*

島珈琲は深焙煎軍が僅かに優勢でございます

公開日: : coffee ,

昨日、ニュースを見ていると求人ポスターを映画のポスターみたいにすると、すごい反応があったという記事を読みました。
面白いですよね。

 

しかも、その求人ポスターが、またかっちょいい。
即座にマネしたいなぁと思いました。

 

島珈琲は求人はしていませんので、外にかけている垂れ幕をなんか時代劇風のポスターっぽくするのん、なんか楽しくない??と考える一人でワクワクしてしまいました。

 

新しい垂れ幕にしてから、そんなに時間が経ってないのでもう少し先の話になりますが、それでまでその計画を温めておこうと思ってます。

 

面白いことを考えるのは楽しいですね。

 

今回は、島珈琲のラインナップのお話。

 

 

新しい価格表を作りました

 

販売価格を外税表示から内税表示に変更するので、販売価格表も新しく作り変えました。
カミさんのお友達にとってもパソコンに詳しい方がおられまして、その方にお願いし、そしてカミさんがそのお友達の方に教わりながら、最終的にこの表が完成しました。

 

味わいのチャートを合戦の部隊の分布図のようにして、作ってもらいました。
深焙煎軍の総大将はブレンド風、中焙煎軍の総大将はブレンド花。

 

この2つを中心に、チャートを作りました。
そしてこうして見てみると、深焙煎軍の方がわずかに優勢な(笑)、分布図となっております。

 

僕が戦国時代の話が好きなので、こんな表を作ってもらったのですね。
見やすくそしてかっこよく作ってくれたので、とても満足しております。

 

ラインナップは深焙煎多め

 

島珈琲のラインナップは、深焙煎=深煎り が、中焙煎=中煎りよりも2品目多いカタチとなっております。
ブレンドで、深焙煎のブレンドが2つ多くなっていますね。

 

この表からわかるように、ご購入される割合もまた、深焙煎の銘柄の方が僅かに多いように感じています。

 

だからと言って、味わいの好みはそれぞれですので、たまたま島珈琲では深焙煎のお客さんが多いだけであって、中焙煎の味わいが支持されていないわけではないですからね。

 

僕自身はどちらかというと中焙煎の方がよく口にしています、これは好みですね。

 

まぁその、何が言いたいのかちょっとよくわからなくなりましたが、深焙煎のラインナップの方が僅かに多いですよー、ということをお伝えしたかった、というわけです。笑

 

引き続き美味しいコーヒーの香りの時間、お楽しみくださいね。
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

今年は更にコーヒーの味わいの安定を目標にして

三が日が終わりました。 今までは、元日が一番忙しく、日が進むごとに穏やかになっていくそんな感じでした

記事を読む

次はコーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎です!

昨晩、お風呂から上がってストレッチ体操した後、寝る前にYouTubeを見ていました。 EUのフォンデ

記事を読む

それ出来たら超新鮮!家でコーヒー焙煎はできるの?

プロローグ 家でコーヒー焙煎って、出来ますか? はい、やろうと思えばすぐできます。 &nb

記事を読む

コレステロールはちょっと多いくらいが良いの?

コーヒーは魔性の飲み物、みたいな感じが昔はあったように思います。   今は沢山

記事を読む

花は生き方を迷わない

最近 寝れない 目が覚めれば考え事をしてしまう そうなんです 1年に1度くらいの頻度でくるアイ

記事を読む

no image

冬の味覚

人間の味覚は夏と冬と つまり気温の差で 感じる味覚がちゃうらしい 夏は酸味を感じやすく 冬は苦味を感

記事を読む

カフェで使うコーヒーの味合わせを考えたとき

昨日は、今秋オープンするセレクトショップ&カフェ テマヒマ さんでお使いくださる、コーヒーの

記事を読む

高槻店のエスプレッソマシンはこれやで!

高槻店には、エスプレッソマシンがあります。 定価で200万円くらいしたはず、そして専用のコーヒーグラ

記事を読む

いつか日本でコーヒー豆が栽培できるようになる日がくる?

昨晩は久々に、ゆっくりと読書に時間を取ることができました。 ブログを書くためにはインプットも当然必

記事を読む

ブログを書き続けることは 何かメリットあるのか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 嫁さんとカフェをしながら表

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

一時的に高槻店に設置しました

本日、そして明日と発送が沢山となっております。 島珈琲ではホームページ

新価格は5月23日月曜日からスタートします

岡町本店に設置するために新しく購入したコーヒーグラインダー、コーヒーミ

若さとは

月曜日は定番の毎朝のツィート「よし、ゆこう」シリーズからテーマを取りエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑