*

コーヒーにも位があるの?コーヒーの格付けのあれこれ

今日は日曜日。
日曜日は日曜日だけが営業の岡町本店へ。

 

週1日の営業なので特に宣伝のようなことはしてない、というかできてないのですが、なぜかありがたいことにご新規のお客さんも増えて、最近では日曜日があっというまに終わってしまうという感じです。

 

ツイッターやフェイスブック、最近始めたインスタグラム。
そしてブログ。
毎日の発信の積み重ねからそうした効果があるのかなぁ、と思うこの頃。
日曜日だけのお店にわざわざ足を運んでくださること、心より感謝です。

 

さて今回はコーヒー豆の格付けと豆の大きさのお話。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

ツィートの反応で興味を知ることができる?

こちらのツィートをご覧ください。

 

 


僕からすると普通のことなんですが、それはそう思っているだけで「プロの当たり前」ほど盲点で、一般的には知られてないことが多いのですね。

 

ですからツィートの反応を見て「そうかこれは皆さんの知りたいことなのかもしれない」とブログのネタに持って行くことができるので、ツィッターは便利だなぁと思ったりしています。

 

さて、このツィートの補足しますと、大きいサイズでスクリーン19 次が18、17となっていきまして、スクリーンとは大きさを表して、例えばスクリーン19のふるいにコーヒー生豆をかけて、落ちなかったものがスクリーン19として市場に出るという感じです。

 

ふるいの説明のツィートはこちらです。

 

大きさは大きさであって、味わいはまた別物

コロンビアコーヒーの格付けは大きさで、スクリーン19,18をスプレモといい、その下17,16サイズをエキセルソと分かれます。

 

これは大きさの違いであり、昔はスプレモの方が高価なものとして扱われていましたが、今では大きさはあくまでも大きさで、味わいがどうか?という方が最優先にされていると感じています。

 

大きいから大味で、小さいからギュッと詰まっている、というのも飲んで見ないとわからないのが実際です。

 

サイズが大きい豆は焙煎したときに見栄えは良いですが、味わいの方が優先ですので、エキセルソだろうがスプレモだろうが、美味しい方がいい!というのが僕の選ぶ基準になっていますね。

 

格付けはあくまでも格付けで、取引の際には参考にされますがコーヒー専門店などの店で買う場合は、あまり気にしなくて良いのかなぁと思います。

 

他にSHBだとかHG、グレードNO1とか、いろいろあってややこしく国によっていろいろ格付けがあるのですね。

 

豆の大きさだけでなく、採れた産地の標高だとか、一定量を調べたときの欠点豆の有無、その量での格付けなど、いろいろとあります。

こうして麻袋の印字されているんですね。
ちなみにこれはグァテマラの格付けで「SHB」
これは標高1350メートル以上の産地で採れたコーヒー豆に付けられる格付けです。

 

国よって違うので、調べていけば面白いですけどね。
そこはまたの機会に。

 

ということで、コーヒー豆の格付けのお話でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

アレンジコーヒーとは何?

明後日、月曜日もカフェBeにて通しで勤務します。   10時から18時、スタッ

記事を読む

世界各国にあるコーヒーの産地、味の違いはどうしたらわかるの?

昨日は、あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんがブログで島珈琲のことをめちゃくちゃ素敵に書いてくだ

記事を読む

高槻店のエスプレッソマシンはこれやで!

高槻店には、エスプレッソマシンがあります。 定価で200万円くらいしたはず、そして専用のコーヒーグラ

記事を読む

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのですが、夏はゆっくり出来る日も。

記事を読む

僕は珈琲のプロですが、最近家でプロペラミルを使って粉にしています

って、タイトルを書くといかにも僕がしているような感じですが、奥さんです。 毎晩、晩ご飯の後、奥さん

記事を読む

どうなる?マンデリンの行方

コーヒーが栽培される所謂、コーヒー生産国は赤道を中心に北回帰線と南回帰線の間にあり、その一帯をコーヒ

記事を読む

コーヒーシロップ加糖 仕込み完了!

 コーヒーシロップ 無糖も加糖も 仕込みに関しての内容は 実は一緒なんです 焙煎止めの温度

記事を読む

これで大丈夫!コーヒー豆を保管する袋、気をつける事はなに?

プロローグ 2月25日、26日は高槻 上宮天満宮 天神さんの天神祭でした。 毎年、日にちが固定で

記事を読む

ドリップも焙煎もする人が変われば、味は変わる

プロローグ 昨日のツイッターで何気なく思いつき、何気なくツィートしたこと、とても反応がよかったんで

記事を読む

そもそも 粗挽き 細挽き ってなんなのか?

今日はコーヒーを粉をするときに粗挽き(あらびき)とか細挽き(ほそびき)とか言いますが それはいったい

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
煎りが同じだからと言って、同じ色にはならない

今朝はドリップバッグの焙煎をしました。 ドリップバッグとは、器具がなく

BGMを川のせせらぎにして

昨日はお休みでしたが、半日を焙煎機のメンテナンスの時間にあて、焙煎機を

思いきることで成績が変わることがある

基本的に人は変化を嫌うものだと思うのです。 今まで使い慣れたものが、違

音を感じろ

なんだ唐突に! のタイトルですが、耳をたて音を聞く、音を読むってモノを

ドリップバッグはちょっと漬けると濃い味に

金曜日はカミさんのお休みの日です。 昨日は、休みを利用してカットに行か

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑