*

20年前、ハワイ島のコーヒー農園で学んだこと

島珈琲岡町本店をオープンさせたのは、2002年3月29日でした。
もうすぐで19周年に。

 

岡町本店をオープンする前に、ハワイ島のコーヒー農園で通算6か月弱ですが、働く機会がありました。
ほんとにすべてが新鮮で、僕のコーヒー人生に大きな影響を今も与え続けています。

 

実際、経験した事は、農園もコーヒー栽培もいろいろと進化しているので、現在のコーヒー栽培においてはもう古いものとなっているかもしれませんが、それでも栽培から収穫、そして精製から最後の包装まで、産地でコーヒー生産からコーヒー生豆の出荷までの一通りを生で経験したことはかけがえのないものとして、僕の中で生きています。

 

久しぶりに頭の中に、あのハワイ島のコーヒー農園の映像が出てきたので、今回はその時のことを書いていこうかなと。

 

 

イメージが容易になった

 

ハワイ島のコーヒー農園、その農園で働く移民したフィリピン人やメキシコ人の方々一緒に、コーヒーの実の収穫や、草刈、肥料やりや剪定などいろいろやりました。
言葉はほとんど通じてなかったけど、楽しかったです。

 

コーヒーの栽培における全て、とは言いませんが、多くを経験し、そして収穫したコーヒーの実の皮を抜き、タネを取り出し、洗い、発酵させ、乾燥し、脱穀して、サイズをわけ、手選別し、そして袋に詰める。

 

この一連の作業を産地で生で経験することで、例えば商社さんから世界各国のコーヒー豆の情報を頂いて、どういった栽培や精製をしているのかという説明を受けるとき、すぐに頭の中でだいたいのイメージできるのですね。

 

ですから、焙煎もこういう風にしたらいいかなぁって、調理まで、焙煎ですね、すぐに直結できることですね。
味をつくるものにとっては、ほんとうに有利だと思ってます。

 

体験、以外にもいろいろ自分が変わることがあった

 

ハワイ島で住ませてもらって、自分の身の回りの荷物は少ない方がいいなぁって思いました。
身軽にシンプルに生きようと。

だから僕の家には、僕の自身の荷物はほんとうに少ないです。

 

それから、なんとかなる、という自信を持ちましたね。

言葉が通じなくても、心の部分で通うことができると、なんとかなるもんだと自信がつきました。
お店をやっていく上で、経営していく上で、たくましさをここで学んだと思ってます。

 

しんどいことも多く、右も左もわからない、そして経験した事のない仕事の連続の中でしたが、特に今の時季くらいになるとフワッと脳裏にあの光景が浮かび上がり、懐かしさにしばし浸ります。

 

あの時に勇気を出してトライした自分を褒めてあげたいです、よくやった、よく踏み出したと。
今、こうして美味しいコーヒーをお届けし、皆さんを笑顔に出来るのも、あの経験が大いに役に立っているからこそ。

 

何事も経験だなぁ、なんて懐かしい話を今回はちょっとさせてもらいました。
コーヒーの花の一斉開花が忘れられないですね、あたり一帯はジャスミンのような香りでいっぱいに。
白い花はまるで、コーヒーの木の葉っぱに白い雪が乗っているように見えるんです。
綺麗でした。

 

また見てみたいなぁ、なんてふと思う僕でした。
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー農園で働いたことが、今の僕にどんな影響を与えているのか

先日、朝日新聞の取材を受けました。 大阪地域版のちょっとした自分物紹介をリレーしているコラムのよう

記事を読む

ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社会貢献部の話です。 「高槻店

記事を読む

僕が働いたハワイのコーヒー農園でつかんだこと

僕がハワイ島へコーヒー栽培のボランティアへ行ったのは、もうかれこれ16年前のこと。 ホームページで

記事を読む

僕が見たコーヒー農園からのハワイの風景 vol.1

プロローグ 僕がハワイ島のコーヒー農園へボランティアで働きに行ったのは、2001年のことでした。

記事を読む

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、2001年。  

記事を読む

オールド・コナの起源

オールド・コナと聞いて、一体どれ位の人が反応するかなぁ、と思いつつキーを打っております。 &n

記事を読む

ハワイ島のコーヒー農園で働いて、今でも良かったなぁと思うこと

ハワイ島のコーヒー農園で働いたのは、今から19年前、2001年の1月。 もう19年の月日が経つのか、

記事を読む

ハワイ島でのコーヒー栽培体験、コーヒーの実の収穫は大変なんだよの巻

スマホのアルバムを開き、写真を見ていました。 コーヒー生豆を卸してくれている、商社さんからもらった

記事を読む

僕が見たコーヒー農園からのハワイの風景 vol.2

プロローグ vol.1   お待たせしすぎました!vol.1を書いてから続き

記事を読む

どこの農園で働いていたの?

先日、お客さんとハワイのお話で盛り上がったんです。   「どこの農園で働いてい

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
焙煎にかかる時間はどれくらい?

高槻店は川口ビルというビルの1階にあります。 2階はカモシカ雑貨店さん

来年のお正月3が日はお休み頂きます!

毎年、お正月の3が日は高槻店は営業していました。 しかしです。 &nb

閃きは動いているからこそ

本日は月曜日でお休みです。 高槻店は日曜日・月曜日が定休日。 岡町本店

暖色と寒色

本日は日曜日ですので、早朝に高槻店で荷物を積んで岡町本店で降ろし、営業

お店のBGMは「川のせせらぎ」です

高槻店のBGMは下写真のCD「川のせせらぎ」を流しています。 このCD

→もっと見る

PAGE TOP ↑