*

ペーパーフィルターの起源 そしてそれは、人々の生活にどんな影響を与えてきたのか考えた

いつもブログを書くときは、その日に書いた記事をその日にアップする、ということにしています。

 

ブログもその時の書いた気持ちというか、魂というか、そういうのを載っかっているうちに、見てもらう方がいいかなぁなんて僕は思っております。

 

最近では、ブログを書く前に、糸井重里さんの「ほぼ日」にある今日のダーリンを読んでから取りかかります。

 

やはりですね、文才のある人の文を読んでからですと、上手な書き方が何となく頭に入るかなと。
真似するわけじゃないのですけど、もっと上手になるかなぁと思いまして、そんな習慣を身につけております。

 

ブログを毎日書いていると、思わぬ所でその書く力を発揮できたりして、驚くことがあります。
皆さんに喜んでもらうために書き、そして自分の力にもなっている、
「おぉこれは、一石二鳥ではありませんか!」などと思っております。笑

 

ということで、今日もなにがしコーヒーの事を。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

ペーパーフィルターの起源

 

ご存じの方が多いのか、少ないのか、ちょっとわかりませんが、ペーパーフィルターの起源、人々にその方法を広めたのはご存じ、あの「メリタ」なのですね。

 

メリタはドイツから始まったコーヒーメーカーなのです。

 

1908年にメリタ・ベンツさん(女性)が
「もっと手軽においしいコーヒーをいれて、最愛の夫に飲ませたい」
という思いから、いろいろ試行錯誤し、真鍮製の容器にろ紙をのせ、お湯を注ぐ方法を見つけた。
そして会社を立ち上げて、そのペーパードリップのシステムを世に広めていった

というわけです。

 

もっと詳しいことを知りたい方は、メリタさんのホームページをご覧くださいね。

 

http://www.melitta.co.jp/charm/history.html

 

ペーパーフィルターの歴史は100年以上となりますが、進化したとはいえ、基本は今でも変わらず、こうして多くの方に愛されるコーヒーの抽出方法を「最愛の夫に飲ませたい」からという理由で、その方法を考えたのは素敵なことですよね。

 

日本の人々の生活に、どんな影響を与えてきたのか考えた

 

やはりこの手軽さ、が一番ですね。
ペーパーが普及される前は「こし袋」つまり「ネル」コーヒー抽出の中心だったわけですが、ネルの取り扱いは不便でした。

 

その不便さがあるが故、美味しいコーヒーが出来るわけですが、しかし家庭へ普及する、となると、やっぱり手軽で便利の方が好まれるわけです。

 

それを解消したのがペーパーフィルターで、このシステムのおかげで家庭でコーヒーをいれて飲む人が増えた、と言えるでしょう。

 

それから進化して、金属メッシュのフィルターが出来たりして、現在に至るということですね。

 

ペーパーフィルターは家庭でコーヒーを飲む人に貢献したもの、と言えると思っています。
こうしたいろんな発明のもとで、僕たちが美味しいコーヒーが飲めていることに、改めて感謝ですね。

 

今回はペーパーフィルターの起源にせまってみました。
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

梅雨時期が近づいてきた!湿気に弱いペーパーの保存方法はこちら

リライトになります、「改めて書き直し」っていう意味ですね。 ペーパードリップする時に使うペーパー。

記事を読む

ご存じですか?コーヒーは濃いのが底に溜まっていることを

プロローグ コーヒーを生業にしているプロなら超当たり前の事なんですが、案外知られていないのがコーヒ

記事を読む

コーヒーを淹れる時、濃さの調節はどうしたらいい?

寒くなるとホットコーヒーがグッと美味しく感じますね。 身も心も温まりますね。  

記事を読む

僕がペーパードリップで大事にしている1つのこと

娘と日本むかしばなしを見ています。 夜はだいたい20時くらいに家に帰るのですね。  

記事を読む

ドリップとコーヒーメーカー、どっちが淹れ上手?

先日、映画インクレディブルファミリーを家族で鑑賞して、その映画館ではパンフレットが売り切れになってい

記事を読む

ペーパードリップでペーパー濡らすべきか否か

例えばヒマなときには全く気にならないのに、忙しい時に限って、あっここ汚れてるやん、とかホコリかかって

記事を読む

わりとすぐ出来ること ハンドドリップを安定させてする方法

このブログのいくつか前の記事で、僕がボクシングをしていたことに触れました。 ボクシングの構えでは「

記事を読む

ドリップコーヒーの美味しさは優しさで作られているもの

僕はほんの少しの時期でしたが、ボクシングをしておりました。   スパーリングも

記事を読む

マグカップに直接ドリップして美味しく飲むコツ

今4歳の娘がいるのですが、最近なんというか気遣いができるようになってきたのですね。 「今これしたら

記事を読む

長い期間ディスプレイしていたペーパーで、コーヒーを淹れたらめっちゃ不味かった件

プロローグ マーケティングの師匠 藤村正宏先生 公認のブレンド スコットブレンドを島珈琲がお取り扱

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
値打ちを再度かみしめて頂く情報を

おかげ様で島珈琲高槻店は、この11月21日でまる6周年となります。

島珈琲の先を見る

今年の高槻は6月に地震があってから、大雨、猛暑、台風と自然災害の多い年

コーヒーにもある発酵した味わい

発酵したものといえば、味噌とかお漬け物、納豆それから醤油もそうだし、お

コーヒーの苦味について考える

子供の時に苦いモノ、ビールだとかコーヒーだとか、何でこんなに苦いものを

コーヒーの酸味について考える

酸味と聞いて何が思い浮かびますか?コーヒー以外に。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑