*

コーヒーはスープだった

公開日: : 最終更新日:2018/12/08 coffee

ちょっと何か変わると、困ってしまいますよね。

 

ワードプレスを使って、ブログを更新しているのですが、先ほど新しいプログラムを更新し、いつもブログを書いている画面と違うようになり手間取っている僕です。

 

しかし更新しなかったら、いろいろあかんわけでして(笑)、分からないなりにやっていくしかないわけです。

 

なぜなら、ブログを更新したいからです。

 

しかし、いつもと違うのはやりにくい。まぁこれも慣れでですね。行間の取り方までなんか違うので、いつもと違う感じになっていますが、とりあえず更新したいのでこのまま続けていきますね。(改善しました!)

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

コーヒーはスープだった

 

現在、こうして僕たちが飲んでいる琥珀色の液体、実はもともとはこうした飲み物ではなかったのですね。

コーヒーの実を摘む。赤いチェリーですね。ずっとずっと昔、それをそのままグツグツと煮て、飲んでいたという話があります。

 

一体どんな味わいなのか、ちょっと想像がつきませんが、コーヒー生豆、コーヒー豆の焙煎する前のものですね、これをグツグツと煮て飲んだことがありますが、まぁそれは美味しいにはほど遠いものでした。

 

ですので、赤い実を煮たものも、今のような琥珀色で香り高いコーヒーとは別物で、美味しいには程遠いものだったと考えます。

 

ただし、昔は現在のようにいろんな食べ物、飲み物がなかったので、そのスープは眠気覚ましや、活力を生む、重宝さらた飲み物であったことは間違いないでしょう。

 

焙煎コーヒーのきっかけは?

 

そのスープを煮だしていた時に、そのスープを沸かす火に、なんらかのきかっけで落ち、それを発見したというのが、有名ですね。

もしかりに僕がそれを発見したとしたら、どんな様子になったのだろうか、なんて想像すると楽しいですよね。

 

それがまさか世界中を虜にさせる飲み物になるとは、思ってもみなかったでしょうしね。

 

そうして、産業革命で焙煎機が発明されて、ペーパードリップも開発されて、そしてコーヒーは本当に身近なものとなりました。

 

コーヒーの木が、世界中で栽培される、比較的栽培されやすい植物だった、ということも、それを支えてきた一つの要因ですよね。

 

ブログを書くために、本棚からコーヒーの古い書物を手にして、ついうっかり立ち読み。本来何をするために読みだしたのかをも忘れて、夢中になって読んでしまってました。笑

 

コーヒーって、発見までの道のり、それから栽培から1杯のコーヒーまでの道のり、たった1杯ですが沢山のストーリーをもっている飲み物なんですね。

今日はこのブログをコーヒーの肴にして、1杯のコーヒーをお楽しみくださいね。

 

それでは。

いつもありがとうございます

焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カフェオープンに向け ブレンド試飲会!

先週は前半にお休みを頂きまして 旅行に行ってきたせいか 1週間 なんだか旅行気分が抜けなくて ほわん

記事を読む

エスプレッソ

エスプレッソマシンを使い出して 4年くらいになりますが やっとなんとなくわかってきました ドリップで

記事を読む

わからんかったけど勉強しました!コーヒーギフトと熨斗(のし)

開業した当時は、コーヒーギフトのことなど頭の隅にもありませんでした。 なぜか? 包装紙の包み方が

記事を読む

豆と粉の違い コーヒー豆は香りのカプセル

プロローグ 最近ちょっと距離があいていた、障がいを持っている方の仕事を増やそうプロジェクト。 寒

記事を読む

今年出版する僕のコーヒー本

去年から動き出しました、僕のコーヒー本。   まえがき、第1章から第5章まで現

記事を読む

島さんが、美味しいと思う大手のコーヒーはどれ?

プロローグ 家族でコーヒーを飲んでいました。島家の家族構成は、嫁の母、僕、奥さん、娘の4人家族です

記事を読む

「ブレンド花」が超美味しくなったというお知らせ

昨日はお休み。 午前中は買い物に行ったり、近所の散髪屋さんに行ったり、ユニクロで下着を買ったり、す

記事を読む

伝家宝刀

 そうです 伝家宝刀の技を使うときがやってきたのです 島珈琲流紅葉落とし焙煎 というのは冗

記事を読む

手挽きミルの挽き目の調整のやり方のコツ

前回のブログで書きました、通販における送料の値上げの件。   一晩考えました、

記事を読む

「旅館の朝ご飯」 「食後のコーヒー」 の共通点 ちょっとマーケティング的に

月曜日 火曜日 火曜日は高槻店の臨時休業を頂きまして エクスペリエンス マーケティング 通称 エクス

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの1杯どりと、2杯どり どちらが安定するの?

昨晩は焙煎機の煙突掃除をしました。 煙突の内部にあった径のブラシを突っ

コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

→もっと見る

PAGE TOP ↑