*

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。

 

いつも日々のパターンとして、朝 お店に来たら焙煎機のスイッチを入れて暖機している間に、掃除と段取りの一部をすまし、そして焙煎。

 

焙煎が終わると開店前のお掃除を。
開店前に時間があれば、発送のパッキング、10時に開店後も発送が終わってなければ引き続き。

 

そして終われば、ブログを書いて日常業務に移る、こんなパターンで書いています。

 

前日にブログのネタを思いつかなければ、ギリギリまで考えていますが、今回は書く時間になっても思いつかなかったので「カクゴ」について。

 

どうしたん?なんかあったん?
いえいえ大丈夫です、まぁちょっと聞いて下さい。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

 

いよいよです

僕のコーヒー本がいよいよ発売になります。
もうすぐか、GWの連休明けになるのか、ちょっと微妙なところですが、販売が間近なことは間違いありません。

 

出版社さんが今、最終チェックをしてくれているところです、告知はもうちょっと待って欲しいとのことでした。
なんかドキドキしますね、アマゾンから発売されますので、もうちょっとお待ちくださいね。

 

そして、カクゴのお話。

本の発売が決まり、真っ先にに頭に浮かんだことは、この先どんなレビューが書かれるのだろうか、ということがでした。
良いことばかりではありませんよね、感想って。

 

どんなことを書かれるのか、ヘビー級のパンチのような強烈なダメージの残るレビューだったらどうしよう、もし傷ついたとしたら僕の心は耐えることができるのだろうか、そんな不安が真っ先に襲ってきました。

 

こう見えても、ってどう見えているかわかりませんが(笑)、結構弱いのですよ、僕。

だからカクゴ–覚悟–が必要なんですね。

 

楽観的な境地は悲観のこえたところにある

本だけではなく、こうしてブログやツイッターなどSNSなども一緒です。
どこかで何かを言われるかもしれないですよね、良くも悪くも。

 

それを気にしてたら書くことはままならないですよね。

 

文字だけではなく芸術だってそう、表現するものは全てですよね。
コーヒーだって、同じ。

 

批判されることを恐れていたら何も手にすることはできないし、それを避けて無難な道を選んだって一緒のことですもんね。

 

僕の中で好きな言葉があるんですね、それが「楽観的な境地は悲観のこえたところにある」この言葉です。

 

これの意味は、悲観を通り過ぎそして超えたときに、楽観的になれるということなんですが、どういうことかというと、まず悲観的なことを受け入れてしうまうのです。

 

今回の本の場合もそう、もしかしたら批判的なレビューがあるかもしれない。
沢山の自分の想いとは相反する言葉が並ぶかも知れない、悪い結末とマイナスを想定してそれを受け入れてしまうのですね。

 

そして、いろいろのマイナスを覚悟して受け止めたら、「うまくいかないかもしれない、それでもいいや」
って、そうして結果を気にしないようになれるのかな、と。

 

悪い結末を考えて、受け入れて、マイナスを覚悟して、そしてその悲観を超えて、楽観的になる。

 

そして最後に、でも大丈夫、と根拠のない自信をもつ。

 

覚悟を決めて、そして楽観的に生きる、決して簡単にできることではないですが、僕はこうしてそれを新しいことに向かう時の心構えにしています。

 

今回はそんなカクゴのお話でした。
いつもありがとうございます。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

あんパンチ!

 昨日はお休みを頂きまして 身体も心もリフレッシュしてまいりましたやっぱり週一回はきちんと

記事を読む

no image

にっか

 しばらく前から カフェBeがある施設からパソコンを貸してもらえるようになったので 時間が

記事を読む

白浜会議

昨日から家族で実家に泊まっております 実家からは 岡町本店まで歩いて行ける距離 今日は娘がお弁当をも

記事を読む

島珈琲で男を上げろ!

 高槻店で使っている焙煎機 ステンレスシリンダーの誠号ピーキーな奴で ちょっとしたことで味

記事を読む

焦げた苦味は本来持つ コーヒーの苦味ではないのだ

プロローグ 先日、お客様に「コクはあって欲しいけど、苦味はあまりいらないんです。そんなコーヒーあり

記事を読む

ドライ

 蒸し暑くなってきましたね いかがお過ごしですか? 僕はいきなりクーラーにやられています

記事を読む

島珈琲 シンプルに経営を考えていく

島珈琲高槻店を開店する前から考えていたことなんですが、そろそろそれを実行に移そうとおもっております。

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆たちをバンドで表現してみたら、こうなった

プロローグ 今月は島珈琲オリジナル・リキッドアイスコーヒー「フルーティなアイスコーヒー」300本分

記事を読む

ブログ

このブログを続けて 1200と六十数回の記事になりました 最初のころは20件くらいのアクセス数しかあ

記事を読む

わんわんわん

カレンダーを見て 数えてみた 最後に休みをとったのが 2月11日 3月4月5月・・・・ 明日 111

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ブログはお店の売上げにどんな影響をあたえるか

困っている方や悩みがある方に、一番に思いつく人でありたいですよね。

水だしコーヒーの粉の挽き目 どんな感じにすればいい?

散髪に行ってきました。   実は僕、開業してから

疲れているときは変わるコーヒーの味わい

大阪北部に地震があり、6月20日から7月15日までお休みなしのぶっ通し

コーヒー抽出器具、何がもっとも使われているのか

暑いですね。 禁句だと分かっていても、ついつい挨拶と同じ感じでこの言

アイスコーヒー できるだけ氷を溶かさずに急冷する方法

今週は嬉しいことがあります。   先日の大阪北部

→もっと見る

PAGE TOP ↑