*

焙煎度の違いはこんなところにも現れる

最近、娘が「なんで星人」になっています。
なんかあるたびに、なんで?なんでそうなるの?なんで父ちゃんはビール飲むの?なんで泡がでるの?といちいち聞いてきて、いちいち楽しい僕です。

 

大人になればいちいち「なんで?」って聞かなくなるじゃないですか。
今はグーグル先生で調べたら、なんでも答えが返ってくるしね。

 

でもね、この子供の好奇心、大人にも必要じゃないのかなぁって娘と話していて思ったのです。

 

なんで?なぜ?どうして?って知らないことを恥ずかしいからと聞くことを躊躇したり、ためらったり、知ったふりをしたり、でも理由を知ることで知識や世界が広がることってあるじゃないですか。

 

そんなことを大事にしなあかんなぁって思ったわけです、娘から気づかされました、ありがとう娘よ。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

昨日のツィートより

 

昨日、こんなツィートをしました。

 

 


実はなんかツィートすることないかなぁって、深焙煎のブレンドと中焙煎のブレンドのオーダーがあったので、抽出後の写真をとったのですね。

 

で、その写真を見て思ったことが上記ツィートでした。

 

焙煎度合いによって味わいも変わるのですが、こうして粉にしてドリップにしたときの状態もちょっと違ってくるのですね。

 

それはドリップしているときにも違いがでてきます。

 

どんな違いか

深焙煎の方が焙煎によってコーヒー豆に熱が多く入っているので、その分コーヒー豆の繊維が広がっているのですね。

 

ですからその分、ふんわりしているわけです、目には見えないけど。
そこで粉にしてドリップすると、水を吸い込む量も中焙煎より深焙煎は多いのです。

 

ドリップしているときを中焙煎と深焙煎とを比べると、お湯を円を描きながら回しますが、その時にふんわり感が深焙煎の方にはあるんですね。

 

別段、それが味わいに何か大きな影響を与えることでもなく、大した知識でもないのですが知っていると楽しいかなぁと思って、今回は書きました。

 

コレを読んだあとは、是非深焙煎のコーヒーを淹れる時はふんわり感を楽しんでくださいね。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

エスプレッソマシーン

 新店の準備を着々と進めている 島です ボンジュール! 自家焙煎コーヒー豆専門店 と名乗り

記事を読む

おまたせいたしました

島珈琲オリジナル コーヒーシロップ 無糖タイプ 明日早朝 此花区にある工場へ 生豆48キロ相当のコー

記事を読む

薄味が好きな人が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいのか?

プロローグ 前回のブログでは、濃い味が好み方が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいか?を記事にしました。

記事を読む

天然のコーヒーの甘みって、なんだ!

プロローグ 大阪は梅雨明けし、夏本番に入りました。 今年は暑い夏になると聞いております、体調管理

記事を読む

春夏限定 コーヒーシロップ無糖2017販売スタートです!

島珈琲オリジナル、コーヒーシロップ無糖が今日から販売スタートです! よろしくお願いしまーす!

記事を読む

なぜ島珈琲はコーヒー教室をしないのか

本日、5月20日はお休みですが、8時からカフェBeにあるエスプレッソマシンの点検をしてもらう為、朝早

記事を読む

日持ちがするコーヒー豆ってなんだ?

落ち着いた日々、というのを望むのですが、自営業というかどんな仕事でも一緒と思うのですけど、止まったら

記事を読む

コーヒーミルで粉にしたときに均一にならないのです

昨日は休日で、家族で有馬富士公園という場所に行き、娘に思い切り遊んでもらいました。 高槻から高速を

記事を読む

進化するカップコーヒー

昨日は久しぶりの休日。 朝はゆっくりめに起きて、それから娘と公園へ。   幼稚園のお友達も

記事を読む

家庭で使うコーヒー器具、何が一番よく使われているの?

家電量販店やデパート、それからショッピングモールなど、家族ででかけると必ず見に行くのが家庭用品売り場

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ブログとビオフェルミン

お客さんとビオフェルミンの話で盛り上がったのです。 昨日、日曜日は日曜

どうして島珈琲という屋号にしたか

ここ2,3日、娘が僕の布団を奪います。 実際には、奪われそうになる、で

やっぱり「おもい」が大切

ふと焙煎をしながら「思い」って大事だよなぁって頭に浮かび、そして考えた

過ぎたるは猶及ばざるが如し なのであります

今年の夏はまだ終わってませんが、暑かったですよねーと、お店でお客さんと

9月は閑散期 なので考える

お商売では昔から「にっぱち」と呼ばれる言葉がありまして、2月と8月は閑

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑