*

ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。

 

島珈琲社会貢献部の話です。
「高槻店で障がいを持った方の働くのお手伝いができるかもしれないねんけども・・・」

 

僕は奥さんが障がい福祉のお仕事を高槻店で今後したいということに対して、不安な言葉を発するのではないか、そう思っていたのです。

 

だって奥さんは福祉の経験ないし、僕だって初めての時はよくわからなかったので不安でした。
でも奥さんはたった一つだけの条件で、それをすることにほぼ同意してくれたのです。

 

僕は奥さんを尊敬しました、いやほんとに、のろけているとかじゃなくて、人として。

 

そのひとつの条件とは、一度、一緒に仕事をしている、障がい者の働く場所を増やそうプロジェクトを掲げた、任意団体「障がい者の働く考えるLavoro」の代表の今井さんと僕と奥さんの3人でお昼ご飯でも食べながら、お話を聞きたい、というものだけでした。

 

今井さんとお会いしたことないから、と奥さん。

 

僕は奥さんと結婚してほんと良かった、僕の目は正解だった。

って、なんやねん!自分のブログで自分褒めてどないするねん!はい、すみません。

 

ということで、今回は素材を「見る目」のお話です。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

コーヒーは見た目で美味しいが分かるのか?

 

コーヒー焙煎豆に関しては、見た目で美味しいが分かるのかというと、ちょっと分かりにくいですよね。

 

プロから目線で言うと、全体を見たときにコーヒー豆の色がある程度揃っているか。
同じく大きさの均一さはどうか。
コーヒー豆の豆面のしわはどうか。
あとは見た目じゃないけど、香りですね。

 

これくらいしか判断する材料がないので、やっぱり飲んでみないと分かりません。

 

そうするとその原料である焙煎する前のコーヒー生豆は、どうやって良し悪しを見分けるのか。

 

コーヒー生豆は写真のように、コーヒーブラウンではなく濃い緑や白っぽい緑色をしています。
これを見て何を思うのか。

 

 

 

 

ハワイ島で経験したコーヒー豆になる全ての過程

 

コーヒー豆はコーヒーチェリーというサクランボのような、赤い実の中にあるタネを取り出しいくつもの精製の過程を通ります。

 

コーヒー豆も脱穀という作業があるのですが、その脱穀したすぐのコーヒー生豆の香りはフルーツそのものだ!というくらい香りの良いものです。
もちろん焙煎したコーヒー豆とは全く異質のものですよ。

 

そこからサイズ分け、そして不良豆(未成熟や虫食いの豆など)を除去します。
そうした経験から、素材の良し悪しというのが体験上身についたわけなんですね。

 

もちろん、産地によって豆の形状や色合いなどは違いますが、やっぱりハワイ島でコーヒー栽培から収穫そして精製までの1から10までを知れたことは、素材を見抜くというところで存分にその経験を生かせております。

 

最後はコーヒー焙煎をして、挽いて、ドリップして、味見になりますが、コーヒーになるまでの過程が長いので、そこまでである程度の美味しさを知る術は、僕達プロには必要なのです。

 

ですので、まず原料、コーヒー生豆の段階でその力を感じる力キャッチする力、これが必要となります。

 

お寿司屋さんが美味しい魚を見抜く目、と同じ様なものですね。
こうした経験が美味しいコーヒーに繋がっている、ということなんですね。

 

今回はちょっと知れば面白い、コーヒーの素材を見抜くお話をご紹介しました。

コーヒー生豆も見れば見るほど面白いんですよ。

 

良い経験ができたこと感謝。
その感謝を皆さんの喜びに変えて。
それでは。

 

もうあのコーヒー農園体験から17年、いつも心の中で経験は生きてます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

スペシャルティコーヒーのラインアップ

 コロンビア アンデスコンドル (ボヤカ) グァテマラ ラスローザスオークランド (サンマ

記事を読む

コーヒーを粉にして1年間冷凍保存したものをドリップした結果

プロローグ 島珈琲では、お客様が家で飲む為のコーヒー豆をご購入の際、都度計り、都度お聞きして粉にし

記事を読む

カフェの小道具 これ便利!おすすめミルクピッチャー

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   今日はカフェであったら お客様も

記事を読む

冷めたコーヒーを美味しくする方法はあるのか

プロローグ まだ残暑厳しい高槻ですが、少しずつ秋の気配を見せてきたところもあります。 &nb

記事を読む

焙煎?ドリップ?コーヒーの味わいはどこで決まる?

プロローグ 昨日9月24日からマーケティングの勉強をするために、エクスマ塾に通いだしました。

記事を読む

道具は大事にするからこそ 最高のパフォーマンスを見せてくれる

プロローグ 昔から磨くことが好きで いや磨いて輝きをみるのが好きなのかなぁ 小学生の頃は自転車 青

記事を読む

ガッツしまこーひー

 昨晩 お酒を飲みながら 次に出店する(といっても1年以上先の話ですが)ことを考えていたの

記事を読む

味覚って 年齢や性別で違うんです

 このブログで何回も取り上げてきたんですが島珈琲を立ち上げて12年 お客様の嗜好を知ろうと

記事を読む

何がどう違うの?カフェオレとカフェラテ

プロローグ 高槻店は夫婦で切り盛りしています。 奥様は以前は医療系、調剤薬局の事務員をしていまし

記事を読む

いよいよです

コーヒーシロップ無糖がいよいよです 新しいホームページがいよいよです コーヒーシロップ無糖の仕込みが

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
「香り」アップしました

コーヒーはなんといっても「香り」のものですよね。 実は僕、開業す

お店に立つ上でとっても大切なこと

      日

旬のコーヒーをどう選びブレンドする?月替わりの季節のブレンド

人と人に相性があるように、またコーヒーにも相性があります。 &n

通販のご注文に感謝

最近、娘が「どうしてママと結婚しようと思ったの?」と食卓を囲んでいると

億劫になる前に

最近、糸井重里さんのほぼ日刊糸井新聞の今日のダーリンを読んでいます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑