*

1粒1粒不良豆を取り除いて

公開日: : coffee

本日、月曜日は僕のお休み。
高槻店は定休日で、岡町本店は日曜日だけのお店なので、月曜日は僕自身の休暇日です。

 

今日はカミさんと結婚記念日のお祝いをするのに、高槻は駅前にある、懐石フレンチ・レコパンさんへお昼を一緒に食べに行ってきます。

 

結婚するのが遅かったので、まだ8周年ですが、時にはケンカありーの、言い合いありーの、しながら仲良く時を歩いております。

 

コーヒー屋を開業した時、結婚はないだろうって覚悟してたのです。
自分を食わせていくのに精いっぱいになるはずだと、家族を養なうのはきっと無理だと。

 

でも、こうして家庭を持てたこと、楽しい生活を送らせてもらっていること、お客さんに感謝しております。
ありがとうございます。

 

では、今回はコーヒー豆の手選別について。

 

 

焙煎の後には不良豆を手で取り除いています

 

僕の場合、焙煎している間に、この手選別を行います。
コーヒー豆も農産物、不良豆が混入しています。

 

不良豆とは何かというと、発育不良、それから虫食い、未成熟など、現地でも機械や人の手で、それらの豆を取り除いてはいますが、完全には取り除けてはないのですね。

 

ですので、最後、焙煎を終わってから写真のように茶色のクラフト用紙を貼った、トレイにコーヒー豆を広げ、そしてチェックし、不良豆があれば1粒1粒手で取り除きます。

 

基本的に現地でそうして取り除いてくれたものを購入しているので、混入率は非常に少ないのですが、焙煎してみないとわからない不良豆もあるので、最終チェックを必ずしています。

 

入っているとどうなる?

 

もともと不良豆の混入率が低いものを購入しているので、1粒2粒が入っていることで、ビックリするほど味わいに影響がある、というわけではないですが、はやり影響がないわけではありませんので、取り除きます。

 

ちなみにそればっかりを集めて、そしてドリップしてみると、やはり良い味わいではありません。

 

ですが、コーヒー豆を生産する現地では売り物のコーヒーは外貨に換える手段で、良いコーヒーは口することはないと思われます。
ですから、現地ではそれらを使い、コーヒーを淹れ飲んでいるところもあるかと思うのですね。

 

美味しいコーヒーが飲めること、生産者の方々に感謝したいと。

島珈琲の場合、取り除いた不良豆は粉にして芳香剤として利用した後、家庭菜園をされている方の肥料として、お渡ししております。

 

焙煎後に1粒1粒、不良豆を取り除くのは焙煎しないとわからない豆があるのですね。
生豆の時はちゃんと見えても、焙煎した時にちゃんと色がつかないのです。

 

それを取り除いています。
お客さんに美味しいって喜んでもらいたいですからね。

 

今回は美味しいコーヒーをお渡しするために、こんなことしてますよーというお話でした。

 

コーヒーをお楽しみくださいね。

 

それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ハンドドリップの途中で、お湯が入っている粉をまぜまぜした結果

プロローグ ペーパードリップをする時、コーヒーポットを使いドリッパーの上に濾紙であるペーパーを敷き

記事を読む

毎日、毎朝、コーヒー焙煎はいつも朝に

この間の暑さが嘘の様に、ここにきて朝晩がかなり涼しくなった高槻です。 焙煎が少し楽になりました。 &

記事を読む

中 とか 深 とか そもそもなんなのか?

 そもそもコーヒーの焙煎とは何なのか?コーヒーの焙煎とは コーヒー生豆を火であぶりコーヒー

記事を読む

差は?カリタ・メリタ・円すい、ペーパードリップのメーカーの違いは何か

プロローグ ペーパードリップの種類、そして器具やメーカー、その違いは何か?色々あってよく分かりませ

記事を読む

手提げバッグ

 最近 忙しいのは忙しいのですが 忙しいだけが理由でなく 日記が書けてない毎日なのですが 

記事を読む

体調によって変化する!コーヒーの味わい

9月10月はどちらかというと閑散期。 特に9月は1年で一番の閑散期です。   なので、ここ

記事を読む

特徴がないのが特徴のコーヒー

昨日、ある席で漫画家さんとたまたま会う機会があり、いろいろお聞きすることができました。 その漫画家さ

記事を読む

脳のなかは野菜とコーヒーでいっぱい

 ふと手にした手ぬぐいが自分の背中をおしている 野菜を売りたい 農家の人が大切に育てた野菜

記事を読む

味と香りと男と女

プロローグ 1日2杯の酒を飲み 肴は特にこだわらず マイク来たなら微笑んで 十八番をひとつ歌うだけ

記事を読む

情熱のコーヒーマン

 ブラジルのコーヒー豆 ニュークロップ(新豆)が入荷しました ブラジル アルトアルグレ パ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
好きなことならどんどん磨きをかけられる

本日、月曜日は僕のお休み。 高槻店は定休日、岡町本店は営業日が日曜日だ

何も書くことがないときは

いや、あの、書くことがないわけじゃないんです。 身体が疲れすぎて、頭が

何歳まで焙煎していられるだろうか

どうしたん?なんかあったん? いえいえ、特に何かあったわけではないんで

どうして僕はコーノ名門を使い続けるのか

ゴールデンウイーク前からのバタバタと、母の日ギフトなどのギフトの段取り

一言あるかないかで変わること

高槻店を出店した当時2012年ですから、9年前ですね、9年前の時は今の

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑