*

コーヒー豆はバリボリ食べられるのか?

僕は昔、ボクシングを少しかじっていまして、その期間は短いものでしたが、スパーリングなどもしてました。

 

練習の中では、左ジャブが大事と教えてもらい、毎日毎日、左ジャブ、ワンツーのシャドーボクシングに取り組んでいました。

 

スパーリングの実践でも左ジャブはきわめて有効でした、やっぱり何事も基礎は大事だなぁとボクシング中継を見たりすると、自分の過去を少し覗いたりしています。

 

ボクシングには減量がつきもので、ジムに通っているときも4回戦のプロ選手が間近で減量に耐えている姿を見た時は、その凄さにつばを飲んだことを今でも記憶しています。

 

今日、口にしたのはキャラメル3個と。

 

自ら進んで飲まない、食べない、この飽食の時代にすごいスポーツだ、と心の中で感心と驚きが交錯したこと未だ頭の片隅に残っています。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

コーヒー豆は食用として使えるのか?

 

お腹が空いたなぁなぁと思えば、コンビニがあり、年中無休のスーパーがあったり、ほんとうに便利になりましたね。

 

ハワイ島のコーヒー農園で農業というお仕事に短い時間でしたが従事したときに、農業の凄さを身をもって知り、僕たちの便利な毎日はこうした自然条件の中で、人間がほとんどコントロール出来ない状況の中、栽培して作られていくもんなんだなぁ、と思ったりしてました。

 

便利は不便の上に作られているんだなぁと。

 

さてそのコーヒー豆ですが飲用だけではなく、食用とし使えるのか。
コーヒー豆を食べたことありますか?

 

めっちゃ美味しいとは言えませんが、とりあえず食べられますよね。
お酒のつまみにちょっと食べるー、と言う方も時々おられます。

 

コーヒー豆の破片がノドに引っかかるので、僕はほとんど食べることはありませんし、食べることは正直あまりオススメはしてません。

 

ただ、こういう使い方はあるんですよ。
ペッパーミル、コショウを挽くゴリゴリですよね、これにコーヒー豆を入れてゴリゴリするのですが、この挽かれた粉をアイスクリームにかけるとどうでしょう。

 

うっすらとコーヒーの香りがして、アクセントにいいですよね。

 

アイスクリーム関わらず、コーヒーの香りとマッチするものなら大丈夫ですね。
バリボリ食べるというより、粉末にして香りを付けるためのもの、そんな感じで食べられている感じです。

 

コーヒー生豆はどうか

 

時々、コーヒー生豆、焙煎する前の豆ですね、食べたらどうなるの?と聞かれますが、基本食べられませんとお伝えします。

 

というのもすごく硬いのです。
歯で噛もうことならすんごい力がいるはずです、やったことないけど。

 

一説では、コーヒーが瞬く間に世界に輸出されるようになったのは、船で運んでいるときにネズミにかじられることがなかったからとも聞いています。

 

あのネズミでさえかじることができないほどの硬さ、なんですね。

 

ということで、基本は生豆も焙煎豆も食用には向いていませんが、この後、新しいことが起こるかもしれませんね。
斬新なアイディアを用いて、料理に使われるシェフも出てこないとは言えませんからね。

 

家庭では、上に書いた様にペッパーミル(コーヒー専用で使ってくださいね)やお手持ちのミルがありましたら細かく挽いて、アイスクリームやデザートのソースにパラパラッとかけて頂くのが、食用としての使い道ではないかと思ってます。

 

以上、コーヒー豆はバリボリ食べられるのか?のお話でした。

 

あしたはどっちだぁ
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

エスプレッソ

エスプレッソマシンを使い出して 4年くらいになりますが やっとなんとなくわかってきました ドリップで

記事を読む

ご存じでしたか?コーヒー豆にも旬があることを

プロローグ コーヒー豆にも旬があると「えっそうなんだ?」と思われる方も多いかと。 そうなんです、

記事を読む

好きな豆を選べない方へのアドバイス

プロローグ コーヒー豆って、どうやって好みを見つければいいか、わかりにくいですよね。 聞きやすい

記事を読む

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないのですが、コーヒーのなんらかの説明

記事を読む

喫茶店やカフェのお水って何のため?

昨日は高槻ジャズストリート、ジャズの祭典ですね、の1日目。 案の定、おかげ様でお店は忙しくさせても

記事を読む

どどどーん

 と コーヒーシロップ&カフェラテ小町のご注文を頂いております ほんとにありがたい

記事を読む

【保存版】プロおすすめの「コーヒー豆(粉)の保存方法」

【保存版】プロおすすめの「コーヒー豆(粉)の保存方法」を丁寧に記事にしました! コーヒー豆の保存方

記事を読む

ジャストミート!

 コーヒー屋なので たまにはコーヒーの話を 島珈琲では 扱っているコーヒーはだいたい決まっ

記事を読む

お店における、ブレンドの立場とはなんでしょうか?

エピローグ コーヒーのブレンドとはそもそも何なのか? 例えばブラジルだけでは甘みが足りない、その

記事を読む

コスタリカという美味しいコーヒーの国のお話

今晩、18時30分頃からテレビの取材があるんです。 手をピックアップして、いろんな人を紹介している

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
「香り」アップしました

コーヒーはなんといっても「香り」のものですよね。 実は僕、開業す

お店に立つ上でとっても大切なこと

      日

旬のコーヒーをどう選びブレンドする?月替わりの季節のブレンド

人と人に相性があるように、またコーヒーにも相性があります。 &n

通販のご注文に感謝

最近、娘が「どうしてママと結婚しようと思ったの?」と食卓を囲んでいると

億劫になる前に

最近、糸井重里さんのほぼ日刊糸井新聞の今日のダーリンを読んでいます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑