*

ブレンドはどんなイメージを持って合わせているのか

公開日: : coffee ,

コーヒーのブレンドを説明するときに、よく用いるのがこの例え。

 

例えばブラジル・コロンビア・タンザニアの3つのコーヒー豆の銘柄を使いブレンドを作るとします。

 

これをバンドとして考えてみるのですね。
ブラジルはボーカルとギター、コロンビアはベース、タンザニアはドラム。

 

ひとつの楽器はひとつ音色で素晴らしく、その音色を聴かせてくれます。
バンドというのはいくつかの音色を複合して、新しい音楽、新しい曲になりますよね。

 

シングルオリジン(ストレート)は一つの楽器なら、コーヒーのブレンドはバンド、捉えるのは味覚と聴覚の違いがあれど、わかりやすい例えだと思っておりますが、いかがでしょうか。

 

ブレンドというのは、組み合わせて新しい味わいを創造し、それが表現されているコーヒーなのですね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

足りないところ補っていく

 

例えば島珈琲の定番ブレンド、ブレンド花は、ブレンドの名前はいろいろと変わってきた過去がありますが、開業当初から、ブレンドの内容は大きく変わることなく今日に至ります。

 

現在では、全て中焙煎(中煎り)のブラジル50%コロンビア25%タンザニア25%の割合で、配合を決め、ブレンドしてます。

 

なぜこの配合になったのか。
島珈琲のコーヒー豆のラインナップには、11種類の銘柄が揃っています。

 

あの豆とこの豆をブレンドすれば相性がいいけども、これとそれは相性があまり良くない、とかブレンドするにもコーヒー豆の相性があるのですね。

 

そのことを踏まえて配合を整えていきます。
配合すれば味わいがケンカしたり、逆に補い合って素晴らしい味わいになったり。

 

相性を探りながら、個々では足りない味わいをブレンドすることで補っていく、そんな感じです。

 

その相性は積み重ねてきた経験の中で知ったものであり、しかもそれは僕が焙煎してきたコーヒー豆だからこそ知っているわけで、どのコーヒーにも通ずることでもありません。

 

ですからブレンドはオリジナル性がすごく高い、ということなんですね。

 

何をどう補うのか

 

ブレンド花の場合、ブラジルがベースになります。
配合率が一番高いものがベースと呼ばれるわけですね。

 

ブラジルの舌触りのなめらかな味わいをベースとして、コロンビアの甘みが欲しいのでコロンビアをプラスし、でもこの2つだけではちょっとコクが足りないので、タンザニアの持つコクをここで表現してもらいたいのでタンザニアを配合する。

 

なめらかで甘みがあって、しかもコクがある、そこに爽やかな酸味が加わり全体的にマイルドで飲みやすい、優しい味わい、これが僕の作りたいブレンド花なんです。

 

この中の一つの銘柄、例えばコロンビアはナリーニョ地区のものを使ってますが、ショートして別の地区のものになるとします。

 

それだけでも全体のバランスは変わってきますので、その時は配合を少し変えて、味わいを整えます。
こういうことがあまりないようにしたいので、出来るだけ使う素材は年間使用量をある程度キープしてもらうように、お願いしております。

 

ブレンドの話だけでも深いので、コーヒーってほんとうに奥が深いなぁとつくづく思います。
少しでも知ってもらい、あなたのコーヒーライフが僅かでも楽しいものになってもらえたら、僕は嬉しいです。

 

それでは、今回はこのへんで。

 

焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

少し寒くなると濃い目のコーヒーが欲しくなるのはなぜ?

最近、テレビの取材の電話が相次いでいます。 どうしたんだろ?島珈琲なんかあったのかな? &n

記事を読む

恋もコーヒーも ちょっと冷めた時に見えてくる

今朝はモカでも飲モカとおもい 中焙煎のマイルドタイプの エチオピアモカを頂いておりました 僕

記事を読む

季節の変わり目に選びたいコーヒー豆

プロローグ 僕は大阪の高槻で生活をしております。 大阪と京都のちょうど真ん中くらいの位置で、都会

記事を読む

ドリップをしていていつもと違う!その原因は何?

プロローグ このブログはお客さまに質問を受けたことを取り上げることが多いです。その場だとどうしても

記事を読む

豆売りの味 喫茶の味

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です ここのところ コーヒーの味の調整に苦悶している(笑)

記事を読む

フレンチプレスは粗挽きがいいの?

粗挽きというと、何をイメージされますか? 僕は粗挽きソーセージとか、コショウとか、ですね。

記事を読む

なぜいつも同じ味のコーヒーにならないのか。

ブログは序破急で構成しております。 3部構成ですね。   徐々に始まり、本題に入って、急速

記事を読む

産地によるコーヒーの味の違い

たまには コーヒー屋さんらしくコーヒーの記事を 書こうと思い みんなどんな事が知りたいのだろうか と

記事を読む

生産国の地域による味わいの違い

こう暑いとビールが進んでしまう僕です。 実はお酒が大好きです。   晩酌はビール、そしてお

記事を読む

あの芸能人のTANPAN COFFEE の品質はほんまにすごいぞ!

    あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんから、「TA

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
いいモノを作りたいとき 心の状態も大事

先日、家に帰ると食卓の上に、娘からの手紙が。 開けてみると、父ちゃんい

プロのコーヒー用語では、苦みがある酸味があるはネガティブなんです

明日は月曜日ですので、僕自身のお休みです。 高槻店は定休日、岡町本店は

コーヒー豆を販売したい!何か許可は必要なの?

最近続けていろんなご相談を受けます。   その方の近くにコー

目立てへんけど、すごいヤツ

昨日の井上尚弥選手のボクシングの試合、観ました? すごかったですね、テ

ドリップして、どうしても苦みの出がきつくなる時の原因

先日、お客さんからご質問をお受けしたので、今回はその回答をブログに書い

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑