*

フレッシュな香り マンデリンが新豆に変わります!

公開日: : coffee ,

かれこれたぶん10年以上、ブログを書いています。
今のようにほぼ毎日ではなかった時もあったのですが、ブログを書くことは日課、もしくは趣味を生かした仕事になっております。

 

そんな僕ですが、時々ネタに困ることがあります。

 

特にこの時期、暑い季節はどちらかといえばお商売は閑散期に入ります。
ブログのネタはお客さんとの会話から見つけることが多いのですが、肝心なお客さんが少なく、会話も少ないと、結果ブログのネタに困る、という図式が出来上がってしまいます。

 

ただここまで続けていると、なかったらないなりに見つけてしまうのが経験で、今も新しく入荷したマンデリンを見て、そうやこれのこと書こか!と思った次第です。

 

マンデリンのニュークロップ、新豆が入荷しました。
相変わらずいい香りがします。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

 

お伝えしましたとおり、マンデリンの価格を変更します

 

僕が島珈琲を開業したのは2002年3月、この頃はマンデリンは一般庶民のコーヒー的な存在でした。

 

スターバックスなど、欧米から起こったコーヒーのムーブメントにより、世界的なコーヒーブームが起こり、今まであまり目を付けられていなかったコーヒーの産地も、次々に有名になっていきました。

 

マンデリンはインドネシア、スマトラ島が産地。
この個性的な味わいの豆は、昔はあまり欧米にうけなったのかして、あまり欧米、西欧にはあまり出回ってなかったと思います。

 

しかし、この味わいの個性が強いコーヒー豆が放っておかれるわけがありません。
コーヒーブームとともに、瞬く間にスマトラとも呼ばれる、マンデリンは世界のコーヒーとなりました。

 

となると、昔のような価格ではなくなってきます。
人気と共にその価格は、僕たちが知っていたマンデリンの価格よりも、あっというまに上がっていきました。

 

島珈琲では開業当初からある銘柄、マンデリン。
これをスターティングメンバーから外すわけにはいきません。

 

だって僕の好きなコーヒーなんだもん。

 

今回も良いマンデリン入りました

 

 

 

島珈琲ファンの皆様のために、もちろんこちらも年間通じて、よいマンデリンをご提供できるようにしていますので、ご安心くださいね。

 

ただ、お伝えしましたように、以前から値が上がっていたマンデリン、その販売価格をずっと据え置きしておりましたが、今回の新豆で価格がまた高騰したことにより、今回はマンデリンの価格を変更させて頂きます。

 

100g570円を100g650円に変更します。(+税)

 

まだ完全に切り替わっていませんので、今の在庫がなくなり次第、この価格に切り替えさせて頂きます。

 

ということで、新しいマンデリン、新豆はカミングスーンです。

 

今期もしっかりした力強い香りが、コーヒー生豆が入る袋を開けたときに鼻を襲ってきました。
フルーティでスパイシーな感じです。

 

マンデリンの新豆、ぜひお楽しみに。

それでは、今回はこのへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

自家焙煎で独立して

 高槻に越してきてようやく1ヶ月が経ちました 「なれましたか?」 というお声かけをよく頂き

記事を読む

島珈琲を開業して15年、コーヒーの状況はどう変わったか?

島珈琲を開業したのは、僕が26歳の時。 2002年3月29日でした。   開

記事を読む

インスタントコーヒーを美味しくいれてみよう!の検証結果の件

プロローグ 僕が思うところ、コンビニコーヒーでもセブンカフェはピカイチだと思う。あのコストであおの

記事を読む

コーヒーにミルクと砂糖を足してどんな味にしたい?

プロローグ あなたはコーヒーをどんな風にして飲みますか? ブラック?ミルク?砂糖?それとも両方?

記事を読む

コーヒーの持つ天然の甘さについて説明しようと思ふ

プロローグ コーヒーって苦味や酸味って表現をよく使って、味を言葉にしますが、甘みもあるんですね。

記事を読む

コーヒーにおけるクリーンな味わいって何なのか

高槻店の業務が終了すると、バイクで移動して同じ高槻、郡家本町にあるカフェBeへ向かいます。 &

記事を読む

コーヒーミルの仕組みはこうなっています

プロローグ 昔からマシンをいじるのが好きで、高校生の頃は友達とよく原付バイクをあれこれ改造していた

記事を読む

意外に大事!ペーパーフィルターの保管方法

娘が「父ちゃん絵本読んで」と言ってくれます。 当然、そんなこと言われたら嬉しくてしかたない僕は娘が

記事を読む

コーヒーの粉の微粉とはなんぞや

昨日はお休みで浜松で開催される浜松エクスマLIVEへ、セミナーを受けに行ってきました。 マーケティ

記事を読む

アイスコーヒーを濃い味にしたい時の3つのポイント

プロローグ さて、関西は梅雨明けし本格的な夏、本格的なアイスコーヒーの季節を迎えました。 ボンジ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの1杯どりと、2杯どり どちらが安定するの?

昨晩は焙煎機の煙突掃除をしました。 煙突の内部にあった径のブラシを突っ

コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

→もっと見る

PAGE TOP ↑