*

焙煎度合いの違うコーヒー豆のブレンド なぜしない?

公開日: : coffee, 焙煎アーティスト

最近、眠れない。
と言っても、深刻な悩みを抱えているわけでもなく、いや、まぁ、その経営における悩みはつきないですが、今は寝れないほどのものはありません。

 

そうか、これは年齢からくるやつだな。
カミさんと話していて、カミさんも同じやわ、と言い、歳のせいやな、で笑っていたのですが、夜中に何回も目が覚めて、朝起きる時間までは寝てるのか、起きてるのか、よくわからない時間が過ぎて目覚ましがなる。

 

だから、お昼ごはんのあとはちょっと眠気が襲ってくる。
困ったもんですね。

 

まぁたぶん、皆さんも同じようなことを背負っていると思います。
でも休みの日に昼寝するのは、なんか時間が惜しくてできないんだなぁ。笑

 

さて、今回はブレンドのお話。

 

 

同じ焙煎度合いでも銘柄によって豆色が違う

 

コーヒーは観察するとほんとうに面白いし、奥が深いです。
例えば、マイルドブレンドのブレンド花はブラジルとコロンビア、そしてタンザニアを混ぜ合わせています。

 

同じ焙煎度合いですが、混ぜ合わすと色合いが揃っていません。
タンザニアのコーヒー豆は色合いが濃いですが、コロンビアは色合いが浅く、混ぜるとまんだらになっているようにも見えます。

 

ですが、味わいは揃っていますので、ご安心ください。

 

同じ焙煎度合いでないコーヒー豆を混ぜ合わすと、豆色は濃いもの浅いものがあり、これは明白なまんだらになります。

 

まんだらとは、関西の方便(たぶん?)になるのかな、色合いが揃ってなく入り乱れていることを、まんだらやなぁって言いますが、もしかすると今や絶滅危惧種の言葉かもしれませんね。笑
仏教用語でのマンダラとは関係ないと思います。

 

島珈琲が焙煎度合いの違うコーヒー豆のブレンドをしない理由

 

2つの焙煎度合い、中焙煎=ミディアムハイロースト=中煎りと、深焙煎=フルシティロースト=深煎り(中深煎り)を僕がブレンドして商品化しない理由は、単純に口の中で味わいがばらつくから。

 

そのばらつきが、味わいの表現にもなりますので、決してそれが間違いとかダメとかではありません。

 

ただ僕は、自分の作りたい味わいが、それではないのですね。
深焙煎と中焙煎をブレンドした時、それをドリップして飲むと、口の中で一つにならない感じがするのです。

 

なので、作らない、という単純なところなんですね。
あくまでも、僕は、のお話です。

 

僕自身がその味わいを気に入らない、から作らない、だけのお話なのです。
ブレンド花を作るのに、各コーヒー豆を計量し混ぜ合わせていて、そんなことを思い、今回はブログに書きました。

 

ブレンドも芸術と一緒で、何を、どんな自分を表現したいか、なのです。

 

それでは、このへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
Avatar photo

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

1粒1粒不良豆を取り除いて

本日、月曜日は僕のお休み。 高槻店は定休日で、岡町本店は日曜日だけのお店なので、月曜日は僕自身の休暇

記事を読む

時間が経って味わいが深まるコーヒーもある というお話

両親に温泉旅行をプレゼントし大阪池田・不死王閣の旅館に一昨日から昨日と泊まり、おかげ様でゆっくりとさ

記事を読む

深焙煎と中焙煎 同じグラムでも見た目の量が違うのはなぜ?

こんにちは!焙煎アーティスト 島規之です   昨日はお休みを頂き 家族と友人の

記事を読む

それぞれのコーヒーにあうケーキってありますか?

結婚するまでは家でコーヒーを飲む、ということはあまりありませんでした。   お

記事を読む

味覚の仕事をしている方にオススメ!シャボン玉せっけんハミガキがいい!

実は僕、9年前くらいになると思うのですが、下顎に腫瘍ができて取り除く手術をしたのです。 &nb

記事を読む

カップに残る甘い香りの余韻も楽しんでください

昨晩、眠りの中でうっすらと腕が重いなぁ、と感じる。 夢の中の出来事か、それが現実か、よくわからない狭

記事を読む

乾杯から愛を語る

かたい絆に 思いをよせて 語り尽くせぬ 青春の日々 時には傷つき 時には喜び 肩をたたきあった

記事を読む

質問!いつもドリップするとふわっと膨らむのですが、しみる感じで膨らみません。淹れ方がよくないの?

今回は兵庫県美方郡で但馬牛の繁殖をされている、島珈琲のお客さんの田中一馬さんからのご質問におこたえし

記事を読む

一刀両断できない!切っても切れないコーヒーと水の関係

プロローグ コーヒーと水は切っても切れない関係です。 水に流して・・・と言いますが、コーヒーはそ

記事を読む

島珈琲の未来図

昨晩、帰りが遅くなったのですが、娘は起きていて、何やらモジモジした様子で僕に近づいてくるではありませ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
力を抜くことも

本日は月曜日ですので、岡町本店・高槻店共にお休みで、僕自身のお休みです

キャッシュレス決済で多いのは?

本日は日曜日ですので、日曜日だけが営業日のお店、豊中は岡町本店に来まし

その存在で励ましをくれる人

昨日、向こう1年使用するブラジルコーヒーのサンプルが届きました。 すぐ

送風の操作で味わいの微調整を

昨日は1日に何回かパートをわけて、焙煎機のバーナー部分のメンテナンスを

月イチのバーナー部分のメンテナンス

今朝、商社さんに電話して注文をしたんです。 そしていつもの様に情報収集

→もっと見る

PAGE TOP ↑