*

なぜ僕は「美味しいコーヒー」を作りたいのか

公開日: : 焙煎アーティスト

なぜ、僕は美味しいコーヒーを作りたいのか、なぜ焙煎が大好きなのか。
ただ単にお金を得るための仕事かというと、いや違う。

 

生活をして、家族を養うため、もちろんある。
だけど、それ以上にこのコーヒー焙煎という作業が好き、好きだから仕事にしちゃった、そんな感じです。

 

最近、そこを掘り起こしている僕です。

 

なぜ美味しいコーヒーを作りたいのか。
今回は僕の熱い思いになりそうなブログです。

 

少し寒くなってきたので、今回のちょっと熱っぽいブログで温まってくださいね。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

焙煎したてのコーヒーを初めて口にした時のこと

 

それはたぶん19歳くらいだったと思うのです。
友達の家で、友達のお父さんが焙煎してすぐのコーヒーを粉にして淹れた、そのコーヒーを頂いたんです。

 

ですから、24年前ですね。
今ほど新鮮なコーヒー豆は簡単には手に入らなかった、そう記憶しております。

 

そのコーヒーを口にした時、なんだこのコーヒーは!とすごく感動したのを覚えています。
透き通ったような味わい、香るコーヒー、そして何より雑味や嫌な味わいがない、今まで飲んでたコーヒーは一体何やったのか?

 

それくらい、僕にとって強烈なインパクトを残しました。
コーヒー豆を焙煎するという過程があることを知った僕は、それ以来、コーヒー焙煎を思うようになったのです。

 

そしてコーヒーマニアになり、淹れ方、焙煎に着手し、いつかに仕事にと思うようになっったのですね。

 

同じ感動を伝えたい それが美味しいコーヒーを作る理由

 

あの時の感動をみんなに味わって欲しい、というのが根底にありますね。
1杯の素晴らしく美味しいコーヒーが、僕の人生を左右させたわけです。

 

もちろん、人生を左右させるまでには行かなくていいのです、でも、わぁ美味しいなぁ、しあわせだなぁってそう思ってもらう、そんな時間を僕の焙煎するコーヒー豆でお届けしたい、のです。

 

自分が味わったような、あの感動を共有したいのですね、お客さんと。

 

ただ美味しいだけを求めているわけではなく、感動を共有したいのですね。

 

もちろん、コーヒーマニア時代はコーヒー豆の仕入れの価格なんて気にせず、自分の焙煎したいもの、自分の飲みたいコーヒーを、金額にこだわらず選ぶ事ができました。

 

でも、お店をすると経営が絡んでくるので、そこはいろいろと考えることがあり、価格などを無視することはできません。

 

素材選びの中で、そうした「価格設定」という柵もあったりしますが、その中で最高のコーヒーを焙煎する、焙煎でもっている素質の100パーセントを引き出せるように腕をみがく、そのために日々精進しているのですね。

 

そして、結果、お客さんから「美味しかった、ありがとう」その言葉が、僕たちにとって最高の報酬なのです。

 

美味しいコーヒーを作る、美味しいコーヒーを焙煎して作りたい、その理由は、その「美味しかった、ありがとう」という言葉に集約されているのでしょうね。

 

僕の焙煎するコーヒーで、素敵な時間を過ごして欲しい。
そのためにこれからも「美味しいコーヒー」を追求していきたい、そう思っております。

 

それでは。
いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ご存じですか?焙煎機は掃除しないといけないことを!

プロローグ そんなんしらんやん!と突っ込みを入れられるお題ですね。今日は焙煎機ってこんな感じで掃除

記事を読む

安定した味作り、その心がけは

実は人間ドックを受けた事ないのですね。 特定検診にしかり、受けとかなあかんなぁと思いつつ、先延

記事を読む

マグカップでコーヒーを楽しもう

プロローグ 日曜日はコーヒー豆の量り売り(すぐ粉にします!)のみのお店 そして日曜日だけ営業のお店

記事を読む

島珈琲の野望2017

親父は公務員でした。 コンピュータが好きで、まだあまり一般家庭にはない時にも僕の家には新しいパソコ

記事を読む

コーヒーの香りの強さは何によって違うのか?

昨晩、娘が幼稚園でもらってきたヨーヨーで遊んでいました。 それを見た僕は、突如スイッチが入ってしまい

記事を読む

コーヒーシロップ純情物語

プロローグ 明日、今年2回目のコーヒーシロップ無糖の252本分の仕込み焙煎をします。それがどうやっ

記事を読む

焙煎のことを考えて 昨日の記事より掘り下げてみた

日曜日にカフェBeのパートさん募集を 採用促進ウェブに出したところ 数件の 面接希望があり ほっ

記事を読む

お客さん目線になるということは、どういうことか

「焙煎アーティスト」とは何かの資格ではなく、登録商標したものなんですね。  

記事を読む

島珈琲のブレンドは音楽でいうと生演奏

プロローグ ヒントとというのは案外、誰かとしゃべっている時に発見するものなんだなぁとつくづく思う。

記事を読む

美味しさはメンテナンスによって保持される

島珈琲高槻店の焙煎機は、高スペックなのです。 まずはですね、バーナー、炎、熱ですね、この力がすごいの

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
限定ドリンク出来ました!今季はアイスオレンジティー

今回はカフェBeのことについて。 高槻店にこのメニューはありませんから

なぜお店ではミルクは生クリームを使うのか

関西ではコーヒーにつけるミルクをフレッシュ、と呼んでいます。 もしかし

古材を使った店づくり その良いところ

古材問屋の明木さんとの出会いは、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているカ

島規之 登壇します!5/14(火)エクスマセミナーにて!

はい。 とうとうやってまいりました。 といっても今回はコーヒーのお話を

中焙煎と深焙煎のドリップでの膨らみ方はちょっと違う

昨日はお休み。 娘と公園で遊んできました。   公園の花壇を

→もっと見る

PAGE TOP ↑