*

コーヒーとスィーツのマッチングとは?

公開日: : coffee, 感謝!!

プロローグ

今日は1月17日 阪神淡路大震災から20年の月日が経ちました 当時僕は西宮の中国料理店で働いていました 震災後はガス・電気・水が止まり 空気のように思っていた存在も空気のような存在ではないことを見せつけられました

 

般若心経の教えで(僕は信者ではありませんが)「足るを知る」というのがあります 今自分の周りを見渡せばいっぱい足りていることあるはず お金がない 肩書きがない 欲しいモノが手元にない ないないない・・・ではなく 道にはキレイな花があるじゃないか 僕には優しい家族があるじゃないか 友達があるじゃないか その「ある」こと つまり足りていることを見つめれば 人の心はちょっと豊かになるはずです

 

小さな事に感謝し 小さな幸せを確認し 「案外自分って足りてるやん」と思えば幸せな人生を歩めるのではないか 毎年この日が来て 地震を振り返るたびにそんなことを思っています

 

スィーツにあうコーヒーの選び方を考えた

時々お客様から質問を受けます このケーキにはどのコーヒーがあいますか?と

コーヒー屋さんから言えばどいつもかわいいヤツなので ブラジルでもコロンビアでもどれでも好きなの選んでちょーだい!でも それを言っちゃおしめーよ なので なんとなくこうかなぁ と僕なりの意見をここにまとめたいと思います

 

そもそも僕は酒飲みですので 甘いものをそれほど口にしないのですが 「それではいけない!」とここ10年修行をしました 笑

FullSizeRender

ざっくりと分けてみたところ

この国のなんとか農園とピンポイントの分け方をするとややこしいし(というかお店ごとに味が違うので) そうすると参考にならないと思うので ざっくりと分けます

 

コース料理などで最後に出てくるコーヒー 食べた料理が濃い目の味付けで デザートがついてない場合
あっさりとした浅焙煎 もしくは中焙煎の苦味よりもさわやかなタイプのコーヒーの方が良いように思います
濃い味付けの料理ですと 口の中がさっぱりするので

 

このコース料理にデザートがついている場合は 深焙煎のしっかりした味わいの方が良いと思います
コーヒーがデザートの味に負けてしまうと なんとなくバランスが悪くなると思います

 

3時などスィーツの場合
和菓子などあっさりしたものの場合は 絶対 中焙煎のあっさりしたコーヒーが合う!と断言したいです
深焙煎の苦味のある濃いコーヒーだと 和菓子の良いところがコーヒーで隠れてしまうのではないか そう思います

 

生クリームのしっかりしたケーキの場合
間違いなく深焙煎のしっかりした味わいのコーヒーが合いますね
コーヒーにクリームを入れる方はむしろ入れないで ケーキの生クリームとコーヒーを楽しむという感覚でいいかもしれません

 

コーヒーに砂糖をいれる フレッシュをいれる など味わいの条件が変われば また上に書いたことも変わってくるのですが 僕の思う相性というのはこんな感じです

 

エピローグ

うーん 参考になったかなぁ・・・
濃い味の食べ物には 濃い目のコーヒー 薄味の食べ物には マイルドタイプのコーヒーが合うように思います
選べるお店 そうでないお店があると思いますが ちょっと参考にしてもらえば コーヒーライフはもう少し楽しくなると思います!

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

なぜ僕が「ありがとうございました」と言わないのか

今日は2歳の娘の保育園デビューの日です 笑 周りに子供が少ないので 子供同士の交わりが 少なく 

記事を読む

no image

情熱の薫りを求めて

 情熱の薫りを求めて     島珈琲 島 規之 島珈琲のコーヒーで、こころがほどけ、リラッ

記事を読む

no image

 例の鹿児島の件である そのオファーを頂いた店長にお電話させてもらった とにかく明るい 声

記事を読む

絵心

 ないなぁ~ と 昔から思っていました 学生のころ 美術の時間が大嫌いだった 人生とは後悔

記事を読む

明日はルンルンなのです♪

 ブログのアクセス数は タイトルのインパクトによって全然違う と思うので いつもタイトルで

記事を読む

スーパー感謝!!

 施設にボランティアに来てくださってる Mさんに看板を作ってもらいました! どーですか! 

記事を読む

エビのロブスターではなく、コーヒーのロブスタのお話

プロローグ 先日、家族三人でお出かけしまして、ショッピングモールでお買い物。娘が歩き回るのに疲れベ

記事を読む

中焙煎の酸味のあるコーヒーは五月病の予防ができる?

コーヒーは身体に良いのか、というと良いです。   ただ、インスタントコーヒーや

記事を読む

ドリッパーの違いで何が変わる?

さて今回は ドリッパーの違いで味がどう変わるのかを記事にしたいと思います こんにちは 焙煎アーティ

記事を読む

南米!コロンビアコーヒーの魅力にせまる

コロンビアといえば何を思いだしますか?   コーヒーも有名ですが、僕は麻薬の存

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ブログとビオフェルミン

お客さんとビオフェルミンの話で盛り上がったのです。 昨日、日曜日は日曜

どうして島珈琲という屋号にしたか

ここ2,3日、娘が僕の布団を奪います。 実際には、奪われそうになる、で

やっぱり「おもい」が大切

ふと焙煎をしながら「思い」って大事だよなぁって頭に浮かび、そして考えた

過ぎたるは猶及ばざるが如し なのであります

今年の夏はまだ終わってませんが、暑かったですよねーと、お店でお客さんと

9月は閑散期 なので考える

お商売では昔から「にっぱち」と呼ばれる言葉がありまして、2月と8月は閑

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑