*

回帰して、そしてまた巡る

先日、島珈琲のホームページをスマホ対応のフレキシブルなんとかにする相談を、もう10年以上のお付き合いのある、まころ企画の牧田さんとその打ち合わせをしていました。

 

今のホームページは僕自身 気に入っているので、そのまま移行させようとも思ったのですが、次に大幅にテコ入れするのは、また随分先になるだろう、ということもあってリニューアルすることを決意。

 

えいや!とローンの用紙に判子を押しました。

フルモデルチェンジに近いマイナーチェンジを施すことになります。

 

その時にまころ企画の牧田さんとお話していて、ホームページの流行の話になりました。

 

HPのコントロールパネルっていうのでしょうか、アクセスとかプロフィールとかタップするところね、それが現在は左側にあるのが流行なんですって。

 

5年前は右にあるが流行だったそうで、インターネットが今のように誰もかれも当たり前になる前の黎明期は、左だったことを記憶しています。

 

あぁ流行はグルグル回るもんなんだなぁと思って聞いていたんです。
では、コーヒーはどうなのか。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

大きい流れを見てみると

 

僕がコーヒーの業界を見始めた時から考えて、やっぱりスターバックスが日本に1号店を出したことが、近年コーヒー業界での大きな波だったとように僕は感じてます。

 

エスプレッソマシンとバリスタが注目され、日本のコーヒー業界もそこから一気に速度を上げて変化をしていったように僕は感じています。

 

そして、スタバの登場でコーヒーのある生活に「おしゃれ」がくっついた。
カプチーノという飲み物がアートになった。

 

今までコーヒーを「見て」楽しむことは器くらいだったと思うんですが、そこに「デザイン」、絵が描かれそれでお客さんを楽しませることができるようになった。

 

僕のような個人の焙煎屋さんはというと、1990年代は店名に付くのは自家焙煎、珈琲工房というのが割と流行っていましたが、今はロースターと店名に付く事が多くなっているように思います。

 

淹れ方もドリップ→エスプレッソ&ドリップにスターバックスが日本に来てから、様子がそう変わっていった、そう風に僕の目には映ってきました。

 

またその影響で、僕もエスプレッソにも興味を持ったうちの一人でした。

 

そして現在は

 

ブルーボトルコーヒーが日本へ来たの影響もあるのか、最近ではハンドドリップをよく目にするようになりましたし、そしてドリップの器具も進化し、種類も増えました。
もちろんドリップもまた進化して。

 

おうちでコーヒーを淹れる方が多くなった、そんなふうに受け止めています。

こうして見てみると、流行はコーヒーも同じくグルグルと回っている、エスプレッソ前はドリップで、そして今またドリップに脚光が浴びている。(ように思ってます)

 

もちろん流行に関係なく、ずっとエスプレッソを追求しているお店または人、同じくドリップを追求しているお店または人、は変わらずいているわけで、その流行があろうがなかろうが、たんたんとそれに打ち込んでいる人に周期を経てにスポットがあたるようにもなっている、世の中うまいことできてますね。

 

ただしグルグル回っている流行も、それぞれに進化して深化して。
次にくる流行は、どんな成長をして何がくるのか、楽しみにしている僕であります。

 

どの世界の流行もグルグル回帰してるんだなぁ、をコーヒーに置き換えた、ややどうでもいいお話でした。

 

それでは。
いつもありがとうございます。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ドリップでアイスコーヒーを淹れる時のちょっとしたコツ

今、僕は真田太平記を読んでいます。 12巻あるうちの6巻を終了し、7巻に入ったところ。 &n

記事を読む

コーヒーの挽き方 中挽きって何?

プロローグ コーヒー豆を粉にする、コーヒー豆を挽く時に中挽きだとか、粗挽きだとか、細挽きだとか、一

記事を読む

手挽きミルの挽き目の調整のやり方のコツ

前回のブログで書きました、通販における送料の値上げの件。   一晩考えました、

記事を読む

チェンジ!新豆 今年のマンデリンが素晴らしい!

僕の日課は、糸井重里さんの「今日のダーリン」を読むこと。 文の構成や書き方が勉強になるし、書いてある

記事を読む

冷めた時にも「美味しい」と感じるコーヒーは正解!

前号では短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPAN COFFEE のことを書きました。

記事を読む

コーヒーのブレンドは何種類で組み合わせっているか

娘が宇宙に興味を持っています。 カミさんに買ってもらった宇宙図鑑を僕に見せ、昨夜、寝る前にいろいろと

記事を読む

ハンドドリップはルーティン化すると上手くなる

明日は娘の小学校入学式。 保育園の時、幼稚園の時、あっというまだなぁ。   たった数年のこ

記事を読む

コーヒー焙煎をお肉の焼き方で味わいを例えてみる

プロローグ どうもここ2,3日頭がぼぉーとしていて困ってます。 春だからか、もともとか、花粉だか

記事を読む

自家焙煎で独立して

 高槻に越してきてようやく1ヶ月が経ちました 「なれましたか?」 というお声かけをよく頂き

記事を読む

TANPANCOFFEEを美味しく飲むためのコツ

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPANCOFFEEが全国の皆さんの手に続

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
心の豊かさを考える

本日は月曜日なので、高槻店・岡町本店共に定休日ですが、今日は午前中焙煎

いいタンザニアのサンプルをもらいました

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中岡町本店にて営業してます。 高槻

高槻店・岡町本店はゴールデンウイーク期間中も通常営業です!

あっというまに桜のシーズンから、次は新緑が薫る季節へ。 もうすぐしたら

コーヒー豆袋がパンパンになっている現象

金曜日は一人営業の日です。   高槻店はカミさんと二人で営業

来週は焙煎機メンテナンス週間にはいります!

娘は小学3年生になりました。 ついこの間、幼稚園に通っていたと思ってい

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑