*

フルシティとダークローストの違い

公開日: : coffee

昨日は奥さんと結婚記念日のお祝いを、阪急高槻市駅最寄り、高槻センター街にある四季菜フレンチ ソレイユさんへ、コース料理のランチを食べながらお祝いしました。

 

過ぎ去る時間は「もう」なのか「まだ」なのか、「はやかった」のか「遅い」のか、一緒になって7年の月日が経ちました。

 

お互いに感謝をして、美味しい料理を頂きました。

 

もちろん、こちらのコース料理の最後のコーヒーは、島珈琲のコーヒー。
深煎りの少し苦味の効いたコーヒー。

 

美味しい料理を頂き、楽しい会話をして、あっというまのその時間を過ごしました。

 

特に寒くなってくると、苦味のあるコーヒーが欲しくなるのは、人間の味覚は寒くなると苦味の方をよく感じるからだとか。

 

今回はそんな深煎りのお話を。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

フルシティとは

 

焙煎には焙煎度合いという、焙煎の段階を示した言葉があります。
少し例えが乱暴かもしれませんが、お肉の焼き方の様な段階のようなものですね、ミディアムとかレアとか。

 

ライト・シナモン・ミディアム・ハイ・シティ・フルシティ・フレンチ・イタリアン と8段階の焙煎度合いがあるのですね。

 

そのなかの一つ、フルシティ。
僕たちは中深煎りと呼んでいます。

 

中煎りと深煎りの真ん中あたりなので、フルシティローストの焙煎度合いをそう読んだりしていますが、現在の定義は、またちょっと変わっているのかもしれません。

 

最近では缶コーヒーでも、時々この言葉を見かけるようになりました。
フルシティとは、フルシティローストという焙煎度合いを表す言葉で、中深煎りの柔らかい苦味と甘みのある味わいのコーヒー、もちろん銘柄、ブラジルとかコロンビアですね、で味わいは変わりますが、一般的にフルシティの味わいはそんな感じです。

 

ダークローストとは

 

一般的には先ほど書いた焙煎度合いの、フレンチローストやイタリアンローストを指しています。

が、しかし、どっちかいうと深煎り全体を指している言葉のようにも思えたりします。

 

焙煎度合いでいうと、先ほどの8段階の焙煎度合いのシティローストから、一応、深煎りのゾーンに入ります。
シティからイタリアンまで、中深煎りを含めて、これが深煎りのゾーンですが、そのゾーンを全体をダークローストになっている様に思えます。
いろんなお店を見ていると。

 

なので、深煎り=深焙煎=ダークロースト、と思っても大丈夫ではないか、と僕は考えております。
但し正確にはダークロースト=フレンチ・イタリアンローストになるのが、コーヒー業界での一般的だと頭の隅に入れて置けばいいのかなぁ、と。

 

ということで、フルシティは焙煎度合いの1つの段階の言葉で、ダークローストは主に深煎りのゾーンを指した言葉、こうした違いだと思っておいて大丈夫です。

 

あくまでも僕の主観的なお話ですが、あながち外れている話でもないと思ってますので、よかったら参考にしてくださいね。

 

それでは、このへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

エスプレッソを深く知る

 そうです 深く知るため 勉強するために 来週16日の水曜日は カフェBeは臨時休業致しま

記事を読む

ええもんをおだししたい!

  お客様にはええもんをおだししたい! いいコーヒーを仕入れたとき 見た時 お客様の笑顔が

記事を読む

ルーツ

 高校2年の時 アルバイトをしていたお店が 先日 そのお店のあった道を車で走っていたら 

記事を読む

オリジナルブレンドのカスタムオーダーもお受けしてます!

プロローグ 昨日、お客様から相談というか、雑談というのかわかりませんが、こういうお話をしていました

記事を読む

僕のオススメのコーヒードリッパーはコーノ式の名門 円すいタイプです

プロローグ 今やコーヒーの器具も様々なものがあって、正直どれがいいのか?わからない方も多いようです

記事を読む

カフェオレベース動き出す

JUGEMテーマ:おすすめカフェスイーツ  牛乳で4倍に割ったら 懐かしいミルクコーヒーが

記事を読む

そもそも 粗挽き 細挽き ってなんなのか?

今日はコーヒーを粉をするときに粗挽き(あらびき)とか細挽き(ほそびき)とか言いますが それはいったい

記事を読む

no image

自分で言うのはなんですが・・・

最近 格段に島珈琲高槻店のエスプレッソが美味しくなったと思っているダラコルテというイタリアのメーカー

記事を読む

コーヒードリッパー 陶器とプラスチックどっちがいいの?

プロローグ 先日、お休みの時に高槻にある松坂屋を奥さんと2人でぶらぶらしていました。 何と言って

記事を読む

中焙煎の酸味のあるコーヒーは五月病の予防ができる?

コーヒーは身体に良いのか、というと良いです。   ただ、インスタントコーヒーや

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
限定ドリンク出来ました!今季はアイスオレンジティー

今回はカフェBeのことについて。 高槻店にこのメニューはありませんから

なぜお店ではミルクは生クリームを使うのか

関西ではコーヒーにつけるミルクをフレッシュ、と呼んでいます。 もしかし

古材を使った店づくり その良いところ

古材問屋の明木さんとの出会いは、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているカ

島規之 登壇します!5/14(火)エクスマセミナーにて!

はい。 とうとうやってまいりました。 といっても今回はコーヒーのお話を

中焙煎と深焙煎のドリップでの膨らみ方はちょっと違う

昨日はお休み。 娘と公園で遊んできました。   公園の花壇を

→もっと見る

PAGE TOP ↑