*

同じ量の袋なら、深煎りより中煎りの方がちょっと小さいのはなぜ?

公開日: : coffee

焦っています。笑
いつもならブログはお昼過ぎに完成させています。

 

特に土曜日はテイクアウトドリンクコーヒーのオーダーも多くなるので、事務的な仕事も含めてささっと終わらせて、フリーの状態にしてお客さんをウエイティングしているのですが、本日は娘の運動会があってカミさんはお昼前から出勤。

 

その他、いろいろなことがありブログになかなか手を付けられず、16時前になってやっとスタート。
ささっと書いていきます。

 

この時間から豆販売の方が動きますのでね。
ブログを書き終えないと、なんか落ち着かない僕です。

 

今回は中煎り=中焙煎と深煎り=深焙煎、同じ量の袋なのに、中煎りの方が小さく見えるのはなぜなのか、ついてです。

 

 

中煎りよりも長く熱に当たる深煎りのコーヒー豆

 

コーヒー生豆は約13%を上限に、水分が含まれています。
精製によっては9%のものもありますが、だいたい10数%の水分を含んでおります。

 

なぜ約13%が上限かと言うと、水分が多すぎると保存中にカビが出たり、輸送中などで豆が割れやすくなるからです。
逆に水分が抜けすぎると味わいがすっぽ抜けた感じになりますので、9~13%ぐらいの含水量が適量とされ、それにそって産地で乾燥されています。

 

この水分は焙煎によって抜けていきます。
抜けるというか蒸発するというか、水分が蒸発するとともに化学変化を起して、あの美しい味わいと香りになるのです。

 

焙煎とは熱を加えてコーヒー生豆を化学変化させるのですが、熱をあてる時間で味わいも変わります。
これが焙煎度合いとなるのですが中煎りと深煎り、中煎りの方が熱にあたる時間は深煎りよりも短く、そのぶんコーヒー豆の色も深煎りよりも淡く、コーヒー豆の中に残る水分も深煎りよりも多いのです。

 

つまりコーヒー豆の1粒は同じ条件で焙煎した時、中煎りの方が重たいことになります。

 

中煎りの方が1粒は重い

 

ということは、コーヒー焙煎豆1gは平均6粒くらいですが、同じ6粒でも微妙に中煎りの方が重たく、これが200gならコーヒー豆1200粒となりますが、たぶん中煎りが1200粒と深煎りの1200粒なら、同じ200gとはならず、中煎りの方が重たいので200gをちょっとオーバーすることになるでしょう。

 

更には豆の膨らみは深煎りほど大きくなるので、同じ産地の同じ農園の豆でも中煎りよりも深煎りの方が豆の大きくなります。
熱の力で膨らむのですね。

 

まとめます。
中煎りのコーヒー焙煎豆は1粒1粒が小さく、そして1粒の重さ深煎りよりも重い。
深煎りのコーヒー焙煎豆は1粒1粒は中煎りのものよりも大きく、更には水分も少なくなって軽い。

 

中煎りのコーヒー焙煎豆が集まれば、豆は小さくて重いので同じ重量でも袋は深煎りよりも小さくなる、ということなんです。

 

なんとなく伝わったでしょうか?

 

中煎りと深煎りの同じ量のコーヒー豆を購入した時、微妙に大きさに差があるので、よかったら確認してみてください。
けっしてズルはしてませんからね。笑
同じ分量で小さかったら、?ってなりますもんね。

 

今回は焙煎度合いで生じる、見た目の違いのお話でした。
それでは、引き続き頑張ります。
ブログ出来上がってほっとしました。笑

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

中煎りと深煎りのコーヒーの粉の膨らみ方の違いはなんでなん?

次のお休みは、高槻店の雨漏り補修工事前の確認作業。 高槻店の雨樋や、地震が原因で倉庫の屋根とビルの間

記事を読む

コーヒーをドリップするのに時間はどれくらいがよいのかな

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんのTANPAN COFFEEは昨日締め切られ3日間で沢山のオ

記事を読む

どっち?コーヒーシロップの抽出はエスプレッソ?orドリップ?

次の月曜日にワクチンの集団接種会場にて、接種する予定です。 接種したお客さんにどうでしたか?と聞き込

記事を読む

この道具を選ぶわけ ひとつひとつに意味がある

明日14日から15日の2日間 加賀温泉 山代温泉 宝生亭という旅館で おこなわれる合宿セミナーに参加

記事を読む

甘みのあるコーヒー豆をください

最近、このブログのタイトルにあるように言われ、コーヒー豆をお買い求めに来られる方が多くなりました。

記事を読む

豆の大きさによって味わいの違いはあるのか?

大きいと小さい。 この言葉で何を想像しましたか?   僕はそうですね、体型だとか身体の

記事を読む

ニューヨークのカフェ事情から見る流れ

まるで、さも自分が行ってきて見てきたようなタイトルですが、僕は行っておりません。(笑) &nb

記事を読む

コーヒーを取り巻く環境はどんどん良くなっている

昔は、昔は、なんて口癖になってしまいそうなくらい、最近ブログでよく利用している言葉なってしまってます

記事を読む

お好みのコーヒーの味わいは?

昨日はお休みで、おじいちゃんおばあちゃんの家に行き過ごしました。 お昼、時間ができたので、僕一人で近

記事を読む

初めて購入するミルは、電動?それとも手回し?どっちがいい?

さて、今回はお客さんから頂きましたご質問にお答えする、ブログ内容です。 先日、お客さんからミルを購入

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
必要のないものは必要ないと言える人

最近、僕の楽しみの一つはバイクです。 通勤の家からお店までの10分くら

今回のブラジルはブラジルらしい味わいです

実は時代劇が大好きなんです。 最近、ハマっているのがYouTubeの東

この先の流通に考えること

僕の仕事用の車は、軽自動車の貨物で三菱のミニキャブという車種です。 中

岡町本店では、豊中市プレミアム付商品券が使えます!

さて、日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中市にある岡町本店へ来て先ほ

再販します!コーヒーシロップ無糖が入荷しました!

12月に製造したのは初めてです。 コーヒーシロップ無糖が先ほど、加工工

→もっと見る

PAGE TOP ↑