*

コーヒーの巨匠に会いに行く 井の頭公園の「もか」

公開日: : coffee

かれこれ20年以上前。
コーヒー焙煎に強く興味を持った、当時の僕はある日急に思い立ち、よし東京のコーヒー屋を巡ろうと支度をはじめた。

 

東京の行きたいコーヒー屋さんをリストアップ。
夜行バスに乗って、首都をめざす。

 

初めて上京した僕は、山手線の人多さにびっくりし、大阪環状線と比べて考えた時、次の駅もまた次の駅も大阪梅田のような街が続くことに、東京はすごいなぁ、と、きょろきょろしながらその景色に感心していた。

 

リストアップされたコーヒー屋

 

山谷涙橋 近く バッハコーヒー
銀座 カフェドランブル
阿佐ヶ谷 カフェドゥワゾー
そして井の頭公園 もか

 

東京の電車事情もよくわからず、今のようなスマホもなかった時代。
地図を頼りに、なんとかその目指す4つのコーヒー屋に辿り着く。

 

ただただ、どのコーヒーも美味しくて感動していた。
はたちの僕には全てが新鮮。
カフェドランブルでは今はなき、コーヒーの巨匠こと、店主の関口さんがニコッと会釈してくれたことは、一生に残る思い出。

 

山谷にあるバッハコーヒーは、その立地に関わらずとにかくお客さんが賑わっていて、その様子に感心しながら 焙煎機を眺めながら、ソフトな味わいのキューバを頂いた。

 

カフェドゥワゾーのアイスコーヒーは素晴らしく美味しかった。
黙って丁寧に淹れるその姿に、職人を感じた。
僕のアイスコーヒーのベースは、きっとこの時のそのアイスコーヒーなんだと思う。

 

井の頭公園の「もか」

 

残念ながらまさかの定休日、がっくり肩を落とす。
後日、当時東京に住んでいた姉が「もか」のコーヒーを購入し、送ってくれる。

 

そのパンフレットは今も手元に置いてある。

 

 

 

 

ごあんない
個々の豆の長所を最高に引き出し、四季に合わせてつくりあげる手創り珈琲です。
(このパンフレットの「珈琲」は王へんではなくすべて口へん)
一般に珈琲の淹れ方はとても難しく面倒なことと思われていますが、良質な豆を選べば誰方にでも簡単にプロ顔負けのおいしい珈琲が楽しめるはずです。
豆を挽く時の軽さ(手動式ですとより一層よく判ります)。
立ちのぼる馥郁(ふくいく)とした香り、湯を注いだ時の泡のふくらみが最後まで続いていること、出来上がった珈琲液はさめてからもけっしてにごらない等、当店の珈琲の勝れた質の好さを充分にご確認ください。 (原文のまま)

 

 

 

 

 

時々、コーヒーの巨匠と呼ばれた人達の思いや文に触れ、それを煎じて飲み、改めて当時の事を思い出し、初心に還ったり。
一度行きたかったお店、今はもうなく、巨匠には会えず。

 

出会いと同じように、「学び」というのも一期一会だったり、と思ったり。
機会を大切に。

 

歳を重ねてそんなことを思う、古い資料を見てふと感慨深くなっている島でした。

 

今回はちょっと思い出話に触れて。

 

それでは。
いつもありがとうございます。

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー豆を粉にして購入した時、開封しなくても冷凍庫に保存すること!

プロローグ 僕はツイッターをしておりまして、日に4回くらいツィートをしています。 決めないと出来

記事を読む

なぜブルーマウンテンを置いてないのですか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島 規之です 先日 「コーヒー豆専門店なのにブルーマウン

記事を読む

こんな時に便利!なコーヒードリップバッグ

昨日はお休み、午前中はフリーだったので図書館に行ってきました。 こちらのツィートをどうぞ。

記事を読む

アルヨ

  ギフトもアルヨ! まいど!おおきに

記事を読む

コーヒーをドリップするのに時間はどれくらいがよいのかな

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんのTANPAN COFFEEは昨日締め切られ3日間で沢山のオ

記事を読む

コーヒー焙煎屋の僕がミルクを入れて飲む理由

昨日は奥さんはお休み。 その奥さんから営業時間中に電話があり、それを取ると娘へとすぐにバトンタッチ

記事を読む

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあったときは同じ文章でも躍動感が

記事を読む

コーヒーメーカーを長持ちさせるために 守って欲しい大事なこと

プロローグ 先日 お客様に「島さんはほんとにコーヒーが大好きなんですね」 と言われました 好きな

記事を読む

コーヒーが瞬く間に世界に広がっていったワケ

プロローグ コーヒーが瞬く間に世界に広がっていた理由とは。 1600年くらいからの大航海時代。コ

記事を読む

通販の発送で島珈琲が心がけていること

以前は通販の取り扱いは言うほどでもなかったのですが、エクスマ塾へ行き、マーケティングの師匠 藤村正宏

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
お店に立つ上でとっても大切なこと

      日

旬のコーヒーをどう選びブレンドする?月替わりの季節のブレンド

人と人に相性があるように、またコーヒーにも相性があります。 &n

通販のご注文に感謝

最近、娘が「どうしてママと結婚しようと思ったの?」と食卓を囲んでいると

億劫になる前に

最近、糸井重里さんのほぼ日刊糸井新聞の今日のダーリンを読んでいます。

コーヒーミルを手入れするのに役立つ道具たち

昨日から高槻店の焙煎機のメンテナンスに入りました。 と言っても、営業

→もっと見る

PAGE TOP ↑