*

チャーハンに例えて考える

チャーハンが好きです。
ご飯を具と炒めて作る、チャーハン。

 

なんだかんだ悩んでも、中華料理店に行けば最後はチャーハン。
家でも、時々本気になって作ります。

 

それくらい好きなので、コーヒーの会話に例え話をよく用いております。
まぁ、チャーハンの存在は、誰しも知っているものですので、伝わりやすいというのもありますね。

 

皆さんは、今までどこで食べたチャーハンがお好みでしたか?
僕は高槻にある「中華はなさく」さんのチャーハンが大好きです。

 

島珈琲と同じ、月曜日が定休日なのでしばらく行けていないのですが、行きたくなってきた!笑
(写真のチャーハンは無料素材サイトから頂戴したものです)

 

 

コーヒーをチャーハンに例える

 

チャーハンってすごくシンプルな料理ですが、どこのお店も同じなようで、味は同じでないですよね。
もちろん中に入る具も違ったりしますが、風味が少し違ったり、家庭では真似できない深い味わいだったり。

 

似て非なるもの、ですよね。
お店によって違いますよね。

 

コーヒーもそうなんです。
焙煎はいわゆる調理です。

 

コーヒー生豆を熱で焙り、味わいを引き出します。
それをする機械、その使い手、そして選ぶ素材、などによって同じような味わいでも、これもまた似て非なるもの、になるわけです。

 

例えば僕の場合、深煎りのコーヒーでは、苦みがあるのがあまり好みではありません。
ですので、深煎りのコーヒーは苦み控えめになるように焙煎します。

 

味つくりもそう、一杯で満足するコーヒーではなく、日に何度でも欲しくなるややライトな味わいを好みますので、全体的にやや軽めの味わいになるように焙煎してます。

 

料理は作り手の好みが反映する

 

この言葉、お料理している方には、伝わってますよね。
成長してきた中で、自然にできた自分の中の「美味しい」の基準が、誰にでもあると思うのです。

もちろん、僕たち味のプロは訓練して美味しい基準を上げていますが、一般的には育った環境の中で味覚が育てられていますよね。

 

それが味付けに左右し、味つくりに響くということですよね。

ですので、チャーハンがお店によって違うように、またコーヒーも作りによって違う、お店によって違う、ということになります。

 

手前味噌ですが、どうして島珈琲さんのコーヒーは美味しいのですか?と聞かれた時、そのようにチャーハンを用いて説明しております。
そして、愛情の量だと。
毎朝、しっかり愛情注入して焙煎しているから、美味しいのです。笑

 

ということで、チャーハンに例えて考えるコーヒーのお話でした。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

焙煎による違いって何?焙煎でどんな味を作っているのか

プロローグ コーヒーの味わいはまず原料によって違います。ブラジル・コロンビア・グァテマラ・・・。国

記事を読む

コーヒー豆が硬いってどういうこと?

昨日12月29日は1人営業で、そこまで忙しくならないだろうという僕の予想を遙かに超えた御来店があり、

記事を読む

ストライクゾーンにストライクを投げるために毎日練習する

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   今朝のツィートはこんなの

記事を読む

コーヒー豆を粉にする時、コーヒーメーカー用の挽き方があるの?

プロローグ たぶん秋頃になると思います。 出版する、僕のコーヒー本がの原稿が佳境に入りました。

記事を読む

大小どっち!コーヒー豆の大きさは味を左右するのか

プロローグ 先日、娘に自転車をプレゼントしました。 娘は乗り物が大好きで、案の定 自転車も気に入

記事を読む

そしてコーヒーの苦味と酸味を考えた

昨晩、お風呂に入っていて水って透明なのに、なんで集まると青色に見えるんだろ? なんてことを思ってい

記事を読む

そもそも深煎りとか中煎りとか、なんなのか?

プロローグ 僕たち職人が当たり前に使ってしまう言葉ほど、案外お客さまには理解されていないと思います

記事を読む

コーヒーの豆袋に通気口が付いているのはなぜですか?

昨晩、帰宅すると娘がダダダーッと走ってきて、父ちゃんこれ!と言ってチャンピオンベルトを誇らしく掲げる

記事を読む

続 ナイス!島珈琲!

 ということで 続編です 続編の今日は ナイス!島珈琲!の一員である メリタ社コーヒーメー

記事を読む

知らなかった コーヒー豆にもグレードがあったのか!

プロローグ コーヒー豆には各国の格付けがありまして、それがコーヒー豆の大きさだったり、採れた場所の

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エスプレッソのお湯割りも美味しいで

最近、ファミリーコンピュータクラシックに家族でハマっています。 スーパ

高槻店の喫茶コーナーは続けていきます!

昨晩、娘と一緒に2月のカレンダーを見ていて、あれこれ話をしていて、2月

コーヒーマシンの調べ

昨日、島珈琲の会計をお願いしている税理事務所の社長さんに電話を。 20

コーヒーシロップ無糖2020 ネット通販はスタートです!

昨日はお休み。 午後からは娘と公園へ行き、お友達と一緒に遊びました。

心技一体

確かこの言葉を見たのは、日本拳法で、だったお記憶してます。 日本拳法と

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑