*

コクのあるコーヒーを選ぶにはどうしたらよいですか?

公開日: : coffee , , ,

昨晩は友達と忘年会でした。
楽しい時間を過ごし、楽しいとうっかり飲み過ぎてしまう僕、ついつい遅い時間まで楽しんでしまいました。

 

楽しい時間はあっというまですね。
今朝も早起きで、昨晩は寝るのが遅くなってしまい、ハッとして起きました。(笑)

 

隣で娘が熟睡していたのですが、僕が家を出るときに起きたようで「父ちゃん、いってらっしゃい」と。
何気ない一言ですが、その何気ない一言に元気をもらい、また今日も頑張ろうと言う気持ちになりますね。

 

忘年会で年末年始を乗り切るパワーを、娘からは今日を頑張る一言を。
ありがとうと感謝して、今日がスタートしました。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

コクのあるコーヒーを選ぶにはどうしたらよいですか?

 

深焙煎(深煎り)または中焙煎(中煎り)に関係なく、コクのあるコーヒーというのはそれぞれにあります。
どうしても深いコクというと深焙煎の方がイメージしてしまいますが(僕だけかな?)、中焙煎のコーヒーにもコクのあるコーヒーはあるのですね。

 

コクのあるコーヒーとは、プロ用語だと「ボディ感がある」と言います。
コク=ボディ、という感じですね。

 

ワイン用語ですとフルボディとか言う表現と似た感じでしょうか。

 

そのコクのあるコーヒーですが、これはどのコーヒー豆にも同じようにあると言うわけではなく、コクがあるものそうでないものとあります。

 

島珈琲のラインナップではコクのあるコーヒーは、中焙煎ですとタンザニア、時季によってはコロンビアも。
深焙煎ですとマンデリン、グァテマラ、コロンビア。

 

ブラジルなどは島珈琲の場合、中・深ともに、コクはあまりないタイプかなと。

このように産地によってコクのあるない、強い弱いがあるのですね。

 

それをどうやって選ぶのか

 

お店によってはチャートがありますが、コーヒーってチャートがあっても分かりにくいものですよね。
飲み物の味わいを言葉や他のモノで表現するって、難易度が高いですよね。

 

あとは人によって味覚が違うので、僕にはそう感じても他の方にはそう感じない、そういうこともありますよね。

 

それを言っていたらどうもなりませんので、どうしたらよいか。
やっぱりお店の人に聞くのが一番です。

 

島珈琲の店頭では、お客さんがどんどん聞いてくれるので、聞いたことを僕が経験したことや、今までの頭の中にあるデータと照らし合わせて、お客さんのお好みをお探ししています。

 

料理のお好みや、飲み物お好きなモノなどもお聞きして、すりあわせていくのですね。

 

そうしてコクのあるコーヒーをお渡ししております。

 

その時季によってコクの強い銘柄の豆が入荷していたり、状況に応じて、です。
なので聞いてもらえると嬉しいです。

 

ネット通販の場合はメールで聞いて頂いても大丈夫ですので、お好みの味わいを知りたいときはお気軽にメールしてくださいね。

 

それでは年末に向かって、何事にも愛情込めて頑張ります!
コクのあるコーヒーを選ぶにはどうしたらよいですか?のお話でした。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

そもそもコーヒー焙煎とは、なんなのか?

プロローグ つまりコーヒー焙煎とは、男の浪漫 なんちって。 こんにちは 焙煎アーティスト 島規之

記事を読む

味の変化

高槻店の焙煎機を使い始めて10ヶ月あまりが経ちました僕の焙煎機のシリンダーは従来の鉄製でなくステンレ

記事を読む

焙煎と技術

 僕が思うに焙煎の技術とは マシンを知ること 原料を知ること が非常に大事ですが 一番大事

記事を読む

そうだったのか!喫茶店ででてくるお冷やの役割とは

プロローグ カフェや喫茶店に行くとお冷や、お水ですね、出てきますよね。 その役割について今日は記

記事を読む

「いい加減」じゃなく 「良い加減」のいい加減

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 島珈琲の高槻店で近々「チー

記事を読む

産地によって違う味わいをどう表現するか

来週の3月5日月曜日、高槻市五領公民館でコーヒー教室を開催します。   その中

記事を読む

いつもの豆が切れた!プロはどんなふうに同じ味わいを作るのか

コーヒー豆はご存じの通り、植物のタネです。   豆と言っていますが、それは「コ

記事を読む

コーヒーを美味しく飲むために、1番大事なこと

プロローグ 最近、同じような内容のことを書いているような気がするなぁなんて思っていますが、気にせず

記事を読む

コーヒー豆の鮮度って何なのか?

プロローグ 来年にコーヒー本を出版するため、原稿を毎日コツコツ書いています。 そんな中でコーヒー

記事を読む

コーヒーのブレンドの作り方は2種類あるんです。

プロローグ 大阪は暑くなってまいりました。いかがお過ごしでしょうか? 夏本番に向けて、リキッドア

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー抽出器具、何がもっとも使われているのか

暑いですね。 禁句だと分かっていても、ついつい挨拶と同じ感じでこの言

アイスコーヒー できるだけ氷を溶かさずに急冷する方法

今週は嬉しいことがあります。   先日の大阪北部

アイスコーヒーを美味しく作るコツ

さて、先日なんと北海道で島珈琲のコーヒー豆を使い、コーヒーを提供してく

夏はやっぱりアイスコーヒーの豆が一番売れるのか

島珈琲高槻店の道路を挟んで向かい側のビル、その2階に「アトリエ ステッ

目指すはどこ?島珈琲社会貢献部の行方

6月20日以来、あの地震が起きてからお休みがありませんでした。 です

→もっと見る

PAGE TOP ↑