*

こんな時に便利!なコーヒードリップバッグ

昨日はお休み、午前中はフリーだったので図書館に行ってきました。
こちらのツィートをどうぞ。

 

 


障がい者雇用や制度について、僕もちょっと勉強していこうと思いまして本を借りてきました。
活動をより躍動的にできるよう、少しずつ知識を増やしていきますね。

 

そして、そうなんです。
心理学とか哲学、そして思想のことがとっても好きで、今回はスルーしようと思っていたのですが、ちょっとだけと覗けば、やっぱり読みたくなって借りてきちゃいました。

 

老子の本から手を付けてしまったのですが(笑)、やっぱり老子の言葉は勉強になりますね。
今から2400年もの前の話だとは、とても信じられないくらい今でも十分にその思想、考え方は役に立つものですね。

 

学生の頃もっと勉強しとけば良かった、と思わずにはいられないですね。
でも今からでも遅くない、よし勉強しよう。

 

2400年前にもしコーヒーが存在して飲まれていたなら、この文の出来上がりは変わったのだろうかな、なんて思いながら続きを楽しみに読んでいます。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

こんな時に便利!なコーヒードリップバッグ

 

さて島珈琲で作っているオリジナルドリップバッグは3種類。
白いパックのマイルドと黒いパックのビター こちらは1杯分8グラムを細挽きにして、味わいがしっかり出るようにしております。

 

 

 

そしてこちらのスコットブレンドは3つの中でも一番深焙煎コーヒーで、1杯分は12グラムでこちらも細挽きに。
ですのでしっかりと濃い味わいです。

 

 

 

で、こちらのドリップバッグ。
一番の用途は贈り物が多いです。

 

ギフトですね、お誕生日やちょっとしたお返しやプレゼント、御中元御歳暮や、結婚式で配ったり、お祝いのお返しなどなど、贈答品として使って頂いているのが圧倒的に多いです。

 

もちろんご自宅用で使われる方も。
器具も入らないし、超美味しいコーヒーが、飲みたい時にシュッとしてパッと出来ちゃうのでとても楽ちん。

 

プレゼントはこんな時にいい!

 

贈る方がコーヒー好きなのは知っている。

 

でもその方が家で、どうやってコーヒーを楽しんでいるのかわからない、豆からか粉からか、ドリップかコーヒーメーカーかそこまでわからないけども、コーヒーが好きなのは確か、美味しいコーヒーを差し上げて喜んでもらいたい。

 

お客さんからお聞きして、こんな場合なら迷わずドリップバッグをオススメします。
なんせシュッとしてパッと出来上がるから、手間いらず。

 

頂いても困らないし、携帯にも便利なのでどこでも楽しめる。
贈り先様がそれを持ってお友達のところに行き、沢山の笑顔に溢れて楽しまれたりする。

 

使い勝手が良いので、重宝されています。

 

島珈琲 島規之が焙煎して、そして工場に送り一個ずつ香りも閉じ込めて、パック詰めしてもらっています。

ということで最近、人気うなぎのぼりの島珈琲オリジナルドリップバッグについて、ちょっと書いてみました。

 

1人の時のちょい飲みにももってこいですよね。

それでは。

 

さぁ老子、読もう!
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーシロップ無糖がショートしそうです!

さて、本日はマーケティングの師匠である藤村正宏先生のオリジナルブレンド、スコットブレンドの発送準備で

記事を読む

トイレにコーヒーの粉を置いているんだが

コーヒーの焙煎が終わると、ハンドピックという作業を行います。 本来はハンドソーティングという言葉が適

記事を読む

情熱のコーヒーマン

 ブラジルのコーヒー豆 ニュークロップ(新豆)が入荷しました ブラジル アルトアルグレ パ

記事を読む

コーヒー豆の銘柄につく「AA」とか「SHB」とかは美味しさを表す記号でない

この日曜日には、コーヒーシロップ加糖の仕込み焙煎を行います。 早朝から48キロの分の焙煎、4㎏×12

記事を読む

いつも飲むコーヒーの味わいは体調のバロメーター

僕は夏生まれなので、夏に強い、暑さに強い、と思っていましたが、そうではなくなってきたのか、それは歳せ

記事を読む

なぜコーヒーに砂糖を入れるようになったのか

基本的に僕は、コーヒーをブラックで飲みますが、やっぱり疲れている時なんかは、生クリームと砂糖を入れた

記事を読む

陶器とプラスチック どっちのドリッパーがどうなのか?

次の月曜日は奥さんの誕生日です。 奥さんの大好きな焼き肉を御馳走しようと思ってます。 &nb

記事を読む

ペーパーフィルター、僕は湿らす派です

先日、岡町本店の暖簾を作るのに高槻店の常連さんと、打ち合わせをしました。 京都の風呂敷の老舗会社にお

記事を読む

コーヒー豆はバリボリ食べられるのか?

僕は昔、ボクシングを少しかじっていまして、その期間は短いものでしたが、スパーリングなどもしてました。

記事を読む

カンタンに淹れることができるコーヒー器具はどれ?

プロローグ 高槻は朝晩が涼しくなってきました。 今年の夏は暑く、けっこうこたえましたね。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
高槻店のテイクアウトドリンクメニューにカフェインゼロコーヒーが追加されます!

昨日はお休みで、カミさんと125ccのバイクで二人乗りし、守口にあるヤ

好きなことならどんどん磨きをかけられる

本日、月曜日は僕のお休み。 高槻店は定休日、岡町本店は営業日が日曜日だ

何も書くことがないときは

いや、あの、書くことがないわけじゃないんです。 身体が疲れすぎて、頭が

何歳まで焙煎していられるだろうか

どうしたん?なんかあったん? いえいえ、特に何かあったわけではないんで

どうして僕はコーノ名門を使い続けるのか

ゴールデンウイーク前からのバタバタと、母の日ギフトなどのギフトの段取り

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑