*

ドリップで薄味と濃味を作るちょっとしたコツ

プロローグ

3歳の娘がなぜかよくわかりませんが、ニトリが大好きでしょちゅう近所のニトリに連れて行け、といいます。
昨日の僕のお休みなんかは、朝に1回、夕方に1回、1日に計2回も行くことになり、少量の買い物をし、他の多くの時間は娘のウインドショッピングのお付き合いになります。

 

ニトリだけじゃもの足りないらしく、周りの家電量販店やホームセンターにも連れて行けと、やれやれ、とも思うのですが普段あまり買い物に行かない僕なので売り場が新鮮で、昨日もコーヒーメーカーコーナーをしっかりと見てきました。

 

面白いですね。
そこでこれを発見しました。

 

IMG_1214

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

高性能のコーヒーメーカーが増えてきた

タイガーのコーヒーメーカーで、マイコン制御で3つの味が楽しめるというものです。
うすい、こい、ふつう、ボタンを押すとこの3つの味わいを淹れることができるそうです。

 

しかも、タイガーは魔法瓶のメーカーなので当然受けポットはステンレス魔法瓶。
下がヒーターになっているのではないので煮詰まりがなく、温かい間は煮詰まることなく美味しく飲める優れものです。

 

この3つの味わいはどうやって出来るのか。
たぶんメーカーは、同じコーヒーの粉をセットした上で、うすい、こい、ふつう の味わいを選ぶ事ができるのだと思います。

 

ということは、たぶんこういうことです。

 

ハンドドリップでも一緒なんです

濃い味をつくる方法はお湯をゆっくりと注ぐこと。
ドリップは何回かにわけて注ぎますが、そのお湯を注ぐタイミング、ドリッパーにセットした粉がお湯を注ぐことで持ち上がります。
次にお湯を注ぐ時がどのタイミングかというと、完全に落ちきる手前まで注ぐのを我慢してください。

IMG_1234

 

 

落ちる手前で、お湯を注ぎます。
それを繰り返すと時間をかけてコーヒーを抽出する事になり、濃い味わいのコーヒーができます。

 

逆に薄いコーヒーを作りたい場合は、この動作の真逆でとにかくアップテンポでお湯を注いでいきます。

 

そして普通の味(っていうのもなんか変ですが)はこの中間くらいのスピードでドリップすると良い、となります。

お湯を注ぐスピード、遅い=濃い味、早い=薄味、このなるとイメージしてもらうと良いです。

 

エピローグ

たぶんこのコーヒーメーカーは、そんな機能がマイコンで制御されてるのかと思います。

 

冬から春、冬は普通に感じていた味覚が、春は同じものでも濃く感じることがあります。
人は季節によって味覚の変化がありますので、粉などいつも通りにセットして、お湯を注ぐスピードに気をつけて春にあう味わいを探すのも楽しいですね。

 

よろしけばどうぞ。

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

味の変化

高槻店の焙煎機を使い始めて10ヶ月あまりが経ちました僕の焙煎機のシリンダーは従来の鉄製でなくステンレ

記事を読む

ドリップのあとはこうなる

なぜか、このタイトルを考え、書いたあとから、アン・ルイスのつわものどもの夢のあとだね、というあの歌が

記事を読む

コーヒーシロップの仕込みだ!

 どちらかというと 夏の方がメインと言えるこの商品 島珈琲オリジナル コーヒーシロップ 夏

記事を読む

焙煎機のメンテンナス、完了しました!繁忙期に向かって進め進め! 

昨日はお休みでしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボするcafeBeで、月イチのミーティング。 そ

記事を読む

ゴリゴリを考える

コーヒー屋 焙煎屋なので当然 コーヒーのグラインダーにはこだわってますコーヒーの味において焙煎も大事

記事を読む

ハンドドリップでグルグル回しながら淹れるのはなぜか?

プロローグ ペーパードリップなど、ハンドドリップしてコーヒーを淹れる時「の」の字を書くようにお湯を

記事を読む

美味しいの差は何?なぜコーヒー屋によって味わいが違うのか

プロローグ 大手コーヒーメーカーも含めて、同じモカなのに、同じブラジルなのに、同じコーヒーなのに、

記事を読む

コーヒーメーカーでペーパーを変えて味比べしてみた

毎週金曜日はカミさんはお休みで、ワンオペです。 ワンオペはきっとワンオペレーションの略でしょうね、知

記事を読む

コーヒー術とコーヒー道

タイトルとサムネイルの写真が全く連想させないものとなっておりますが、今日は高槻店の2軒となりの焼き鳥

記事を読む

中焙煎=マイルドのアイスコーヒーも美味しいよ!

ついこの間まで寒い寒いと言ってたここ高槻では、3月に入って今日なんか5月の気候じゃないのん?と思わせ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
テクニックの前にまず保管とか保存が重要なんです

本日、火曜日はYouTube自家焙煎島珈琲chの動画を撮る日です。 火

コミュニケーションの成功の鍵

本日、9月26日月曜日は、岡町本店・高槻店共に定休日で僕自身のお休みで

コーヒー豆のお店を20年やってきて

2002年に岡町本店オープン、2009年にCafeBeでのお仕事を頂き

焙煎機 この2台を一生使いたい

昨日のお昼に、YouTube自家焙煎島珈琲chの動画をアップロードしま

ミルの手入れについて

ここのところ台風の影響なのかどうか、定かではありませんが、低気圧のせい

→もっと見る

PAGE TOP ↑