*

多様性を認めた上で、僕はペーパードリップの味わいが好き

公開日: : coffee, ドリップコーヒー

昨晩は高槻店業務終了後、コンセントの増設工事でした。
その道50年のベテランの職人が来られ、黙々と仕事をされていました。

 

じっと見ているとやりづらいと思い、見えないところで座りその工事の様子の音を聞いていました。
と言いつつも、時々ウトウトしていましたが。笑

 

やっぱりね、音を聞いているわかりますね、仕事ぶりが。
ものすごく丁寧で、荒っぽくなく、そしてリズミカルに。

 

仕事の種類は違えど、ベテランの職人さんから何かこう感覚的なところを学ぶことができるので、こうした機会は大好きです。
出来上がりまでその箇所を見なかったのですが、やっぱり案の定、めちゃくちゃ綺麗に出来上がっていました。

 

良い職人さんの仕事を見ると、僕もやらなきゃって、何ってわからないけど良い影響をもらえます、感謝感謝です。
さて、本題に。

 

コーヒーを淹れる器具はいろいろあるけども、26年コーヒーの道を歩いてきた僕はペーパードリップが好きです、というお話。

 

 

多様性を認めた上で

 

先日、高槻店の隣にあるワイン屋さんに用事があって行くと、珍しいコーヒー器具をお持ちで見せてもらいました。
アメリカンプレスというもので、僕は知りませんでした。

 

いろいろあるもんですね、知らないものが多すぎるなぁ、もっと勉強しなきゃと反省です。
コーヒーを淹れる器具には様々なものがあって例えば、フレンチプレスやペーパーレスのドリッパー、金属フィルター系の器具、ネルドリップ、エスプレッソ、コーヒーメーカーなどなど。

 

どれもそれぞれに良い所があって、用途や好みで選んでいいと思うのですね。
どれが一番だ、ってのは個人で決めることで多数派・少数派ってのもあくまでも世間での物差し。

 

僕はペーパードリップが好きですね、コーヒーメーカーもぺーパーフィルターを使い濾すタイプが好きで、お店でも家でもペーパードリップでコーヒーを飲んでいます。

 

何が好きって、やっぱり透明感のあるところ。
フレンチプレスや金属系のフィルターはペーパーを使用しないので、コーヒーのうま味成分を直に出すことできますが、僕は長年コーヒーに携わってきて、ペーパードリップが自分の好みだ、というところに落ち着きました。

 

ネルドリップも好きです

 

ネルドリップも好きなのですが、管理に手がかかるので、それを簡略化したペーパーを使用しています。

 

ほんとにコーヒーって、焙煎度合いやコーヒー豆のポテンシャルでまず味わいが変わり、そして保存方法で変わり、そして淹れ方の器具で変わり、と様々なところで味わいが変わるので、それぞれの主張が一定でないと言うかなんと言うか、いろんなところで変化するので統一した評価を得にくい、と思ったりします。

 

だから結局、自分が美味しいと思うものが正しい、という結論に僕はなりました。(もちろん僕はプロなので、第三者からの目線でもきちんと見て判断してますのでご安心を)
あなたの美味しいコーヒーと思うものが、美味しいコーヒーだという正解なのです。
なんか禅問答みたいですね。笑

 

僕はペーパーフィルターを使用してコーヒーメーカーで淹れるコーヒーと、名門コーノ式円すいドリッパーと円すいペーパーを使って淹れた、島珈琲のコーヒーが大好きです。

 

自分が美味しいと思うコーヒーに、もっともっと磨きをかけて行きますね。
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ミルクを入れるとガラッと変わるコーヒーも

昨晩は高槻店が終了後、一度家に帰って車に乗り換え、高槻店でコーヒー生豆を積み岡町本店へ。 高槻店の焙

記事を読む

溶けた氷の水で薄まらないアイスコーヒーを作るのは、どうしたらよいか?

さて、大阪は暑く、夏の入り口にさしかかったそんな気候が続いています。 朝晩は比較的過ごしやすい気温

記事を読む

どうなる?マンデリンの行方

コーヒーが栽培される所謂、コーヒー生産国は赤道を中心に北回帰線と南回帰線の間にあり、その一帯をコーヒ

記事を読む

単品とブレンドの良さ、そして違いは何か

あまり音楽に詳しくない僕が言うのは何ですが、一人で歌うのは独唱=ソロで、二人ならデュエット、三人なら

記事を読む

コーヒーポットを直火にかけてお湯を沸かすのはどうなのか

新しいことを覚えるのは、歳を重ねると共に面倒になりますよね。 覚えたことを変えること、新しいことを

記事を読む

マグカップはコーヒーカップ2杯分

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中岡町本店に来て、店頭に立っております。 先日、聞かれたのです。

記事を読む

コーヒーの焙煎っていう言葉は浸透してるのか

プロローグ 僕がコーヒーの焙煎に興味を持ち始めた頃は2000年代に入る少し前、1990年の中盤でし

記事を読む

島珈琲オススメのコーヒー豆、NO1とNO2の差はなに?

コーヒー豆を見て、味を連想できるのは、プロかコーヒー好きのマニアさんくらいで、一般家庭で楽しむお客さ

記事を読む

器で味わいもまた変わる

12月に入ってから、通販のオーダーが増えました。 12月はコーヒー豆屋の一番の繁忙期、コロナの影響が

記事を読む

お待たせしました!【夏に先駆け 魁!アイスコーヒー塾!】を開催しまーす♪

プロローグ 昨日ふと思いついたんで開催したいと思います。 島珈琲久しぶりのコーヒー塾開催です。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コーヒーシロップ無糖の味わいをチェックした

今日は娘の誕生日。 10年前の今日、朝5時半くらいに病院で待っていると

お盆期間中は定休日変わらず通常営業です

本日、8月8日は月曜日ですので高槻店・岡町本店共に定休日で僕のお休みで

1杯淹てより2杯淹ての方が安定する?

昨晩、家に帰る前にカミさんから、娘がサプライズを考えてるからね、とメー

コーヒー豆は見た目で銘柄がわかるのか

人間50年 下天のうちをくらぶれば 夢幻の如くなり 一度生を得て滅せぬ

コーヒーの味をつくる焙煎機のダンパー

さぁ今日のブログのテーマは何しよ、とスマホの写真アルバムを見ていると、

→もっと見る

PAGE TOP ↑