*

ハンドドリップは昔と今で変化してきたのか

日曜日は、日曜日だけが営業日の岡町本店の店頭に立つ僕です。

 

と言っても、高槻店は僕と奥さんで。
岡町本店は僕だけで、なので僕が店に立つ事が珍しいような書き方ですが、そんなことはありません。

 

常にお店に立っております。

 

誰かに任して島さんは表(外回り)にでたら?とアドバイスを頂くことがあるのですが、コーヒー豆の専門店ではお客さんから多種多様なことを聞かれます、それに即答するのがプロですので、だからそう簡単にはいかないのですね。

 

そして手前味噌ですが、聞くところによると、僕に会いにくるとという目的も、有難いことにお客さんは持って頂いている様ですので、つまり僕がお店に立っている、ということが島珈琲の価値のようなのです。

 

感謝です。

 

現場大好き人間、一生現場で働いていたので、僕はお客さんのためにもお店に立ち続けて、焙煎を生涯続けて行く事が、人生の中での目標にしていることです、ってことはどうでも良いお話でした。

 

ハンドドリップは昔と今で変化してきたのか

 

特に最近、コーヒーを見渡せば、ハンドドリップがスポットライトを浴びているように感じています。

 

だからといってハンドドリップが最近出来た新しい淹れ方ではなく、歴史のあるドリップやり方ですよね。
ご存じだと思います。
それではハンドドリップの今と昔、どんな変化があったのでしょうか。

 

岡町本店は僕の書庫でもあるのですね。
古いコーヒーの参考書も本棚にいっぱいあります。

 

 

 

中には1970年代に発行された本も数冊あります。

それではその古い本のページをめくってみましょう。

ハンドドリップについて何が書かれているか。

ふむふむ、なるほど、そうか、と昔は読んでいましたが、今は頭の中に入っているので、さながら復習していることになりますね。

 

今と昔、書かれていること、説明していること、やり方は違うのか、というと正直あまり変わっていないようです。

きっと今でも通用することが沢山書いています。

 

もちろんハンドドリップにおいて、使う道具の種類は増えました。
ドリップポットやドリッパーの形や種類、ペーパーなどなど、昔に比べたら(と言っても20年前ですが)格段に今の方が種類は多くなっています。

 

今も昔も変わらぬこと

 

やっぱり愛情じゃないでしょうか、ね。

 

お料理と一緒で、作るだけを目的にしたらそれは単なるお料理ですが、そこへ誰かへの想いや、喜んでもらうために想いがあると、やっぱり何かプラスアルファ感じるモノがあると思うのです。

 

これを精神論だけで片付けてはいけない、料理の美味しさの一つだと考えています。

 

これからはどんどん機械、ロボットがコーヒーが淹れるようになってくると思います。
疲れを知らず正確無比で毎回同じ味を作り出すロボット。

 

ですが人間には毎回同じにならなかったり、微差を生じたりするけども、そこに「温度」がありますよね。
その温度は愛情だったり、優しさだったり。

 

ハンドドリップが昔から余り変わってないのは、こうしたことも美味しさに大事だから、必要だからだと僕は思ってます。

 

テクニックはもちろん大事。

 

それに想いを、人としての「温度」をプラスすることができれば、美味しいコーヒーはもっと美味しくなるのでは、と考えます。

 

これも昔から変わってないことだと島は考えます。

 

そうです、愛を込めること、これからも。

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

なぜ 円すいのコーノ式を選んだの?

島珈琲では、ペーパードリップのドリッパーはコーノ式をオススメしております。  

記事を読む

ハンドドリップで3つの気をつけたいこと

プロローグ 今年は、来年の本の出版のために原稿つくりに取り組みました。 今、3章に入った所ですが

記事を読む

ペーパードリップでの「蒸らし」のコツを書いてみた

物事を始めるのには、たいていきっかけがありますよね。 誰かのを見て始めようと思った、とか。

記事を読む

アイスコーヒーはなぜ深焙煎のコーヒーを使うのか?

プロローグ アイスコーヒーはなぜテカテカに光る深焙煎の苦めのコーヒー豆がいいのか? 深焙煎でない

記事を読む

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが、3月27日の火曜日 高槻店は

記事を読む

コーヒーメーカーとハンドドリップ、同じ味わいにならないのはなぜ

僕のフェイスブックのコメント欄に、タイトルのような質問をお受けしましたので、今回はこのテーマ、コーヒ

記事を読む

アイスコーヒーを作ったが氷を入れたら薄くなる。どうするしまこーひー?

プロローグ さて、今回の記事はお客様から頂いた質問についてお答えする記事です。 こんにちは 焙煎

記事を読む

ペーパーでコーヒーの味は変わるの?

以前にも書いたことですが、昨日お客さんに聞かれたので、もう一度書きなおしたいと思います。 リライト

記事を読む

コーヒーをお湯や水で割るってどうなの?

プロローグ あなたはコーヒーをお湯やお水で割って、コーヒーを飲まれますか? 僕はあります。

記事を読む

ハンドドリップの時のお湯の温度は計る必要はあるの?

このドリップするときのお湯の温度、のこともお客さんからよく聞かれる質問の一つです。 皆さんはどうさ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
「香り」アップしました

コーヒーはなんといっても「香り」のものですよね。 実は僕、開業す

お店に立つ上でとっても大切なこと

      日

旬のコーヒーをどう選びブレンドする?月替わりの季節のブレンド

人と人に相性があるように、またコーヒーにも相性があります。 &n

通販のご注文に感謝

最近、娘が「どうしてママと結婚しようと思ったの?」と食卓を囲んでいると

億劫になる前に

最近、糸井重里さんのほぼ日刊糸井新聞の今日のダーリンを読んでいます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑