*

ハンドドリップでお湯の線を細くするのはなぜ?

ハンドドリップにおける技術的な話はつきないですよね。

 

器具の違い、ドリッパーの形状、フィルターが布、ペーパー、金属、お湯の温度、注ぎ方、ドリップする速度、ほんとうにいろいろありますよね。

 

どれが良いか、というのは正直、僕たちプロでもこれが正しい!と言い切れるものではないと思います。

 

その人によって、やりやすいやり方だとか、それで美味しく出来たやり方とかありますので、一概にこれが万人対する正解です!というのは、ないと思ってます。

 

僕自身もいろんな人のやり方を見て、それは本やDVDだったり、実際にお店に行きカウンター越しに見たり、そうしながら身につけ、更に取捨選択しながら自分にあう方法を身につけ、そして美味しさを引き出す方法を考えて現在に至ります。

 

なぜそうするのか、というのも後付するもことも多かったですが、とりあえず今のところは、このやり方と決めたやり方でドリップしております。

 

今回はそのドリップするときお湯は細い方がいいのか、というお話です。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

お湯は細いほうがいいの?

だいたいコーヒーの本や動画を見ていると、お湯を細くしてコーヒーの粉に注いでいますよね。
必ず細い方がいいのか、今回はそこを考えたいと思います。

 

コーヒーの濃度とは、お湯と粉の接触時間が長いほどコーヒーの成分がよくでます。

 

但し長くすればどんどん濃くなるのかというと、コーヒーの成分にも限界があるので、そのグラム、量ですね、量に対しての限界の濃さまで、ということになります。

 

お湯の細くしてゆっくり回してドリップする。
そうすると、コーヒーと粉の接触時間はどうでしょうか。
ゆっくり落ちることになるので、接触時間は長くなりますよね。

 

逆にお湯を注ぐスピードを上げ、お湯が太くそしてお湯の量がドリッパーに多くなれば、下へ圧力がかかり、コーヒーを沪過する速度は? そうです速くなりますね。

 

ということは、ゆっくりドリップすることで下にかかる圧力は小さくなるので、沪過するスピードはどうなるかというと、ゆっくりになりますよね。
ゆっくりなると、接触時間が増えてある程度の濃さがでる、ということなんです。

 

お湯を細くしてドリップすることとは、コーヒーの粉とお湯の接触時間を調整し濃度を調整している、ということになります。
そのためにある程度のお湯の細さが必要、となるわけです。
 

お湯は細ければ細いほどいいの?

といえばそうとは言えません。
1杯分をドリップするとき、4杯分をまとめてドリップするとき、時間のかかり方は4杯分方が時間は多く必要となります。

 

ここで1杯分をドリップするようなお湯の細さですると、時間がかかりすぎて逆に出て欲しくないコーヒーの成分も出てしまうおそれがあります。

 

ですので、4杯分をドリップするときはわりと太いお湯で、僕はドリップします。

 

細ければ細いほど良い、というわけではなく、その杯数にあったスピードもあるので、それを考慮した上でお湯の細さ太さを考える、ということになります。

 

この辺はある程度積み重ねて理解していくしかないので、細さ何センチ、太さ何センチと具体的には言いにくいところでもあります。

 

人によって言うことがバラバラなのがコーヒーの世界ですが、上にも書きましたように自分に合うやり方を取捨選択しながら、自分のやり方を見つけて頂き、コーヒーライフを楽しんでもらえたらなぁと思ってます。

 

僕のブログがその一助になれば嬉しいなぁと思って、毎日書いております。

 

それでは。
いつもありがとうございます。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

なぜ僕がコーノ式円すいドリッパーをおすすめするのか

今日はカミさんの誕生日。 ケーキを買って帰ろう思ってます。   両親にえらい迷惑かけたなぁ

記事を読む

エスプレッソの超極細挽きの粉をペーパードリップした結果

最近の僕のブログを書くパターンとして、序破急の3部構成で序はここの始まりのパートになるわけですが、日

記事を読む

ハンドドリップの途中で、お湯が入っている粉をまぜまぜした結果

プロローグ ペーパードリップをする時、コーヒーポットを使いドリッパーの上に濾紙であるペーパーを敷き

記事を読む

ドリップするお湯の温度は何℃が美味しいの?

プロローグ どうして、いつもいつもブログのネタがあるのか。 僕自身も時々不思議に思いますが(笑)

記事を読む

梅雨時こそ こうして欲しい!ペーパーフィルターの保管方法

春めいたきた様子がちらほらと。 所々に春の足音が聞こえだしてきました。   このところお天

記事を読む

ペーパードリップの時、プクッーと粉が膨らむのはテクニックでできる事なのか

プロローグ ペーパードリップはほんとにいろいろな事があって面白いですよね。 世界のコーヒー文化を

記事を読む

出汁をとる、出汁をひく をコーヒーの抽出に照らし合わせて考える

ここのところ僕のブログに登場回数の多い、セレクトショップ&カフェ テマヒマさん。 &n

記事を読む

ドリップの極意のうちの一つ

極意なんて書くと、柳生新陰流の必殺剣みたいな、なんかスゲー技なのかと思わせてしまうのですが、先にすみ

記事を読む

コーヒードリッパー メーカーによって何が違うのか?

プロローグ 前回の記事に続いて、今回もコーヒードリッパーのはお話です。 コーヒードリッパーにもい

記事を読む

ハンドドリップで大切にしていること

この先、11月、12月(12月はまだ予定ですが)、コーヒー教室の依頼があり、行います。 主催は僕では

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
焙煎中にイメージしているのはこんなこと

僕の中ではコーヒーの焙煎って、皆さんに分かりやすく例えると野球のボール

コーヒー豆・粉を保存する時に注意すること

昨晩は友達と忘年会。 実は僕、牡蠣が食べられないのです、が、今回は牡蠣

まずはウェブから!価格を内税表示にします

最近、娘が将棋にハマっています。 昨晩も一局指しました。  

教えるとは教えられること

昨日は高槻芥川町にある食のセレクトショップ&カフェ テマヒマさんで、ワ

やっぱり質問が多いのはコーヒー豆、粉の保存方法

店頭で販売する楽しさは、お客さんと会話すること。 だいたい天気や気候の

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑