*

中焙煎と深焙煎のドリップでの膨らみ方はちょっと違う

昨日はお休み。
娘と公園で遊んできました。

 

公園の花壇を見ると、春の花がいっぱい。
パンジーだとか、あとは名前知らないけど。笑

 

花は咲く時期を見誤らないわけで、春に当然のように咲いていますけど、それってすごいことですよね。
花をじっと見て、心を癒されながら、そんなことを思ってました。
花ってすごい。
さて今回はドリップでのお話を。

 

 

中焙煎と深焙煎のドリップでの膨らみ方はちょっと違う

 

中焙煎=中煎り、深焙煎=深煎り、となります。
中焙煎はマイルドで飲みやすく酸味と甘みのある焙煎度合いで、深焙煎はどちらかというとコクと苦みを持ち味にそして甘みがある焙煎度合い。

 

同じ銘柄、例えば島珈琲ならブラジルはセラード・レッドカツアイという銘柄を使っており、双方の焙煎度合いでラインナップしていますが、同じ銘柄でも全く味わいが変わっております。

 

味わいも違いますが、ハンドドリップした時の感触とか粉の膨らみ方もちょっと違うのですね。

 

特に深焙煎をメインに飲んでおられて、ふと中焙煎のコーヒーをハンドドリップをすると、ややや!となります。
なぜか。
粉の膨らみ方や、お湯を注いだ時の感触がちょっと違うのですね。

 

それは、なぜか。

 

焙煎度合いで繊維や炭酸ガスの含有量が変わるから

 

中焙煎より深焙煎の方が焙煎時間は長くなります。
熱にあたっている時間が長い、ということは化学変化している時間も長いわけで、それによって香り成分でもある炭酸ガスが含有量が変わってくる、深焙煎の方が多くなっていると思ってます。(すみません、科学的な根拠はありませんが、膨らみ方が明らかに違うので、そう考えています)

 

あと繊維質の伸び。
コーヒーの豆は繊維質で出来ているので、それが膨らんで水を吸収しやすくなっている、そう考えます。
よって深焙煎の豆の方が、良く膨らみ、中焙煎の場合、深焙煎と比べるとちょっと水はけの良くない感じになるのですね。
蒸らし、1湯目の膨らみも中焙煎のコーヒー豆は深焙煎と違い、ぶわっとはなりません。
上品に膨らみます。笑

 

このことを頭にインプットしていれば、戸惑わないかと思います。
コーヒー焙煎度合いでの違いで、こんなこともあるのですね。

 

ドリップで粉が膨らんでいく様子は、まるで花のつぼみが大きくなるような感じですよね。
コーヒーの美味しさという花が、皆さんのお口の中でたくさん花開きますように。

 

それでは、このへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

コーヒーの美味しい順番は?

プロローグ コーヒーの淹れ方は難しいと言われ、美味しいコーヒーの淹れ方がクローズアップされています

記事を読む

点滴ドリップとは何か?

プロローグ 朝は早いめに仕事を開始して、夜は出来るだけ早く家に帰り、4歳の娘と遊ぶ時間と家族で晩ご

記事を読む

ペーパードリップ 使うペーパーによっても味わいは変わる

プロローグ 先日、新居へ引越をしました。 いつもの生活に落ち着きを少しずつ取り戻している僕です。

記事を読む

マグカップに直接ドリップして美味しく飲むコツ

今4歳の娘がいるのですが、最近なんというか気遣いができるようになってきたのですね。 「今これしたら

記事を読む

ハンドドリップの1杯どりと、2杯どり どちらが安定するの?

昨晩は焙煎機の煙突掃除をしました。 煙突の内部にあった径のブラシを突っ込み、ワイヤをジョイントしなが

記事を読む

コーヒーの上達への道は、まず好みを探すことから

ええっとですね、実は僕、島規之はもう1つブログを更新しております。 そうです、姉妹店のcafeBeの

記事を読む

ぺーパードリップとフレンチプレス どっちがいいの?

昨日はお休みでした。 家族で娘が観たいという、プリキュアの映画を観に行ってきました。  

記事を読む

コーヒーミルで粉にしたときに均一にならないのです

昨日は休日で、家族で有馬富士公園という場所に行き、娘に思い切り遊んでもらいました。 高槻から高速を

記事を読む

濡らしたらダメなの?ペーパードリップのペーパーは事前に濡らすのは○か×か?

プロローグ 今回こちらの記事もリライトになりますが、一から書き起こしていきますので書いてある内容が

記事を読む

ドリップのやり方で味を濃くしたり、薄くしたりする方法があるらしい!

プロローグ ブログのタイトルは大事だ。 見出しのところで読もか、読むまいかを決める。(人も多いは

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

一時的に高槻店に設置しました

本日、そして明日と発送が沢山となっております。 島珈琲ではホームページ

新価格は5月23日月曜日からスタートします

岡町本店に設置するために新しく購入したコーヒーグラインダー、コーヒーミ

若さとは

月曜日は定番の毎朝のツィート「よし、ゆこう」シリーズからテーマを取りエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑