*

申し訳ありません 価格交渉からの業務用卸しの相談は応じません!

公開日: : 最終更新日:2018/10/21 日々他愛のないこと ,

違うんです、まぁちょっと聞いて下さい。

 

電話がかかって来て、「島珈琲さんはコーヒー豆の卸しはやってますか?」て聞かれたんですね。
ですので、はい、しておりますとお返事しました。

 

次にその電話の方は「今使ってるところの価格が高いから、卸してくれるお店探してるねんけど、いくらですか?」と。

 

僕はそれはお会いして味わいの相談を受けてからでないとちょっとなんとも・・・とお伝えしました。
それでも価格を教えて欲しいと言われ、価格をお伝えすると「今使ってるところより高いやん!」と言われて電話は終了しました。

 

愚痴じゃないんで続けますね(笑)

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

まずは価格でなくて、味わいから

お商売をしていて、仕入れ価格はとっても重要です。
選ぶところのポイントにはなります。

 

でも業務用卸しの場合、価格で選ばれると結局、価格で関係が終わってしまうわけじゃないですか。
だって関係が価格だけですからね。

 

それって僕はどうかと思っています。

 

僕は僕の焙煎するコーヒー豆で、ちょっとでもこれを使ってくれるお店のお商売を応援したいと望んでいますし、僕のコーヒーがその方のお商売をちょっとでも繁盛するためのものでありたい、そう思ってますし、願ってます。

 

ですから、僕のという人間を気に入ってくれて島のコーヒーを使いたいから、味わいが気に入って使いたいと思ったから、というご相談に関しては喜んで応じます。

 

でも僕のコーヒーを飲んだこともない、僕のことを知らない、ただそれなりのコーヒーをそれなりの値段で仕入れたい、と思うだけならそれは相談に応じかねます。

 

島珈琲のコーヒーを使いたいから使ってる、僕の焙煎するコーヒー達だってそんなふうに思われてたら力をもっと発揮するでしょうし、その使ってくださるお店のために渾身的になるでしょう、きっと。

 

コーヒー豆は生き物じゃないですけど、大切にして貰える場所で、そして輝く現場で活躍してほしい、それが焙煎したものの親心です。

 

だから、価格先行の業務用卸しの相談には応じません!

キザかもしれませんが、僕は僕のコーヒーで沢山の人の喜びや笑顔を作ることを目標にしてますので、業務用卸しに関して価格だけで選ばれるのは心外です。

 

愛情込めて焙煎しているコーヒー豆を愛情込めてお客さんに淹れてくれる人に使ってもらいたいです。

 

そういうことなんですね。

たぶんこれを読んでくださっている皆様には関係のないお話ですが、今一度自分の心持ちを整理しておこうと思い、今回は書きました。

 

いや、あの別に、怒ってないですからね(笑)

 

そんな事を考えさせられた出来事のお話でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

たくさんの発見

 連日 詰めないといけないことや いろんな不安もあって 少し疲れがたまってきたかな・・・と

記事を読む

光は影をおとす

プロローグ 昨日の晩、酒のつまみにツイッターをふふーーんと鼻歌まじりに閲覧してたら、ふとス

記事を読む

接客の合間を縫って

仕事の合間をぬって  こつこつとブログ しかも長文を書いていたのですがいざ投稿キーを押した

記事を読む

no image

流行り

 最近 銭湯がマイ流行りである サウナで汗だくになって 露天風呂であービバノンノ 風呂上が

記事を読む

チェンジ!

 ということで チェンジしました 車が故障してしまい しかも他の箇所をなおしたトタンの故障

記事を読む

すべてはその笑顔に

 35才 独身 心身それなりに良好 プライベートのことはあまり書かないようにしていますが

記事を読む

no image

のんべんだらり

 毎日のんべんだらりと日記を書いている 書いていることは取るに足らないことばかりだ 日記を

記事を読む

飛べ!速く 強く 高く

 夢を夢を夢を~夢を勝ち取ろう~♪漫画 プロゴルファー猿のオープニングテーマがぐるぐる頭の

記事を読む

ほんまにそやなぁ~

  本や冊子など 心にとまった言葉を記録している 「しまノート」を読んでいるとこんな言葉を

記事を読む

島珈琲で男を上げろ!

 高槻店で使っている焙煎機 ステンレスシリンダーの誠号ピーキーな奴で ちょっとしたことで味

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
「美味しい」と「楽しい」は直結している

昨晩は家族でたこ焼きパーティでした。 新調したたこ焼き器、キレイな球に

店頭で一番聞かれるコーヒーのこと

日曜日は岡町本店の営業日でした。 初めてのお客さんは、なぜ日曜日だけな

おうちコーヒーで、これはあって欲しい道具

朝6時に起床し高槻店へ行き、そして車に荷物を積んで岡町本店へ。 岡町本

完璧を目指さない

島珈琲には高槻店と岡町本店にそれぞれ焙煎機があり、2台所有しています。

職人さんの芸術的技術に触れる

本日も昨日に続き、店前の屋根の修繕工事をしています。雨が長く降ると、壁

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑