*

ペーパーフィルター、僕は湿らす派です

先日、岡町本店の暖簾を作るのに高槻店の常連さんと、打ち合わせをしました。
京都の風呂敷の老舗会社にお勤めのお客さん、高槻店の玄関の暖簾もお願いしたのですが、いい仕事してくれはるんです。

 

高槻店の毛氈も。
やっぱり仕事って、頼みたい人に頼めるってことがありがたいなぁと思うのです。
安心感が違いますもんね。

 

岡町本店の暖簾も、すんごくいい感じで出来てくると思います。
しばらくは暖簾なしで営業しますが、暖簾がかかればまた引き締まって、違う味わいがでてくるので楽しみです。

 

また暖簾がかかった時のお店の写真、こちらでもアップしますね、お楽しみに。
さて、ブログは前々回からペーパーフィルターのお話になっていますので、せっかくなので今回も。

 

 

僕はドリップする前に、ペーパーフィルターを濡らします

 

家ではコーヒーメーカーでコーヒーを淹れていますので、その時はペーパーフィルターは濡らしていません。
ですが、お店ではカップの上に直接ドリッパーを置いて、ハンドドリップしてコーヒーを抽出しているので、その時はペーパーフィルターを濡らします。

 

まずカップの上にドリッパーを置き、そしてペーパーフィルターをセット。
そしてコーヒーの粉が入っていないドリッパーの上にペーパーフィルターがあり、そこにお湯をまず注ぎます。

 

全体を湿らす感じで、そしてカップの半分くらいになる量を目安に。
湿らす理由の一つは、ドリッパーと下にあるカップを温める目的。

 

その二つが冷たいと、抽出するコーヒーの温度も下がってしますよね。
カップ湯せんのような役割ですね。

 

理由のもう一つは、ぺーパーフィルターがドリッパーにピタッと密着することで、ドリップする時に粉を狙いやすいから。
ペーパーフィルターがひらひらしていると、なんか気になりませんか?
僕は気になるので、湿らせて密着させたいのです。

 

においを取るという理由もあるみたいですが

 

ペーパーフィルターは読んで字の如く「紙」ですよね、紙は湿気やニオイを吸収しやすいので、保管には気を付けてくださいね。
上写真のように、外気に触れないよう密閉できるタッパーやジップロックに淹れるなどして、外気を遮断して湿気やニオイを吸収しないようにしてください。

 

ペーパーフィルターにニオイがついていると、ドリップする時にそのニオイがコーヒーの抽出液に移り、味わいにダメージを与えることがあります。

 

お湯でペーパーフィルターを濡らし流すとニオイが消える、落ちる、とは聞きますが、そもそも保管の段階でニオイや湿気を吸収しないようにしておくことがベストでしょう。

 

僕も最初ペーパーフィルターをお湯で湿らすのは、コーヒーのお師匠さんがそうしてやっていたから、僕もそうしてやり始めて理由は後付けになるのですが、ペーパーフィルターを濡らすとハンドドリップがやりやすいから、が僕の濡らす理由の1番だと思ってます。

 

ということで、参考になれば嬉しいです。
それでは、土日も素敵なコーヒータイムをお過ごしください。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ええ豆タンザニア入荷しました

昨晩はダッシュで帰宅。 といっても、バイク通勤ですのでいつでも、安全運転のダッシュなのですが、気持ち

記事を読む

コーヒーの粉は冷凍保存でどれくらい持つのか?

プロローグ コーヒー豆を粉にしたものを購入しました。 保存はどうされていますか? &nbs

記事を読む

コーヒーはスープだった

ちょっと何か変わると、困ってしまいますよね。   ワードプレスを使って、ブログを

記事を読む

820ブレンド カフェラテ

  820ブレンド カフェラテ 黄金比8:2 牛乳8に対してカフェラテ小町2で割ると とっ

記事を読む

きめ細やかさだよ 人生は

プロローグ 今朝のツイッターにこんなことを書きました 「生き残る生物は強い生物ではなく 環境の変化

記事を読む

アイスコーヒーは淹れて直ぐ飲むべきか、寝かすべきか

食品学でいうと、コーヒーも淹れてからできるだけ早く飲む方が良いとされています。  

記事を読む

アレンジコーヒーって何?それに合うコーヒーはどれ?

プロローグ 昨日ですね、凄い方からメールがあって、なんか凄いことになりそうなんですが、今はまだお話

記事を読む

僕にもコーヒーのことで分からないこともある

プロローグ いろいろコーヒーのことをブログで書いて、また店頭でもいろいろ聞かれたらできるだけお客さ

記事を読む

旬のコーヒーをどう選びブレンドする?月替わりの季節のブレンド

人と人に相性があるように、またコーヒーにも相性があります。   今回この相性は

記事を読む

マグカップはコーヒーカップ2杯分

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中岡町本店に来て、店頭に立っております。 先日、聞かれたのです。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
中煎りのコーヒー豆での、アイスコーヒーも美味しいで

今日の高槻は3月にしてはかなり暖かい気候となっています。 今朝は6時半

ブラジルはナチュラルです

今朝の賄いコーヒーは、中焙煎ブラジルでスタート。 高槻店に居る時は、ほ

金属系フィルターは粗挽きの方が良いの?

コーヒーミル(グラインダー)にも、細挽きに強いタイプ、粗挽きに強いタイ

中煎り・深煎り、それぞれの魅力とは

島珈琲では、中焙煎(中煎り)と深焙煎(深煎り)と大きく2つの味わいに分

4月、高槻店のテイクアウトコーヒーにメニューが増えますよ!

昨日はお休みを頂きました。 午前中は高槻店の床のモップがけとエアコンの

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑