*

ブルーマウンテンに近い味わいのコーヒーってあるの?

公開日: : coffee , ,

昨日は島珈琲社会貢献部の一環として、高槻市五領公民館でのコーヒー講座を開催してきました。

 

20名の参加者があり、終始アットホームな感じで進行し、沢山の方に喜んでもらいその幕を閉じました。

 

僕自身、人前に立って話ししたりするのが苦手なのですが、ある言葉を言い聞かせたら、緊張もあまりなく自然のままで居ることができました。

 

ほんとに、僕めっちゃ緊張しぃなんですよ。
でも昨日は緊張とは無縁でした。

 

その言葉とは「自分は不器用なんだから、上手く話そうとか思ったらあかんで。不器用なんだから下手くそでもいいやん。ただ言葉に気持ちを込めてね。」と言い聞かせたのです。

 

そうしたら結構気が楽になって、逆に最初からエンジンがかかり、話すのは30分にしてあとは実習の予定にしてましたが、45分もしゃべってしまい、気の持ちようで変わるものなんだなぁと思いました。

 

今後もコーヒー講座をやりたいと思っています。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

質問コーナーで頂いたことを今回は

 

講義と実習が終わり、最後はコーヒーを飲みながら、質問コーナーでした。
沢山の質問を頂いたので、これまたブログのネタにも当分困らないなぁなんて思っておりますが(笑)、その中のひとつを。

 

ブルーマウンテンが見かけなくなったり、今までより更に価格が高くなっていますが、ブルーマウンテンに似た味わいのコーヒーってないのですか?

 

というご質問でした。

 

その回答はこのようにお伝えしました。

ブルーマウンテンはジャマイカのコーヒーです。

 

ジャマイカは北アメリカと南アメリカの真ん中、カリブ海に浮かぶ島国です。
その島国でコーヒーを栽培されている隣接の国は、ドミニカ、ハイチ、そしてキューバなのですね。

 

この3つは比較的に似た味わいをもっています。
カリブ海に浮かぶ島(ドミニカとハイチは同じ島)で環境が似ているため、なんですね。

 

気候風土が似ているとコーヒーの味わいも似た味わいになるのですね。

 

といっても、もちろん国によって味わいは違いますからね。
特にブルーマウンテンに近い味わいはハイチです、とお伝えしました。

 

カリブ海コーヒーの特徴とは

 

優しい味わいになるのが共通した味わいではないか、そう思っております。

 

ハイチ・ドミニカ・キューバ・ブルーマウンテンのこの4つに共通しているのは、深煎りにするのは向いていないということです。

 

というのも、深煎りにすると個性が感じなくなるのですね。
どちらかというと浅煎り・中煎りで味わいの本領を発揮できるコーヒー豆、なんですね。

 

深煎りにすると、個性が消え、平坦な味わいになりますので、高いコーヒーだけにもったいないわけなんです。

ですから、だいたい何処のお店でもカリブ海系のコーヒーは、だいたい中煎り・浅煎りがほとんどなんのですね。

 

深煎りに向くコーヒーとそうでないコーヒー、地区や国によってあるのです。
コーヒーって面白いですね。

 

今回はそんなブルーマウンテンに近い味わいのコーヒーってあるの?のお話でした。

 

それでは。
いつもありがとうございます。

 

焙煎アーティスト 島規之です。

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
アバター画像

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

どっち?コーヒーシロップの抽出はエスプレッソ?orドリップ?

次の月曜日にワクチンの集団接種会場にて、接種する予定です。 接種したお客さんにどうでしたか?と聞き込

記事を読む

コーヒーの種類、どれを選べばいいの?世界旅行を楽しむ気分で選ぶのはどうでしょうか

プロローグ コーヒーの生産国、いろんな産地のコーヒーがありますが、あなたはどの国のコーヒーがお好き

記事を読む

ホットコーヒーがキュッと美味しくなる季節

日曜日は、日曜日だけが営業日のお店、岡町本店へ行きます。 こちらのお店は、コーヒー豆の販売のみのお店

記事を読む

何を信用していいのか、わからない

プロローグ コーヒー屋はお山の大将である。これが僕のひとつの持論なのですが、何でそんなことを唐突に

記事を読む

そしてグァテマラも新しくなります

さて年末の繁忙期は昨日からクライマックスに。 通販の発送のピークは過ぎたかなぁと感じております。 &

記事を読む

僕の感じるコーヒーを飲んでいるからこその健康

僕はコーヒーのプロですが、だからといって1日にものすごい量のコーヒーを飲むことはありません。 だいた

記事を読む

カプチーノのすべすべミルク

昨日、僕がエスプレッソマシンでカプチーノを作る様子を、カミさんに動画で撮ってもらいました。 &nbs

記事を読む

相性 (4976)

昨日、スマホでニュースアプリを見ていると大阪王将「MEGA中華ガチャ」なる福袋の企画を発見したのです

記事を読む

中煎りは重く、深煎りは軽い

12月14日13時現在、島珈琲では通販のオーダーが込み合っております。 通常、オーダーを頂きまして確

記事を読む

早期完成を目指して (4953)

次の月曜日は、岡町本店の焙煎機のメンテナンスを行う予定です。   岡町本店の焙煎機のメンテ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
割れ豆、多し (4990)

カフェインゼロコーヒー、巷ではカフェインレスやデカフェと呼ばれているコ

七難八苦 (4989)

ブログの号数が4989だったので、あら四苦八苦やなぁと思ったんです。

急冷にはキレがある (4988)

アイスコーヒーの本格的なシーズンインに。   アイスコーヒー

水出しコーヒーでNGなこと (4987)

昨日の晩は、ホットプレートで餃子大会でした。   先日購入し

味見のテストはペーパードリップです (4986)

今日は月曜日ですので、岡町本店・高槻店共に定休日で僕のお休みです。 &

→もっと見る

PAGE TOP ↑