*

フルシティとダークローストの違い

公開日: : coffee

昨日は奥さんと結婚記念日のお祝いを、阪急高槻市駅最寄り、高槻センター街にある四季菜フレンチ ソレイユさんへ、コース料理のランチを食べながらお祝いしました。

 

過ぎ去る時間は「もう」なのか「まだ」なのか、「はやかった」のか「遅い」のか、一緒になって7年の月日が経ちました。

 

お互いに感謝をして、美味しい料理を頂きました。

 

もちろん、こちらのコース料理の最後のコーヒーは、島珈琲のコーヒー。
深煎りの少し苦味の効いたコーヒー。

 

美味しい料理を頂き、楽しい会話をして、あっというまのその時間を過ごしました。

 

特に寒くなってくると、苦味のあるコーヒーが欲しくなるのは、人間の味覚は寒くなると苦味の方をよく感じるからだとか。

 

今回はそんな深煎りのお話を。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

フルシティとは

 

焙煎には焙煎度合いという、焙煎の段階を示した言葉があります。
少し例えが乱暴かもしれませんが、お肉の焼き方の様な段階のようなものですね、ミディアムとかレアとか。

 

ライト・シナモン・ミディアム・ハイ・シティ・フルシティ・フレンチ・イタリアン と8段階の焙煎度合いがあるのですね。

 

そのなかの一つ、フルシティ。
僕たちは中深煎りと呼んでいます。

 

中煎りと深煎りの真ん中あたりなので、フルシティローストの焙煎度合いをそう読んだりしていますが、現在の定義は、またちょっと変わっているのかもしれません。

 

最近では缶コーヒーでも、時々この言葉を見かけるようになりました。
フルシティとは、フルシティローストという焙煎度合いを表す言葉で、中深煎りの柔らかい苦味と甘みのある味わいのコーヒー、もちろん銘柄、ブラジルとかコロンビアですね、で味わいは変わりますが、一般的にフルシティの味わいはそんな感じです。

 

ダークローストとは

 

一般的には先ほど書いた焙煎度合いの、フレンチローストやイタリアンローストを指しています。

が、しかし、どっちかいうと深煎り全体を指している言葉のようにも思えたりします。

 

焙煎度合いでいうと、先ほどの8段階の焙煎度合いのシティローストから、一応、深煎りのゾーンに入ります。
シティからイタリアンまで、中深煎りを含めて、これが深煎りのゾーンですが、そのゾーンを全体をダークローストになっている様に思えます。
いろんなお店を見ていると。

 

なので、深煎り=深焙煎=ダークロースト、と思っても大丈夫ではないか、と僕は考えております。
但し正確にはダークロースト=フレンチ・イタリアンローストになるのが、コーヒー業界での一般的だと頭の隅に入れて置けばいいのかなぁ、と。

 

ということで、フルシティは焙煎度合いの1つの段階の言葉で、ダークローストは主に深煎りのゾーンを指した言葉、こうした違いだと思っておいて大丈夫です。

 

あくまでも僕の主観的なお話ですが、あながち外れている話でもないと思ってますので、よかったら参考にしてくださいね。

 

それでは、このへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

ドリップするお湯の温度は何℃が美味しいの?

プロローグ どうして、いつもいつもブログのネタがあるのか。 僕自身も時々不思議に思いますが(笑)

記事を読む

焙煎は焙烙(ほうろく)でもできるんですよ

僕は滅多にコーヒー教室をしないのですね。 なんで?と言われるとあまり得意ではないから、かなぁ。

記事を読む

テカテカコーヒー豆の謎 なぜ脂がでるのか

ブログのネタは、お客さんから頂くことが多いです。   いろいろ質問をくださるので、それをそ

記事を読む

それはほんとうにドリップのやり方が悪いからなのか

2月26日 日曜日 高槻天神祭り二日目です。 毎年二日のうちどちらかが雨だったり、雪だったりと、天

記事を読む

のばそう!

背筋を伸ばしてピンと! 最近 とくに昼食後は眠た~いですね いかがお過ごしでしょうか?こんにちは さ

記事を読む

焙煎機のちょっとした調整で変わる味わい

以前は少しの期間、自宅から高槻店まで自転車通勤をしていたのですが、最近はまたバイク通勤に戻りました。

記事を読む

今年出版する僕のコーヒー本

去年から動き出しました、僕のコーヒー本。   まえがき、第1章から第5章まで現

記事を読む

ガッツしまこーひー

 昨晩 お酒を飲みながら 次に出店する(といっても1年以上先の話ですが)ことを考えていたの

記事を読む

焙煎度合いによって少し挽目を調節しています

毎週金曜日はカミさんお休みで、高槻店は僕のワンオペとなっています。 今日は娘の小学校が代休でお休み、

記事を読む

高槻店のエスプレッソマシンはこれやで!

高槻店には、エスプレッソマシンがあります。 定価で200万円くらいしたはず、そして専用のコーヒーグラ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

一時的に高槻店に設置しました

本日、そして明日と発送が沢山となっております。 島珈琲ではホームページ

新価格は5月23日月曜日からスタートします

岡町本店に設置するために新しく購入したコーヒーグラインダー、コーヒーミ

若さとは

月曜日は定番の毎朝のツィート「よし、ゆこう」シリーズからテーマを取りエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑