコーヒー 何がどう違うの?

野球のピッチャーの球種で例えると、ブレンドコーヒーは変化球、ストレートコーヒーはまさしく直球ストレー

記事を読む

なぜブルーマウンテンを置いてないのですか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島 規之です 先日 「コーヒー豆専門店なのにブルーマウン

記事を読む

コーヒーのブレンドとは、チームワークです

プロローグ コーヒーブレンドとストレート、違いは何か?ストレートとはブラックで飲む事もそう呼ばれま

記事を読む

手提げバッグ

 最近 忙しいのは忙しいのですが 忙しいだけが理由でなく 日記が書けてない毎日なのですが 

記事を読む

コーヒーシロップ

 今年も作りました 今年のできはかなりよいです コーヒーの持つ甘みがよくでています だから

記事を読む

人は結局 迷いながら生きている

くどいですが今月の15日 1ヶ月ぶりに休日を とれるとあって 目の前にゴールが見えると 疲労感と

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
なぜお店ではミルクは生クリームを使うのか

関西ではコーヒーにつけるミルクをフレッシュ、と呼んでいます。 もしかし

古材を使った店づくり その良いところ

古材問屋の明木さんとの出会いは、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているカ

島規之 登壇します!5/14(火)エクスマセミナーにて!

はい。 とうとうやってまいりました。 といっても今回はコーヒーのお話を

中焙煎と深焙煎のドリップでの膨らみ方はちょっと違う

昨日はお休み。 娘と公園で遊んできました。   公園の花壇を

成功は失敗のもと

ブログのリニューアルを進めています。 このブログもSSL化いわゆるht

→もっと見る

PAGE TOP ↑