*

円すいと台形3つ穴のドリッパーのそれぞれの良いところ

昨晩はドリップバッグの仕込み焙煎を10キロのコーヒー豆を焙煎し、翌日、今日ですね、に工場で一つ一つパックにしてもらうので、発送の準備を完了させました。

 

年末年始、ドリップバッグの詰め合わせのギフトが人気なんですね。

 

昨晩はその焙煎が終わってから帰宅。
娘がまだ起きていたので、いろいろと話をしました。

 

父ちゃんは何でお休みは月曜日だけなん?金曜日も休んだら?とギクッとする質問を。笑

 

いつかそんなことを言われるだろうなぁ、なんて思っていましたが、ついに!
いろいろ説明しましたが、納得したかな。

 

休みが少ないので、お休みの日はできる限り、娘といる時間を作ろうと改めて思った、そんな娘との会話でした。
旅行とかも沢山連れてってあげれるように、父ちゃん頑張るで!

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

昨日のツィートで

 

ふと思いついて、ツィートしたのですが、今回のブログはそれを少し詳しく書いていきますね。

 

 

 

円すい式と、台形3つ穴のドリッパーのそれぞれの良いところ。
コーヒー器具は、ほんとうにいろいろ種類が増えてきました。

 

お客さんに聞かれて、そんなんあるんですか!と聞き返してしまうような器具もあったりで、プロの僕でさえ知らない器具があるくらいです。

 

そんな中でも基本的なコーヒードリッパーといえば、台形3つ穴タイプ、世間一般ではカリタと呼ばれていますね。

 

それに対してここ10年くらいでしょうか、メジャーになってきたのが円すい式。

 

使うペーパーも、ドリッパーも形状は違います。

そのそれぞれの良さを簡単に説明しますね。

 

安定の3つ穴、遊びの円すい

 

台形3つ穴、カリタ式ですね、こちらは三つの小さい穴からコーヒーを沪過槽を通った、コーヒーになったお湯が落ちます。
円すい式と比べ、抵抗が多いので、そのお湯はとゆっくり落ちます。

 

注湯することで落ちるスピードを上げることもできますが、円すいほどではありません。
なので、お湯はある程度一定の落ちるスピードを保つことになります。

 

その幅が円すいとくらべ小さいため、円すい式と比べると出来る味わいがブレにくい、となります。

 

逆に円すい式は、注湯すればその分の圧力がかかるわけで、それが素直に反応することになります。
円すい式は、ドリッパーからペーパーが突き抜けていますので、注湯し圧力がかかると、その分すぐに反応して落ちるお湯のスピードが変わるのですね。

 

言葉を換えると、円すいはレスポンスがいいわけです。

 

ゆっくりすればゆっくり落ちる、はやくすればはやく落ちる。
自分でスピードを決めないと、味わいが安定しにくいところを持っています。

 

ただいろんな味わいを作れる、遊びがある、という点で円すい式は面白いです。

 

この2つのドリッパー、どちらを買うか迷った時、安定なら3つ穴、遊びなら円すい、という一つのものさしにしてもらえば、と思い書きました。

 

ハンドドリップを初めて挑戦する!って方は、台形の3つ穴タイプから慣れて、ステップアップして円すい式に行くと、いろんなことがわかって面白いと思う、のは僕の意見です。

 

参考になれば嬉しいです!

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

アイスコーヒーを作るのは、急冷か、時間をかけて冷やすのか、どっちがどっち?

現在、お店のいろんな契約が個人名義になっているので、法人の名義に変更するため、悪戦苦闘している、いや

記事を読む

ドリップの極意のうちの一つ

極意なんて書くと、柳生新陰流の必殺剣みたいな、なんかスゲー技なのかと思わせてしまうのですが、先にすみ

記事を読む

ハンドドリップの途中で、お湯が入っている粉をまぜまぜした結果

プロローグ ペーパードリップをする時、コーヒーポットを使いドリッパーの上に濾紙であるペーパーを敷き

記事を読む

アイスコーヒーに向くコーヒー、向かないコーヒー

昨晩は仕事で遅めの帰宅。 僕以外の家族はご飯が終わり、一人で晩酌をしながら楽しんでおりました。

記事を読む

女子がドリップコーヒーを淹れるのに大事してほしい3つのこと

プロローグ 最近、嫁さんがペーパードリップの練習を始めました。 といっても高槻店のオーダーを任せ

記事を読む

ご存じですか!こんなドリッパーがあったのです

先日、岡町本店での出来事。   「島さん、ブログのネタにと思って、こんなドリッ

記事を読む

家庭で使うコーヒー器具、何が一番よく使われているの?

家電量販店やデパート、それからショッピングモールなど、家族ででかけると必ず見に行くのが家庭用品売り場

記事を読む

ペーパーを濡らす派?濡らさない派?僕は濡らす派

  水掛け論とは、お互いに自説にこだわって、また自分に都合の良いことをばかり言って、

記事を読む

ドリップポットの選び方

ゴールデンウイークに突入しました。 高槻店は日曜日・月曜日が定休日はGW中も変わらず。 岡町本店も営

記事を読む

ハンドドリップをするときに上手にできる立ち位置を考えた

あなたは右利きですか、左利きですか? 僕は右利きなんですが、たぶん左利きだと思うのです。 &

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ブログとビオフェルミン

お客さんとビオフェルミンの話で盛り上がったのです。 昨日、日曜日は日曜

どうして島珈琲という屋号にしたか

ここ2,3日、娘が僕の布団を奪います。 実際には、奪われそうになる、で

やっぱり「おもい」が大切

ふと焙煎をしながら「思い」って大事だよなぁって頭に浮かび、そして考えた

過ぎたるは猶及ばざるが如し なのであります

今年の夏はまだ終わってませんが、暑かったですよねーと、お店でお客さんと

9月は閑散期 なので考える

お商売では昔から「にっぱち」と呼ばれる言葉がありまして、2月と8月は閑

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑