*

ありがとうございます高槻店は6周年を迎えました

公開日: : 感謝!!

2012年11月21日に高槻店はオープンしました。

 

古材をふんだんに使い、デザインされたお店。
時間が経てば経つほど、味が出てくる。

 

瓦は100年前のものを使っているので、最初から味わいがあったけど、この6年で島珈琲色に染まったかな。

 

あっというまといえば、あっというま。
ひとつひとついろんなことを思いだしていけば、長くも感じる。

 

今日6年という線を跨ぎ、次は7年目に向かって歩き出す。
ラッキーセブンだね、何かいいこと起こるかな?いやいや、自分で起こすのですよね。

 

おかげ様で高槻店は6周年というラインを跨ぐことができました。
支えてくれた皆さんに感謝です。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

陸上のトラックのように

 

ヨーイドン!でスタートして、陸上競技のあのトラックをグルグル走る。
現在6周目に来ました、次は7周目です。

 

スタート地点がゴール地点であり、ゴール地点は次のまたスタート。

 

次の1周はどこかでつまずくかも知れないし、同じラップタイムにはならず、遅いかもしれないし、速いピッチになるかもしれない。
その1周の見える景色は、また変わったりするのかな。

 

応援スタンドからは、かけ声が。
よし前を向いて走ろうと思い直したり。

 

そんな感じですね、お店のそれぞれの1周年って。
かけ声をくださるお客さんのその声が、がんばる源、走る動力となるわけです。

 

自分のがんばりは、誰かに支えてもらっているからこそ。
○○周年というのは、感謝する日だと思っております。

 

同じ所をグルグルしているのではない

 

陸上のトラックで例えると、同じ所をグルグルしているように思うけど、僕が言いたいのはそうじゃない。

同じ様にまわっていても、上へ上へと上がるそれは上昇スパイラル。

 

どんな経験も無駄ではないし、同じ様なところをグルグルしている様でも、実は上に上がっている。
それは物事を無駄と思うか、いや無駄はない、と思うかの違いかなと。

 

毎日同じ事の繰り返しのようでも、そこに工夫というスパイスを振りかければ、物事は色鮮やかに変わることもあるよね。

 

スタート地点がゴールで、ゴールがまたスタート地点。
ひとつ大きくなって、またスタートする。

 

この歳になって、そんな風に感じています。

 

6周年というラインを跨いで、7年目の周回に突入。
この7年目の周回には、僕にもアナタにも沢山の笑顔があるように、愛情込めて焙煎し、良い香りをお届けしたいと思っています。

 

島珈琲のお客さん、ファンの皆さん、友達、知人、家族、僕の周りの方々に感謝です!

 

6周年といっても特別なにかイベントしたりとか全くありませんが、まぁそれが僕らしいところでして、今日も明日もいつもどおり笑顔で営業しております。

それでは。

いつもほんとうにありがとうございます。

焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

会長さん

 今回 高槻新店舗をつくってくださるのは工務店の河原工房さん 今日 お店を調べさせてほしい

記事を読む

じゃあ また

いつも僕が参考にさせてもらっている コンサルタントの藤村氏のブログに こんなことが書いてありました

記事を読む

良いときは良いときなりに、悪いときは悪いなりに

プロローグ どーも調子が良くない。 僕のお腹かが、である。ここ1週間くらいなんとなく体調が芳しく

記事を読む

類は友を呼ぶ

 今日は見山の郷さんに出向き 原田店長とお会いしてきました 4月に行われるイベント 「第2

記事を読む

ありがたき休日

 今日 あらためて思った 休日の大事さを 休みなく あくせくと働くことは悪くはないけども

記事を読む

飲んだ

 今日は飲んだ いや今日「も」飲んだ かも知れない でも今日のお酒は最高に美味しかった 普

記事を読む

日曜日だけの営業でやっていけるのですか?

プロローグ コーヒーの事以外で一番多い質問は、岡町本店が日曜日だけの営業でやっていけるのですか?と

記事を読む

今日で10周年

 10年前 3月29日の今日 島珈琲は世の中のお客様に対し お店をはじめますよーーー!と宣

記事を読む

絵心がないんです

 デザインカプチーノにセンスがでていると思いますが僕は絵心がありません 絵がとってもへたく

記事を読む

神戸へ

 今日は 神戸に出かけてきました マツモトコーヒーの松本社長様 http://www.ma

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

臨時休業のお知らせポップで、好印象を持ってもらう方法

人は素直に生きるのがいい。 一応、僕はそう思ってます。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑