*

大小どっち コーヒー豆の大きさ、味わいに関係あるの?

プロローグ

夏の日、クーラーの効いたお店でホットコーヒーを飲むのが好きです。
蝉の鳴き声を聞きながら、口にしているのはグァテマラコーヒー。

 

今回、入荷したコーヒー生豆は特に上質なもので、グァテマラのフライハーネスという地域のもの。
サンフランシスコ農園産で、グァテマラのコーヒーは味わいの繊細さが特徴なのですが、そこに質感を加えてより複雑になった味わいです。

 

静かな時間にゆっくりと味わい、読書や今僕のようにブログを書きながらにもってこいのコーヒーです。

 

甘い香りに癒されながら、今このブログを書いています。
こんにちは 焙煎アーティスト 島 規之です。

 

IMG_3247

 

コーヒー豆の大小の大きさ、味わいに関係あるのか

島珈琲の場合、コーヒー豆は密閉保存ビンに入れ棚に並べてデスプレイしております。

 

そのビンを見ていると何か気づきませんか。
そうです、コーヒー豆にも地域や国によって、大小の大きさがありますよね。

 

見た目が大きいもの、小粒のもの、その真ん中くらいのもの、と様々です。

 

大きいから味わいがいいのか、小さいからギュッと詰まっていて味わいがいいのか、今回はこのことについて書いていきますね。

 

島珈琲で言うと、マンデリンというインドネシア・スマトラ島のコーヒー豆が見た目が大きいです。
これは品種によるもので、マンデリンはだいたいどの地域のものも大きい豆なのが特徴です。

 

小さいのは、エチオピアモカですね。
こちらの国のコーヒー豆はだいたい小粒のものが多いです。

 

サイズ分けもある

基本的にはサイズ分けをしますが、豆の大きさにより価値が変わる国・地域もあります。

 

#18とか#19というの記号はコーヒー豆の中では大きいサイズになり、その地域や農園での総生産量のだいたい1割か2割しかないため(くらいだったはずです)、価値がつき重宝されている場合もあります。

 

コロンビアなどはスプレモ(大きい豆)エキセルソ(中粒の豆)などと名前で分けられているところもあります。

 

そして現在14年、お店をしていて僕なりの経験論で言わせてもらうと、マンデリンを除いて、大きいよりも小粒中粒の方が美味しいのではないか、というところに辿り着いています。

 

大きいのは見た目が良いですが、野菜とかと同じで大きいのは大味のような気がしています。

 

小粒中粒は山椒じゃないけどもピリリと、旨味が凝縮されていたり香りが良いモノが多いと14年間の中で感じてきました。

 

エピローグ

なので、基本的に僕はコーヒー豆の大きさは「大きい」にはこだわらず、好んで小粒中粒のほうをチョイスしています。

 

もちろん大粒には大粒にしかない味わいがあります。
それを否定しているのではありませんからね。

 

僕の口には小粒中粒の方が好みの味わいだ、と感じているというお話です。

 

以上、コーヒー豆の大きさのお話でした。
アディオース!

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
アバター画像

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

今後コーヒー豆の価格はどうなるの?

今後コーヒー豆の価格はどうなるのか、とまぁ僕も聞きたいところですが、今僕が知っていることを今回は綴っ

記事を読む

コーヒー豆袋がはちきれそうな現象

日曜日は日曜日だけのお店、岡町本店に来て営業しております。 こちらのお店は変わらず、日曜日は通常営業

記事を読む

加糖・微糖・無糖 どのコーヒーがお好き?

プロローグ コーヒーにお砂糖を入れる。 ブラックで飲むコーヒーとはまた別の顔をみせてくれますよね

記事を読む

ドリップが上手くなるということは、味を正すこと

プロローグ 昨日、お客様から質問があったことをお答えしながら、ふと気づいたこと。 それと質問があ

記事を読む

ブレンドコーヒーとストレートコーヒー 何がどう違うの?

野球のピッチャーの球種で例えると、ブレンドコーヒーは変化球、ストレートコーヒーはまさしく直球ストレー

記事を読む

2022年10月の季節のブレンドは、「秋桜」です

昨日、新しいYouTube自家焙煎島珈琲chの動画をアップロードしました。   今回は「プ

記事を読む

コーヒーの味覚を表現するにはお酒の本が参考になる

昨晩は、障がいがある方の仕事を増やそうプロジェクト、これの打ち合わせでした。  

記事を読む

昨晩から焙煎機、秋のメンテナンス祭りが始まりました (4744)

今日はパソコンの調子がむちゃむちゃ悪く、再起動とアップロードを繰り返して、夕方にやっと正常に動くよう

記事を読む

ドリップするお湯の温度は何℃が美味しいの?

プロローグ どうして、いつもいつもブログのネタがあるのか。 僕自身も時々不思議に思いますが(笑)

記事を読む

No.2と書いてはいますが・・(4713)

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中市にある岡町本店に本日も7時過ぎに到着し、車からレジや道具やコ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
分水嶺 (5021)

今日7月15日月曜日は海の日で祝日、祝日ではありますが、島珈琲岡町本店

ブレンド花が美味しく (5020)

くどくなりますが、明日7月15日月曜日は海の日で祝日ではありますが、岡

アイスコーヒーの粉は細挽きで (5019)

7月15日は祝日の月曜日ではありますが、岡町本店も高槻店も祝日でも関係

来期のグァテマラ 決めました (5018)

そうなんです、来月に僕は49歳となり40代最後の歳となるのです。 &n

コスタリカ ちょっと濃厚に (5017)

昨日、商社さんから向こう1年分使用するグァテマラのサンプルが到着しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑