*

きめ細やかさだよ 人生は

プロローグ

今朝のツイッターにこんなことを書きました 「生き残る生物は強い生物ではなく 環境の変化に適応した生物だ」と
これはダーウィンの進化論に書かれている文で スピード化した現代社会に言えることでもあり はげしく共感しました

 

変わらないこと と 変えること 柔軟な姿勢でそしてきめ細やかに そんな風に人生を歩いて行けたらなぁなんて思っています こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

カプチーノのミルクのきめ細やかさはどう作られるか?

カプチーノ 濃いエスプレッソのコーヒーに 泡立てた温かいミルクを合わせた飲み物
カップを口に近づけた時 甘いミルクとコーヒーの香りがスゥーっと入ってきて なんだか幸せな気分になりますね 軽くお腹がすいている時はカプチーノを飲むとほんのり空腹感が満たされますね

 

さて カプチーノの「決め手」と言えば泡立てたミルク

この泡を作るのはこんな感じです ということを簡単に説明しますね

 

業務用マシンでの話で ですが スチーム・蒸気の力を使ってミルクを約30秒ほどで素早く温めます
その時ミルクに空気を入れ込み 空気が入ってできたミルクの中の気泡を作ります
これが出来上がったとき カップの表面にある泡の部分となります
FullSizeRender

この泡を作るのが実はむずかしい

作業風景を見ればミルクピッチャーにスチームノズルを突っ込んでいるだけのように見えますが なかなか難易度が高いんです
30秒の間に空気を入れて 気泡を作り温める その30秒間が慣れるまで「あっ」ちゅうまなんですね

 

で 気泡を作ったとき その気泡は大きく荒いのです ですからそれを更にきめ細やかにするためのあることをします
それは泡同士をぶつけ合い 泡を細かくしていく作業です スチームの勢いを借りて器(ミルクピッチャー)の中で流れを作ります これがただぐるぐる回っているだけなら泡は細かくなりません
泡を細かくするために 気泡同士がぶつかる流れを作らないと泡は細かくなりません

 

そこがポイントなんですね

IMG_3924

写真で見て頂くと スプーンで持っても粘度があって 泡の舌触りはあたかも温かい生クリームのような感じです
カップの中の泡の量 スチームミルクの泡のきめ細やかさ エスプレッソの味わい
カプチーノの中にはいろんな物語があるんですね

 

これを読んで次の機会にどちらかでカプチーノをお飲みになる場合は 是非 ミルクの泡の舌触りを意識して飲んでみてくださいね 楽しさが広がりますよ

但し 泡のきめ細やかさはマシンのレベルとかオペレーター(作る人)の技術とかもありますので すべてが同じではないです!
IMG_4209

エピローグ

味覚は記憶で形成されています ちょっと意識するとその飲み物や食べ物が ぐぐぐ っと楽しくなったり とらえる角度が違ってきたりして新しい発見があると思います
1杯のカプチーノにある物語 楽しんでくださいね

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

あなたの名脇役を目指して

幼い時から戦国時代の話が好きで、時代小説の文庫本をよく買っていました。 織田信長や明智光秀、毛利元就

記事を読む

コーヒー器具は銅製が良いの?

次の休みはもう3月になるんだなぁなんて思ったり。 次の休みはこの週末が終わった月曜日。  

記事を読む

ブレンドは輸入前にもされているの?

今年5月1日に島珈琲株式会社を設立。 いろいろある契約、個人から法人への変更手続きがほぼほぼ完了し

記事を読む

コクのあるコーヒーを選ぶにはどうしたらよいですか?

昨晩は友達と忘年会でした。 楽しい時間を過ごし、楽しいとうっかり飲み過ぎてしまう僕、ついつい遅い時

記事を読む

深煎りのコーヒー豆の粒は、中煎りのそれより大きいのはなぜ

焙煎度合いによって、コーヒー豆の粒の大きさは変わります。 同じ条件で、同じ銘柄を中煎り=中焙煎と深煎

記事を読む

僕が毎朝つぶやいている言葉

僕がツイッターを島珈琲に役立てよう、と本気で思ったのは、2014年7月14日から15日にかけて開催さ

記事を読む

アイスコーヒーはなぜ深煎りのコーヒー豆なのか?

プロローグ 先日、こんなツィートをしました、僕の中では皆さんからとっても反応があったツィートです。

記事を読む

2月の季節のブレンドはマンデリンをベースに

昨日は岡町本店・高槻店共に定休日で、僕のお休みでした。 ちょっと郵便局に用事があったので、バイクに乗

記事を読む

なぜ?カフェや喫茶店のお冷や(お水)が出てくるのか

プロローグ 昨晩は娘の4歳の誕生日パーティでした。   娘のリクエストを奥様

記事を読む

今、25年前のコーヒーの本が教えてくれること

日曜日は高槻店は定休日。   高槻店はJR高槻駅前なので割と人通りも多く、日曜

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

一時的に高槻店に設置しました

本日、そして明日と発送が沢山となっております。 島珈琲ではホームページ

新価格は5月23日月曜日からスタートします

岡町本店に設置するために新しく購入したコーヒーグラインダー、コーヒーミ

若さとは

月曜日は定番の毎朝のツィート「よし、ゆこう」シリーズからテーマを取りエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑