*

フルシティとダークローストの違い

公開日: : coffee

昨日は奥さんと結婚記念日のお祝いを、阪急高槻市駅最寄り、高槻センター街にある四季菜フレンチ ソレイユさんへ、コース料理のランチを食べながらお祝いしました。

 

過ぎ去る時間は「もう」なのか「まだ」なのか、「はやかった」のか「遅い」のか、一緒になって7年の月日が経ちました。

 

お互いに感謝をして、美味しい料理を頂きました。

 

もちろん、こちらのコース料理の最後のコーヒーは、島珈琲のコーヒー。
深煎りの少し苦味の効いたコーヒー。

 

美味しい料理を頂き、楽しい会話をして、あっというまのその時間を過ごしました。

 

特に寒くなってくると、苦味のあるコーヒーが欲しくなるのは、人間の味覚は寒くなると苦味の方をよく感じるからだとか。

 

今回はそんな深煎りのお話を。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

フルシティとは

 

焙煎には焙煎度合いという、焙煎の段階を示した言葉があります。
少し例えが乱暴かもしれませんが、お肉の焼き方の様な段階のようなものですね、ミディアムとかレアとか。

 

ライト・シナモン・ミディアム・ハイ・シティ・フルシティ・フレンチ・イタリアン と8段階の焙煎度合いがあるのですね。

 

そのなかの一つ、フルシティ。
僕たちは中深煎りと呼んでいます。

 

中煎りと深煎りの真ん中あたりなので、フルシティローストの焙煎度合いをそう読んだりしていますが、現在の定義は、またちょっと変わっているのかもしれません。

 

最近では缶コーヒーでも、時々この言葉を見かけるようになりました。
フルシティとは、フルシティローストという焙煎度合いを表す言葉で、中深煎りの柔らかい苦味と甘みのある味わいのコーヒー、もちろん銘柄、ブラジルとかコロンビアですね、で味わいは変わりますが、一般的にフルシティの味わいはそんな感じです。

 

ダークローストとは

 

一般的には先ほど書いた焙煎度合いの、フレンチローストやイタリアンローストを指しています。

が、しかし、どっちかいうと深煎り全体を指している言葉のようにも思えたりします。

 

焙煎度合いでいうと、先ほどの8段階の焙煎度合いのシティローストから、一応、深煎りのゾーンに入ります。
シティからイタリアンまで、中深煎りを含めて、これが深煎りのゾーンですが、そのゾーンを全体をダークローストになっている様に思えます。
いろんなお店を見ていると。

 

なので、深煎り=深焙煎=ダークロースト、と思っても大丈夫ではないか、と僕は考えております。
但し正確にはダークロースト=フレンチ・イタリアンローストになるのが、コーヒー業界での一般的だと頭の隅に入れて置けばいいのかなぁ、と。

 

ということで、フルシティは焙煎度合いの1つの段階の言葉で、ダークローストは主に深煎りのゾーンを指した言葉、こうした違いだと思っておいて大丈夫です。

 

あくまでも僕の主観的なお話ですが、あながち外れている話でもないと思ってますので、よかったら参考にしてくださいね。

 

それでは、このへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

普通のコーヒーがレベルアップしている現状に思うこと

18日の朝に高槻で地震がありました。   その日は定休日、19日20日と以前か

記事を読む

コーヒーをお湯や水で割るってどうなの?

プロローグ あなたはコーヒーをお湯やお水で割って、コーヒーを飲まれますか? 僕はあります。

記事を読む

コーヒー豆を購入する量は1回でどれくらいがいいのか?

プロローグ コーヒー豆の販売を専門にして島珈琲を立ち上げ、もうすぐ14周年を迎えようとしています。

記事を読む

電動ミル 家庭用と業務用、何がちがうの?

今秋10月1日にオープンする セレクトショップ&カフェ テマヒマさん。 こちらでは、島珈琲

記事を読む

コーヒーの味わいの「フルーティ」を考える

コーヒーの味わいでフルーティと言われるとどう思う? 先日、ご近所のチーズ専門店のフロマジュリー&a

記事を読む

ブレンドはどんなイメージを持って合わせているのか

コーヒーのブレンドを説明するときに、よく用いるのがこの例え。   例えばブラジ

記事を読む

無糖コーヒーシロップ 仕込み完了!!

 暑い やっぱり暑い  焙煎がたった今終りました ということで コーヒーシロップの仕込みに

記事を読む

参考にしてみて、ドリップするときの小技集

プロローグ 基本、プロというのは手の抜くところを知っているものだと思います。  

記事を読む

コーヒーにもある発酵した味わい

発酵したものといえば、味噌とかお漬け物、納豆それから醤油もそうだし、お酒もそう。 見渡してみると、

記事を読む

陶器とプラスチック どっちのドリッパーがどうなのか?

次の月曜日は奥さんの誕生日です。 奥さんの大好きな焼き肉を御馳走しようと思ってます。 &nb

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

臨時休業のお知らせポップで、好印象を持ってもらう方法

人は素直に生きるのがいい。 一応、僕はそう思ってます。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑