*

ご存じですか?タンザニアというコーヒー豆を

タンザニア、どこにある国かご存じですか?
そうですアフリカ大陸ですね。

 

タンザニアといえばピンと来なくても、キリマンジャロと言えば、あぁあのとなるコーヒーですよね。
全てのタンザニアコーヒーがキリマンジャロなのかというとそれ違いますが、市場では概ねキリマンジャロコーヒーでまとめられている感じがします。

 

キリマンジャロとは山の名前で、コーヒー豆の名前にはよく「山」を使用しますね。

 

ブルーマウンテン・クリスタルマウンテン・エメラルドマウンテンなどなど、諸外国でもそうなのかどうかしりませんが、タンザニアというよりもキリマンジャロの方がよく知られていますよね。

 

そのタンザニアコーヒーについて書いてみました。
今回もちょっと旅行気分で読んでくださいね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

味わいはどんな感じ?

タンザニアはアフリカ大陸、ケニアの隣にある国です。
タンザニアの国土は広く、コーヒー豆の栽培もキリマンジャロの麓であったり、またキリマンジャロ山から少し離れた地区などでも栽培されています。

 

ですので、地区が違うと味わいにも違いがあるので、タンザニアコーヒーとはこんな味わいです!は言い切れず、ここにコーヒーの味わいにおける表現の難しさがあるのですが、とりあえず島珈琲ではこんな味わいだよ、っていうことをお伝えしますね。

 

アフリカらしいパンチのある味わい。

 

島珈琲ではタンザニアコーヒーは中焙煎=中煎りと少し酸味のある焙煎度合いで焙煎しています。
ブレンドで使うとコクを出してくれて、単品ではコクと酸味、コーヒーの液体にボリュームを感じるような味わいです。

 

キリマンジャロって酸味のコーヒーじゃないの?

いいえ、一括りにはできません。
良質な酸味があってなんとなくワイルドな味わい、キリマンジャロ=酸味の強いコーヒーといまだ根強く残っていますがそんなことはありません。

 

焙煎度合いにもよりますが、上手く個性を焙煎で引き出してあげるとそれはそれは優しく心地良い酸味を間もし出してくれます。

 

そしてアフリカらしいワイルドなコクがありますね。

 

このコーヒーを飲みながらその味わいから、アフリカのサバンナやキリンやシマウマの風景を思い浮かべることはやや困難ですが、タンザニアコーヒーを飲みながらサバンナにいる動物とその風景の写真を見ながらタンザニアコーヒーを口にするとそれっぽい雰囲気を味わえるかもしれませんね。

 

酸味はありますが、それが口の中に残る嫌な酸味ではなく、穏やかな優しく甘い酸味なので一度よければ試してくださいね。

 

どうしても先入観で捉えてしまいますが、飲んでみると意外にそんなことはなかった、コーヒーではこんなことがよくあります。

 

好きなコーヒーの種類が少しずつでも増えてもらえば、僕も嬉しいです。
素敵なコーヒーライフを送ってくださいね。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カフェで使える全自動コーヒーマシンを見てきました

昨日は月曜日ですので僕自身の定休日。 お休みの時間を利用して、なんと新潟からお客さんをお迎えし、ア

記事を読む

奥が深い

 どんなことでもそれ自体は単純な作業だが  突き詰めれば奥が深く ひとつひとつに深い意味あ

記事を読む

コーヒー豆を粉にした時の表面積のお話 ~だから粉の保存は冷凍庫~

先日、お客さんにコーヒー豆は1粒で何グラムですか?と聞かれ、頭の中の記憶の引き出しから、ダダッと探し

記事を読む

コーヒーを抽出したあとのカス、二次利用はどんなのがいい?

プロローグ 今までブログを書いていて分かったこと、コーヒーの事で知りたい事の上位入る記事は、ドリッ

記事を読む

コーヒーシロップの新しい使い方。お湯で割ってホットコーヒーができる!

プロローグ 先日、お客さまから電話がありました。 「島さんところのコーヒーシロップ、お湯で割って

記事を読む

コーヒーの味わいのチェックはどうしているの?

今日、舞鶴のお客さんにお電話をかけ通販のご注文の確認をしたあと、電話の先からこう言われました。

記事を読む

スーパーサブを目指して

どちらかというと目立つのが嫌いな僕です。   と言うと、あまり信じてもらえませ

記事を読む

TANPANCOFFEEを美味しく飲むためのコツ

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPANCOFFEEが全国の皆さんの手に続

記事を読む

コーヒーのブレンドの作り方は2種類あるんです。

プロローグ 大阪は暑くなってまいりました。いかがお過ごしでしょうか? 夏本番に向けて、リキッドア

記事を読む

この時期、コーヒー豆の保存はどうしたらいいか

昨日はお休みで、朝から実家に行ってきました。 娘のちょっと早い誕生パーティをおじいちゃんとおばあち

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

臨時休業のお知らせポップで、好印象を持ってもらう方法

人は素直に生きるのがいい。 一応、僕はそう思ってます。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑