*

焙煎する前のコーヒー豆、コーヒー生豆の消費期限は?

プロローグ

コーヒーを焙煎する前のコーヒー豆はこんな感じです。

 


 

カフェインゼロコーヒー(デカフェ、カフェインレスコーヒーとも呼ばれています)は、映像でもわかるようにちょっと黒みがかった感じになっています。

 

これを焙煎するとコーヒーブラウンのあの薫り高いコーヒー豆になります。
コーヒー生豆と書いて、「コーヒーなままめ」と読みますが、島珈琲ではコーヒー生豆の保存状態を良い状態に保つために入ったもう一枚の袋に入れられたものを、すのこを引いてその上に麻袋を敷き、そのままドカンと置いています。

 
IMG_9789
 

このコーヒー生豆、賞味期限はどれだけあるのか?
今回はそこを記事にしますね。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

コーヒー生豆の賞味期限

基本的に火を通さなければ結構持ちます。
今は昔ほど聞かなくなりましたが、オールドコーヒーと言ってコーヒー生豆を意図的に寝かし、そして寝かしたコーヒー生豆を焙煎して販売しているお店も多々ありました。
もちろん今でもあります。

 

でも、5年、8年コーヒー生豆を寝かすあたって、寝かす値のある味をもつコーヒー生豆か?という判断が必要で、ある意味これが出来る人は神業の持ち主ではないか、僕はそう思っています。

 

コーヒー生豆を寝かしておくと、薄緑の色から水分が抜けていき、だんだんと黄色くなります。
うまく寝かすには温度や湿度のコントロール、保管場所の確保、とあって正直コストと手間がハンパではないため、なかなか出来ない事もあり今はあまり聞かなくなってしまった、そんな理由もあると思います。

 

コーヒーの新豆

基本的には、お米のような穀物のような感じで捉えてもらえるとイメージしやすいと思います。
日本では秋に収穫されたお米は新米とされていますよね、コーヒー生豆も同じ感じです。

 

コーヒーも各国で1年に1度、収穫する時期がありますので収穫された1年間は当年ものとして扱われます。
新豆というのがどこからどこまでの時期を言うのか定かではありませんが、なんとなく僕たちプロは新しく収穫された当年ものが入港して2ヶ月から3ヶ月くらいは、新豆として扱っているように思います。

 

ただコロンビアという国は年中どこかで採れているので、どこから新豆か?という区切りが、よく分からない場合もあったりします。

 

コーヒー用語として、当年もの=ニュークロップ、1年前のもの=パーストクロップ、それ以降=オールドクロップと分類されています。

 

エピローグ

コーヒー生豆の明確な消費期限というのはありません。(と僕は思っている)
焙煎する人がこれは美味しい!これならお客様が笑顔になる!と思う範囲が、僕なりの消費期限かなぁと思っています。

 

それでは、また。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ニューヨークのカフェ事情から見る流れ

まるで、さも自分が行ってきて見てきたようなタイトルですが、僕は行っておりません。(笑) &nb

記事を読む

目指すのは、甘いコーヒー

昨日は祝日ですが、月曜日なのできっちりとお休みを頂きまして、心身ともに回復してまいりました。 &nb

記事を読む

僕のコーヒーは美味しい!という自信

上原浩治さんが大リーガーだった時、何かの番組でこう言っていたのです。 大リーグのマウンドに立った時、

記事を読む

たまにはマニアックに

 さて昨日は難波にある富士珈機さんにお邪魔してきました 新型焙煎機のテストローストに はつ

記事を読む

ミルが変わると味も変わる?

日曜日は日曜日だけのお店、岡町本店に朝7時過ぎに着きまして、高槻店で積んだ荷物を降ろし、営業出来るよ

記事を読む

ホットコーヒーがキュッと美味しくなる季節

日曜日は、日曜日だけが営業日のお店、岡町本店へ行きます。 こちらのお店は、コーヒー豆の販売のみのお店

記事を読む

あなたの名脇役を目指して

幼い時から戦国時代の話が好きで、時代小説の文庫本をよく買っていました。 織田信長や明智光秀、毛利元就

記事を読む

コーヒーの産地によって違う、味わいとは?

プロローグ 今回の記事は、みんなが知りたい、コーヒー産地によって違う味わいについて。 ブラジル、

記事を読む

いっぱいだーマン!

 頭の中が福祉施設に入るカフェの経営企画書のことで いっぱいだーマンだ! 寝ても覚めてもそ

記事を読む

プレゼントにも人気の島珈琲オリジナルドリップバッグ

外を眺めていると、半そでのTシャツの方もチラホラと。 歩いていると暑いかもしれません。  

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
言い訳はすればその失敗はどんどんと目立ってしまう

本日、月曜日は岡町本店・高槻店共に定休日。 今日はバイクの定期点検へい

次期グァテマラのサンプルが到着しました

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中は岡町本店に来まして10時までに

何事も経験

今日もお店の方がバタバタで、急ピッチで本日のブログも作成いたします。

パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

→もっと見る

PAGE TOP ↑