*

おうちなら1杯53円で美味し~いコーヒーが飲めるんだな

公開日: : coffee, 営業企画部

毎月書き換えている黒板。
今月はこんな感じになりました。

 

原稿は僕が考えて、カミさんが月初めに書き換えてくれます。
慣れたもので、10分もかからずにパパパッと書き上げてくれます。

 

最初は書くのを嫌がっていたのですが、書いているうちにお客さんに褒められるようになり、褒められるとどんどんと上達するもので、ほんとに綺麗にそして早く書き上げることができています。

 

褒める褒められるって、大事だなぁなんて思ったり。

 

見られることは、褒められると上達していくもの。
あなたの周りの方を、どんどん褒めてあげてくださいね。
僕も褒めます。笑

 

さて、写真の黒板にもありますが、100g530円が島珈琲のブレンドの最小価格。
おうちなら、のお話です。

 

 

これを読んでくださっている方には、今更お伝えすることでもないですが

 

今回、この黒板の意図は、コーヒーが美味しくなる季節に入っていくので、ちょっと家でコーヒーを淹れて飲もうかなぁって方に向けたメッセージボード。

 

まず100gでどれだけ杯数が取れるのか、を知ってもらい、1杯約10g使用するとなると、100gですと10杯出来る、したがって1杯あたり53円になって、美味しいコーヒーがおうちなら1杯53円という超リーズナブルな価格で飲めますよー、ということをお伝えしています。

 

コンビニでも100円するんですからね、53円なら凄いですよねー。笑
もちろん、お水やかかる電気代ペーパーフィルターなど、こまごましたものを勘定すると、もうちょっと上乗せになりますが、それも微々たるもの。

 

わりと、この1杯になるといくらいくらなんです、ってお伝えするとそうなんだぁと言われるので、定期的に黒板に書いて、道行く人に知ってもらおうと思っている次第です。

 

しかも!

 

500gパックなら、ブレンドだと2160円に。
100gで換算すると432円に。
なので、1杯あたりは43.2円に。

 

しかも!島珈琲の超リーズナブルパック「ブレンド桜ふぶき」なら、1キロ3240円(500gパック×2p=1セット)なので、100g324円で1杯あたりが32.4円に!

 

お外でコーヒー飲むだとしたら、この価格では無理ですよね。
しかも美味しいとなると。

 

お外で飲むことを考えたら、家で美味しいコーヒーがこれだけで。
コーヒーが好きな方なら、気にせずいっぱい飲めますよね。

もちろん、お外にはお外にしかない価値があり、それはまた別物ですので、比べるところでもないのですが、単純にコーヒーの価格だけを見ると、というお話ですね。

 

僕がやりたいこと、おうちでガブガブ飲めるコーヒーをお届けしたいのです。
しかも美味しいの、を。

 

香りに包まれて、リラックスしておらって、コーヒーと何かの時間を楽しんもらう。
もう1杯飲もう、と気軽に言えるコーヒーを。

 

皆さんのおうちに、そんなしあわせな時間を届けることができたなら、それは僕の最高の喜びでもあります。

 

ということで、秋の時間とコーヒーと、ごゆっくりどうぞ。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

この時期、コーヒー豆の保存はどうしたらいいか

昨日はお休みで、朝から実家に行ってきました。 娘のちょっと早い誕生パーティをおじいちゃんとおばあち

記事を読む

香りの大切に 島珈琲は禁煙です

実はですね、僕は昔スモーカーでした。 岡町本店を開業した当時、たばこを吸っていましたが、開業したその

記事を読む

コーヒーにミルクと砂糖を足してどんな味にしたい?

プロローグ あなたはコーヒーをどんな風にして飲みますか? ブラック?ミルク?砂糖?それとも両方?

記事を読む

「有り難う」の言葉を見て思ふに

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真は漫画カメラで僕を撮った図 いろん

記事を読む

夏のコーヒー豆は脂のまわりが早い

夜、いつも娘が、一緒に寝ようと言います。   僕はビールを食らいながら、ご飯を

記事を読む

ド素人の嫁さんが作る美味しいアイスコーヒーの方法

昨日のブログに書きましたように 昨晩は休肝日をとりました がんばって今日も大好きなお酒をがまんします

記事を読む

中煎りの魅力 深煎りの魅力

本日は僕自身の定休日。 朝、娘が学校へ行くのをお見送りし、その後パソコンに向かい、このブログを書いて

記事を読む

グァテマラいろいろ祭り ザ・ファイナル

11月の末頃から年末に向けて用意した、3種類のグァテマラが、最後の3銘柄目に入りました。 あっという

記事を読む

人と一緒!コーヒー豆の脂の出る量の違いはなぜ?

プロローグ 先日、常連様からこんなご質問を頂きました。 「いつも種類を変えてコーヒー豆を買ってい

記事を読む

中焙煎に向く豆、深焙煎に向く豆

コーヒー豆が皆一緒かというと、ご存知の通り産地よって、また種によって違ってきます。 味わいもそうです

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
産地の様子から

先日のブログで、コーヒーの花の一斉開花は、葉の上に雪が乗ったような光景

中煎りのコーヒー豆での、アイスコーヒーも美味しいで

今日の高槻は3月にしてはかなり暖かい気候となっています。 今朝は6時半

ブラジルはナチュラルです

今朝の賄いコーヒーは、中焙煎ブラジルでスタート。 高槻店に居る時は、ほ

金属系フィルターは粗挽きの方が良いの?

コーヒーミル(グラインダー)にも、細挽きに強いタイプ、粗挽きに強いタイ

中煎り・深煎り、それぞれの魅力とは

島珈琲では、中焙煎(中煎り)と深焙煎(深煎り)と大きく2つの味わいに分

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑