*

教えて!島さんのおすすめの手挽きミルを

公開日: : coffee ,

昨日はお休みでした。
午前中は法務局や日本年金機構などに行きまして、いろんな手続きや説明を受けてきました。

 

午後からは娘が待つ幼稚園へお迎えに行き、一緒に昼寝をしたり、公園で自転車の練習をしたり。
晩はお風呂に一緒に入り、いろいろと会話を。

 

大きくなったらお店手伝うからね、と何度も言う娘。
自分の未来は自分の好きなことをしたらええねんで、と喉元まで出かかったのをぐっと飲み込んで「ありがとう、父ちゃん楽しみにしているな」と返す。

 

手伝う時は大きいお姉ちゃんになってるから、父ちゃんは、おじいちゃんやなぁと娘が言い、二人で笑いながら湯船に浸かっておりました。

 

楽しみな僕、何年後かな。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

教えて!島さんのおすすめの手挽きミルを

 

この質問もお客さんから多いですね。
手挽きミル、手作り感が満喫できるアイテムですよね。

 

ガリッガリッと音を立てながら、回すハンドルに豆を砕く感触が伝わり、今からコーヒーを作ろうという気持ちを高ぶらせてくれますよね。

 

特に良い刃を持ったミルなら、その豆を砕く感触はさくさくとスムーズに、もちろんそれは良い豆であることが前提ですが、手挽きミルには多くの楽しみを備え付けたコーヒー器具だと言えます。

 

さてそんな手挽きコーヒーミル、どんなものが良いですか?と聞かれます。
ほんとうにピンキリなので、まずはご予算をお聞きしてから、お話をしていくのですが、もしコーヒーのプロである僕が、手挽きミルを購入するならばどれにするか、今回はこれをお伝えしようと。

 

どんなメーカーだと思いますか?

 

おすすめは ザッセンハウスの手挽きミル

 

 

 

ザッセンハウス、こちらドイツ製のものとなります。
一度倒産した会社なのですが、資本が入り復活。

 

現在はコーヒー器具のメーカー、メリタが日本の代理店のような感じになっているようです。(倒産以前もメリタだったかな?)

 

このメーカーのどこがオススメかというと、やっぱりね、刃がいいです。
サクサクと挽けるこのメーカーのミルの刃は、僕の中ではとっても良い印象があります。

 

挽き方の調節も簡単です。

 

一つ気になるところをあえて言うと、これは日本製と外国製のコーヒー器具などに共通していると思うのですが、メンテナンスをするのには日本製の方が分解しやすい、外国製のものは分解しにくい、そんなふうに思っております。

 

ザッセンハウスも同じくちょっと分解しにくいので、メンテナンスはブロアというカメラやパソコン、精密機械などのほこりを飛ばす、シュッシュッのヤツですね、あれで残ったコーヒーの粉のカスを飛ばすのが良いかと思います。

 

ザッセンハウスと検索すれば、アマゾンや珈琲問屋さんなどがヒットするかと思います。
ネットで探せばリーズナブルな価格のお店が沢山ありますので、気になった方は一度探してみてくださいね。

 

刃もいいですが、外見もばっちりですよ。

 

参考になれば嬉しいです。
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

便利です!その道具は「メジャーカップ」

昨日、家に帰ると2階にいる娘がダダダッと玄関に降りてきて、おかえりー!と抱きついてきました。

記事を読む

中煎り(中焙煎)と深煎り(深焙煎)の決定的な違いとは

プロローグ もちろん味わいの違いもあります。 中焙煎は爽やかな酸味と僅かに感じる苦味のコントラス

記事を読む

コーヒーはちょと冷めた時に美味しさの本質が見えるってどういうこと?

高槻店の喫茶コーナーのカウンターはこの9月より、利用時間が変更となります。   今まではオ

記事を読む

コーヒーは熱いときが美味しいとは限らない

僕の鍵はお店とかシャッターとか カフェBeとか家とかうじゃうじゃ沢山あるのですが 必ず家の前で 家の

記事を読む

no image

ストライクゾーンとコントロール

 就労移行支援で毎日2時間 施設側のプログラムとして コーヒーのたてかたを指導している 彼

記事を読む

ドリップバッグの試作はこうしてつくられる物語

プロローグ 出版するコーヒー本の原稿見直し、修正が思うように進まない。 僕は今年で41歳になりま

記事を読む

no image

4月9日

 無添加コーヒーシロップ 無糖バージョン 4月9日 発売予定 こうご期待! (すみません 

記事を読む

コーヒー焙煎と煙とニオイ

プロローグ ご存じですか?コーヒー焙煎の時に出る煙は結構スゴイということを!? ということで、今

記事を読む

ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社会貢献部の話です。 「高槻店

記事を読む

中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBeで月イチの会議でした。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
思いきることで成績が変わることがある

基本的に人は変化を嫌うものだと思うのです。 今まで使い慣れたものが、違

音を感じろ

なんだ唐突に! のタイトルですが、耳をたて音を聞く、音を読むってモノを

ドリップバッグはちょっと漬けると濃い味に

金曜日はカミさんのお休みの日です。 昨日は、休みを利用してカットに行か

味わいつくりは煙突の先まで

連日、焙煎機のメンテナンスが続いております。   今までは一

香りの大切に 島珈琲は禁煙です

実はですね、僕は昔スモーカーでした。 岡町本店を開業した当時、たばこを

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑