*

チャーハンに例えて考える

チャーハンが好きです。
ご飯を具と炒めて作る、チャーハン。

 

なんだかんだ悩んでも、中華料理店に行けば最後はチャーハン。
家でも、時々本気になって作ります。

 

それくらい好きなので、コーヒーの会話に例え話をよく用いております。
まぁ、チャーハンの存在は、誰しも知っているものですので、伝わりやすいというのもありますね。

 

皆さんは、今までどこで食べたチャーハンがお好みでしたか?
僕は高槻にある「中華はなさく」さんのチャーハンが大好きです。

 

島珈琲と同じ、月曜日が定休日なのでしばらく行けていないのですが、行きたくなってきた!笑
(写真のチャーハンは無料素材サイトから頂戴したものです)

 

 

コーヒーをチャーハンに例える

 

チャーハンってすごくシンプルな料理ですが、どこのお店も同じなようで、味は同じでないですよね。
もちろん中に入る具も違ったりしますが、風味が少し違ったり、家庭では真似できない深い味わいだったり。

 

似て非なるもの、ですよね。
お店によって違いますよね。

 

コーヒーもそうなんです。
焙煎はいわゆる調理です。

 

コーヒー生豆を熱で焙り、味わいを引き出します。
それをする機械、その使い手、そして選ぶ素材、などによって同じような味わいでも、これもまた似て非なるもの、になるわけです。

 

例えば僕の場合、深煎りのコーヒーでは、苦みがあるのがあまり好みではありません。
ですので、深煎りのコーヒーは苦み控えめになるように焙煎します。

 

味つくりもそう、一杯で満足するコーヒーではなく、日に何度でも欲しくなるややライトな味わいを好みますので、全体的にやや軽めの味わいになるように焙煎してます。

 

料理は作り手の好みが反映する

 

この言葉、お料理している方には、伝わってますよね。
成長してきた中で、自然にできた自分の中の「美味しい」の基準が、誰にでもあると思うのです。

もちろん、僕たち味のプロは訓練して美味しい基準を上げていますが、一般的には育った環境の中で味覚が育てられていますよね。

 

それが味付けに左右し、味つくりに響くということですよね。

ですので、チャーハンがお店によって違うように、またコーヒーも作りによって違う、お店によって違う、ということになります。

 

手前味噌ですが、どうして島珈琲さんのコーヒーは美味しいのですか?と聞かれた時、そのようにチャーハンを用いて説明しております。
そして、愛情の量だと。
毎朝、しっかり愛情注入して焙煎しているから、美味しいのです。笑

 

ということで、チャーハンに例えて考えるコーヒーのお話でした。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

上達するための考え方

最近、寝る前にもっぱら落語を聞いています。   話し方や、その「間」などをなん

記事を読む

水が変わればコーヒーの味わいも変わる

普段はこの時期、コーヒーシロップの動きは皆無となるのですが、今年は違うようで問い合わせが何件もありま

記事を読む

コーヒーミルの使い方がわからない時、お店に持ってきて僕に聞いてください

昨日、お客さんがミルを持って来てくださりました。 ご両親が大事に使われていたそうで、見せて頂き使い方

記事を読む

コーヒーシロップ無糖 ver2020年は1月24日から販売開始です!

先日、晩御飯の後、家族でテレビを観ていたのですが、なんか急に娘が元気がなくなったのです。  

記事を読む

ドリップコーヒーをティファールで美味しくいれること考えた vol.1

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   今回はティファールでドリップコー

記事を読む

キャンプに持って行く、オススメのコーヒー豆はありますか?

家のお米が変わりました。 今までは父が、父の友達から購入したお米を、更に購入させてもらっていました。

記事を読む

フレッシュをかえてみた

僕は焼酎はロックが好きだウーロンハイも好きですが やっぱりロックだというように コーヒーもいろんな飲

記事を読む

ハンドドリップのコツを説明していて

高槻店にはエスプレッソマシンがあり、エスプレッソメニューのテイクアウトドリンクコーヒーをご提供してお

記事を読む

帰ったらすぐ冷凍庫!袋の口を閉じているだけです

日曜日は日曜日だけが営業のお店、岡町本店へ来て、店頭に立ち焙煎、営業をしております。 島珈琲は本店は

記事を読む

ドリッパーは陶器製か プラスチック製か どっちがいいの?

さて 今日はペーパードリップにおいて使われるドリッパー 紙を敷いて濾すあの道具ですね それが陶器製の

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コミュニケーションの成功の鍵

本日、9月26日月曜日は、岡町本店・高槻店共に定休日で僕自身のお休みで

コーヒー豆のお店を20年やってきて

2002年に岡町本店オープン、2009年にCafeBeでのお仕事を頂き

焙煎機 この2台を一生使いたい

昨日のお昼に、YouTube自家焙煎島珈琲chの動画をアップロードしま

ミルの手入れについて

ここのところ台風の影響なのかどうか、定かではありませんが、低気圧のせい

移り変わるミルの値段から

昨晩、この金曜日にアップロードするYouTube自家焙煎島珈琲chの動

→もっと見る

PAGE TOP ↑