*

コーヒーに入れるミルク(フレッシュ) 乳脂が高いほど美味しいと思うのはなぜか、考えた

公開日: : coffee

スジャータの製品に、コーヒーフレッシュと書かれたコーヒーに入れる、ポーションミルクの商品があるので、フレッシュというのは全国標準だと僕は思っていましたが、関東の方では、フレッシュというのを通じないことをご存知でしょうか。

 

僕も初めて知った時はカルチャーショックでした。笑
普通にフレッシュ入れますか?、と関西では通用していたので、ね。

 

フレッシュってどこまで通用するのかなぁ、西日本、それとも関西だけ?
名古屋とかはどうなんだろ。

 

ということで、それを知ってからはフレッシュと言わず、ミルクとブログでは書くようにしてます。
お店ではどっちも使いますね。
ミルクはどうされますか?と言っても通用しますし、フレッシュはどうされますか?でも通用してます。

 

さて、そのミルク、高槻店の最近は動物性の乳脂40%のものを使ってます。

 

 

喫茶コーナーをやめたことで

 

今まで、牛乳やコーヒー用のミルクなど牛乳屋さんに配達してもらっていたのですが、喫茶コーナーをやめてですね、あまりに注文する量が少なくなったので申し訳なく思い、最近では自分たちでお店に買いに行くようにしてます。

 

牛乳は問題ないのですが、コーヒー用のミルク、これを探すのに苦労しました。
動物性の乳脂のホイップクリームでも大丈夫なのですが、それだといかんせん日持ちがしないのです。
賞味期限が短すぎるのですね。

 

島珈琲高槻店では、テイクアウトコーヒーにミルクを入れる方のみのためのミルクなので、そんな頻繁に買うものでなく、めっちゃ必要でもないのですが、やっぱりミルクも美味しい方が喜んでもらえるじゃないですか。

 

ちなみに、最近はテイクアウトコーヒーも、砂糖やミルクを入れず、ほとんどの方がブラックで、とオーダーされるようになりました。
なので、ミルクもそれほど量が必要でもないのですね。

 

しかし賞味期限が短いのも困ったもので、どうしたものかと、いろんなスーパーに行き、そして最後、業務スーパーで探してみたら!あるじゃないですか!
量も200mlくらいで、値段もちょうどよく、そして日持ちもして、何より動物性の乳脂40%が。

 

探して良かったーと、ほんとそこで嬉しさと安堵で両膝をつきそうになりました。笑

 

なぜ乳脂が高い方が美味しいのか?

 

僕は乳脂35%から40%のミルクが好きです。
コーヒーに入れると、ほどよい感じで、コーヒーキャラメルみたいになる感じ、それを求めています。

 

それで、乳脂がそれくらいだと、ミルクの量が少なくてもミルクの濃厚感が出てきて、そしてコーヒーの質感も残る、ミルクだけに支配されず、コーヒーの質感もしっかり残りながら、コーヒーキャラメルのような味わいを楽しめる。

 

牛乳を足すのとはまた違う味わいが、そこにあるのですね。

乳脂が高いと、ミルクをコーヒーに入れる量が少なく済むので、コーヒーの質感がより生きる、これが乳脂が高いものを選ぶ理由です、もちろんその高めのミルクが美味しいというのもあります。

 

この業務スーパーで売っているミルク、実はホイップ用ですが、コーヒーのミルクとしてもOKです。
商品名を忘れたので、また今度調べてアップしますね。

 

価格もリーズナブルで、日持ちもするので、ご家庭でも気軽に楽しんで頂けるのでは、と思ってます。
残ったらホイップして、スィーツに沿えることもできますからね。

 

商品の詳細はまたブログでアップしますね。
写真撮るの忘れちゃった。

 

コーヒーのミルク、良いのをお探しの方、業務スーパーの動物性の乳脂肪のものがオススメです!

 

それでは、週末に向かって頑張ります。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

もっとはやく気づいていれば・・・

プロローグ 僕がコーヒーのことをブログの記事として書くわけは、僕がコーヒーことが大好きなことと、ま

記事を読む

家庭で使うコーヒー器具、何が一番よく使われているの?

家電量販店やデパート、それからショッピングモールなど、家族ででかけると必ず見に行くのが家庭用品売り場

記事を読む

コーヒー豆を購入する量は1回でどれくらいがいいのか?

プロローグ コーヒー豆の販売を専門にして島珈琲を立ち上げ、もうすぐ14周年を迎えようとしています。

記事を読む

全くの初心者はどうすればいい?お家で使うコーヒー器具はどれ

プロローグ 昨日、マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンドを販売開

記事を読む

昔のコーヒーはほんと美味しかった、ってホント?

プロローグ 昔のコーヒーは美味しかったって、言われても昔のコーヒーを飲んだことがないと、それはわか

記事を読む

島珈琲のブレンドは音楽でいうと生演奏

プロローグ ヒントとというのは案外、誰かとしゃべっている時に発見するものなんだなぁとつくづく思う。

記事を読む

秘密兵器1号

  秘密兵器ができました それも第1号です まだまだあるよ 新店のオープンにあわせて 完成

記事を読む

関東はミルク 関西はフレッシュ そんなコーヒーにいれるミルクの話

プロローグ 実はSNSを見ていて知ったのですが、コーヒーに入れる生クリームは関西ではフレッシュ、関

記事を読む

ドリップのあとはこうなる

なぜか、このタイトルを考え、書いたあとから、アン・ルイスのつわものどもの夢のあとだね、というあの歌が

記事を読む

焙煎する前のコーヒー豆、コーヒー生豆の消費期限は?

プロローグ コーヒーを焙煎する前のコーヒー豆はこんな感じです。   はじめはグァ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
忘れてしまいたいことや

忘れてしまいたいことや、どうしようもない悲しさに、包まれた時に男は酒を

言葉は変化する

このブログは毎日更新してます。 ブログのネタは書く前に考えるか、前日の

テイクアウトコーヒーのカップの蓋は必要か?

次の月曜日の休みには、普段の営業時間内ではできない、というか手をつける

ブレンド花の配合をちょっと変えました

昨日は高槻店、祝日の営業でした。 高槻店はご存知の通り、日曜日と月曜日

いつからあった?もう9年ですね。知らんかったー!なんて当たり前です。

高槻店はおかげ様で、この11月で9周年に。 ほんとに早いものですね、感

→もっと見る

PAGE TOP ↑