*

どんどん上がるコーヒー豆 どうする島珈琲?

プロローグ

今日はどんどん上がるコーヒー豆の価格について、今後僕はどう考えているのか。
どうしたら、お客様に喜んでもらえるのか?の考えを記事にしたいと思います。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

今日は午前中、雨でヒマだなぁ~と余裕かまして仕事して、ブログを書く時間もたっぷりあったのに、フェイスブックとかツイッターとかじっくり見ていたら、天気が少し良くなったと同時にバタバタしだして、夕方に焦って書いている僕です あははって関係ないですね。

 

どんどん上がるコーヒーの価格

あんまりお客様を不安にさせたくないので、書きたくないことの一つですが、「値上げしないの?大丈夫?」と聞かれるので記事にしようと思いました。ご心配して頂きありがとうございます、島はとっても嬉しいです。

さて円安、それからコーヒーの不作、そして今年は裏作にあたる年なのでかなり動向が気になる所です。加えて発展途上国でのコーヒーの需要の増加。ますますコーヒーは世界で飲まれるようになってきています。

 

そして世界的なスペシャルティコーヒー(似たような意味合いでマイクロロットとも最近呼ばれている)のブームがあり原材料であるコーヒー生豆の値上がりは、右肩あがりです。
ちなみにスペシャルティコーヒーとは、高品質コーヒーで更にかみ砕いたいい方をすると、上等なコーヒーというところでしょうか。

IMG_4997

 

10年前の仕入れの価格表を見ると、この10年の値の上がり方にびっくりしています。

 

で、値上げはするのか?というと、この先ある時点では考えないといけないかなぁと思ってはいますが、今のところは現状のままでいきます。
ある程度予測していたので、包材や(コーヒー豆(粉)を入れて持って帰ってもらう袋など)その他もろもろのコストダウンを先行してやっておきました。ですから、とりあえず今のところは大丈夫です。

 

今後はどうするのか

クオリティを下げないで価格を上げるのか?
クオリティを下げて、価格を維持するのか?

お客様的には クオリティを下げずに価格も維持する ところで落ち着いてもらいたいはずです。笑
僕もできれば同じように思っています。

 

コーヒーは嗜好品、高級品ともとられることがありますが、美味しいコーヒーを家で日常的に飲まれる方のコーヒー豆は日常品なので、日常で楽しめる価格を維持したい、そう考えています。

 

ジワリじわりと動く相場。常用と供給のバランス。円安。いろいろ不安材料はありますが、とにかく努力しますね!

 

エピローグ

コーヒー豆だけに関わらず、ほんとにいろいろなものが値上がりしています。
コーヒー豆を安売りすることは島珈琲では決してありませんが、お客様が島さんのコーヒー美味しいねって沢山言ってもらえて、沢山飲んでもらえるように、現状のままで営業できるように、引き続き努力したいと思います。

 

いつもありがとうございます

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ハワイ島で過ごしたコーヒー農園を思ふ

時に香りと一緒に記憶を呼び起こすことってありますよね。 あ、この香り あの時の香りだ、記憶の一部分

記事を読む

ペーパーは濡らす派、濡らさない派、あなたはどっち?

プロローグ 先日こんなツィートをしたところ反応がよかったんですね。   ペーパー

記事を読む

焙煎機のメンテナンス週間です

先週は岡町本店の焙煎機、今週は高槻店の焙煎機、それぞれメンテナンスをしております。   定

記事を読む

コーヒーの香りを引き出す技術とは!?

プロローグ 昨日 午前中は歯医者で痛い思いをし(笑)、その後 娘と公園で遊びました。公園には花がい

記事を読む

コーヒーの粉は密閉容器に入れてても冷凍保存

島珈琲では(姉妹店cafeBeを除く)、この10月からクレジットカード決済を始めました。 実は僕、自

記事を読む

次世代の作り方でミルクコーヒーを淹れてみた

プロローグ フレンチプレスを眺めていて、ふと思った。 これお湯の代わりに温めたミルクを入れて、同

記事を読む

むとうVSかとう 人気対決はどっち

先日、初めて熱中症になる手前までの状態を体験しました。 自称 夏男で、寒い冬と暑い夏なら、暑い夏の方

記事を読む

ブレンドはどんなイメージを持って合わせているのか

コーヒーのブレンドを説明するときに、よく用いるのがこの例え。   例えばブラジ

記事を読む

コーヒーが瞬く間に世界に広がっていったワケ

プロローグ コーヒーが瞬く間に世界に広がっていた理由とは。 1600年くらいからの大航海時代。コ

記事を読む

ミルクに合うコーヒーの作り方

プロローグ ミルクに合うコーヒー。 コーヒーを軸にしてミルクを入れるのか、ミルクを軸にしてコーヒ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
産地の様子から

先日のブログで、コーヒーの花の一斉開花は、葉の上に雪が乗ったような光景

中煎りのコーヒー豆での、アイスコーヒーも美味しいで

今日の高槻は3月にしてはかなり暖かい気候となっています。 今朝は6時半

ブラジルはナチュラルです

今朝の賄いコーヒーは、中焙煎ブラジルでスタート。 高槻店に居る時は、ほ

金属系フィルターは粗挽きの方が良いの?

コーヒーミル(グラインダー)にも、細挽きに強いタイプ、粗挽きに強いタイ

中煎り・深煎り、それぞれの魅力とは

島珈琲では、中焙煎(中煎り)と深焙煎(深煎り)と大きく2つの味わいに分

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑