*

ペーパードリップでの「蒸らし」のコツを書いてみた

物事を始めるのには、たいていきっかけがありますよね。
誰かのを見て始めようと思った、とか。

 

誰かのを見て、かっこいいからと思ったから。
誰かの形あるものを見て、自分も同じようなものを作ってみたいと思ったから。

 

様々だと思います。

 

島珈琲が開業したのは2002年。
翌年くらいにはインターネットでの今のブログの前身、島珈琲のコラムを始めました。

 

それは「さかもとこーひー」さんがコラム プロのつぶやき というのを書かれていて、自分も同じようにやってみたい、と憧れたから、だったのです。

 

そのコラムではマーケティングの事も書かれていて、僕がマーケティングに興味を持ったのも実は「さかもとこーひー」さんのそれからでした。

 

なぜ、そんなことを書いているのかというと、つい先日ツイッターで、その「さかもとこーひー」の坂本さんから僕のツィートにコメントがあったのです。

 

びっくりでしたよ!あこがれの人から突然コメントがあるなんて。
ほんともう舞い上がってしまいました。

 

近々、さかもとこーひーさんのコーヒー豆をまた注文してみて、いつの日かのように勉強しよう、そんなことを思ったSNSでの出来事でした。

さかもとこーひー さんのHPはこちらです。

http://www.sakamotocoffee.com/

 

SNSはそんな偶然というか、予期せぬ方からのお言葉があるので、つくづく楽しいなぁと思ったりしています。
皆さんはどんな経験をされたことありますか?

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

そのコメントがあったツィートはこちらです

 

 

 

ペーパードリップにおける蒸らしのことについて、さらさらと書きました。
思わぬ反応があってびっくりしてます。

 

せっかくなので、このツィートにもう少し説明を加えていきますね。

 

蒸らしとは正確には「予備湿潤」と呼ばれます。
なんか一気に難しい感じの漢字(親父ギャグではない)になりますよね。

 

蒸らしは何の為にするのかというと、コーヒー豆の繊維を一旦お湯で湿らせて開かせるのが目的です。

 

開かせて旨味が出やすい状態にさせてから、注湯(ドリップ)して良い味わいを抽出する、ということなんですね。
つまり人間でいう準備体操みたいなものです。

 

プロ野球選手やスポーツ選手は、いきなりゲームに入るわけではないですよね。
ゲームや試合の事前に、練習やウォーミングアップをしてから、その運動の本番に入るわけで、蒸らしもコーヒー抽出の本番に入る前のいわば、ウォーミングアップと理解してください。

 

蒸らしのコツとは

まずツィートの写真を参考にしてくださいね。
鮮度がある豆を使用すると少しお湯をかければ、ぶわっー広がるのでそれを利用します。

 

蒸らしはあくまでも湿らすだけです。
できれば抽出しない方がいいので、ドリッパーの下に1滴も落ちないのが理想ですが、それはあまりにも難易度が高いです。

 

ですので少々は落ちても構いません、でも落とさないように、という気持ちだけは忘れないでくださいね。
優しくお湯を粉にのせる感じで注いでみてください。

 

粉が膨らむ、膨らまないはテクニックではありません。
コーヒー豆の鮮度の問題で、粉にして時間が経つとその膨らみは少なくなります。
そもそもコーヒー豆に鮮度がなければ(焙煎してからかなりの時間が経てば)、粉にしてもお湯をかけても膨らみません。

 

こういうことから、鮮度の良い豆から粉にしてすぐドリップした場合の時と、粉で買ってきた方への説明はじゃっかん異なります。

 

お店で粉で購入した方は膨らみが少ないと思います。
ですが同じように、同じくペーパーにはお湯がかからないようにしてください。
粉を湿らす程度のお湯をドリップしてくださいね。

 

よく問題になるのが、蒸らしの時間。
蒸らしが完了を見極めるタイミングはあるのですが、そのタイミングは結構わかりにくいので、30秒という時間での目安を僕はお伝えしています。

 

蒸らしだけでもまだまだ書けちゃうのですが、終わらなくなるので今回はこの辺でキーボードを打つ手を止めたいと思います。

 

コーヒーはほんとうに色々と奥が深いですよね。
だから楽しい、だから惹きつけられるのでしょうね。

 

また長くなってしまいました(笑)
それでは今回はこの辺で。
蒸らしのお話でした。

 

ごきげんよう。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

1杯ドリップするより、複数杯一度にドリップする方が濃い味わいになるのはなぜ?

成長する娘 コーヒーの仕事にちょっと興味を持つ? 昨晩は娘が昆虫の本を一緒に読もう、というので、布

記事を読む

深煎りと中煎りと同時にドリップをすると、どちらが早いか?

プロローグ 今回の記事は、けっこうどうでもよい記事なのかもと思っておりますが、まぁそんなこともある

記事を読む

コーヒーの抽出器具の手入れ洗い方はこうすると良い

プロローグ 昨日、朝日新聞の朝刊の大阪地域版に島珈琲を紹介した記事が載りました。  

記事を読む

どうしてドリップは円を描くようにするのか

どうして円にするのか。 取り立てて考えたこともなかったのですが、ブログのネタを何にしようかなぁと思

記事を読む

コーヒー1杯分は何ccが正解?

昨晩は、高槻店終了後、台風の影響で停電になっている豊中の実家へ行きました。 高槻からバイクで40分

記事を読む

ペーパーフィルターの起源 そしてそれは、人々の生活にどんな影響を与えてきたのか考えた

いつもブログを書くときは、その日に書いた記事をその日にアップする、ということにしています。 &

記事を読む

ホットコーヒーの豆(粉)を買ってきました アイスコーヒーにも使えるの?

高槻は久々の晴天となりました。   しばらく雨が続いていたので、今週から幼稚園

記事を読む

ドリップコーヒーの美味しさは優しさで作られているもの

僕はほんの少しの時期でしたが、ボクシングをしておりました。   スパーリングも

記事を読む

アイスコーヒー用のコーヒー豆はホット用に使うのは邪道か?

さて大型受注を頂きました、短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPAN COFFEE こんな

記事を読む

ペーパードリップのペーパーの違いでどんな味わいの変化があるの?

ご家庭でコーヒーを淹れるのに多く採用されているのがペーパードリップ。 紙で濾しコーヒーの粉が液体に

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
値打ちを再度かみしめて頂く情報を

おかげ様で島珈琲高槻店は、この11月21日でまる6周年となります。

島珈琲の先を見る

今年の高槻は6月に地震があってから、大雨、猛暑、台風と自然災害の多い年

コーヒーにもある発酵した味わい

発酵したものといえば、味噌とかお漬け物、納豆それから醤油もそうだし、お

コーヒーの苦味について考える

子供の時に苦いモノ、ビールだとかコーヒーだとか、何でこんなに苦いものを

コーヒーの酸味について考える

酸味と聞いて何が思い浮かびますか?コーヒー以外に。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑