*

ご存じでしたか?コーヒー豆にも旬があることを

プロローグ

コーヒー豆にも旬があると「えっそうなんだ?」と思われる方も多いかと。
そうなんです、旬の時、旬の味があるんですね。

 

まずコーヒー豆が採れるのは基本的に1年に1回です。
日本で慣れ親しんでいるのはお米なので、お米で例えるとお米の収穫は秋ですよね、同じくコーヒー豆も採れる時期は決まっています。

 

但し世界にはコーヒーの産地は沢山あり、その産地によって収穫の時期は異なります。
そして例外もありコロンビアのように年中どこかで採れている、そんな国もあります。

 

お米に新米があるように、コーヒー豆にも新豆があり、コーヒーの新豆はニュークロップと僕たちは呼んでいます。

 

では、もう少し深く面白いところに話を持って行きますね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

IMG_2263

 

新豆が旬なのか?

コーヒー豆は収穫してから、様々な行程を経て、船積みされて海を渡り日本へ輸入されてきます。
新豆はその年に新しく収穫されたもの、所謂、初物になるわけですが、では新豆だから旬なのか。

 

新豆だからと言って必ずしも、その豆が一番のパワーを持っている時なのかというと、そう思い勝ちになってしまいますが実はそうだと限りません。

 

それはどういうことなのか?

新豆には香りの強さ、味わいの強さ、フレッシュさが随所に感じられます。
おこめ、新米の時の力強い味わいってありますよね、あれと同じ様な感じです。

 

但し、新豆だからといって味わいが最高の位置なのか、というとその場合もありますし、そうでない場合もあります。

 

味が若いとは?

そうでない場合はどういこうとなのか。
それは、野菜とかお肉とかでも使われるのかな、味が若い、という場合です。

 

「味が若い」というのは収穫して日にちが経ってなく、新しいものではあるが、味が十分引き出されていないという事です。
つまりちょっと寝かせておくと、熟成されその持っている味わいの潜在能力を見せてくるものなのですね。

 

本当の味わいの力を出す、その手前の状態を味が若い、と僕は表現しています。

 

コーヒーにもそれがあって、新豆の時は新豆でフレッシュの味わいを見せますが、本来持っている香味を十分でない若い状態の時は、焙煎技術を駆使してもその味に変化を付けることはできません。

 

焙煎技術で円熟味はコントロールできないものなんです。
こればっかりは待つしかありません。

 

その旬の時期はいつ来るのかというと、正直追って行かないとわからないのです。
例えば今回去年の6月頃に日本に入港し、倉庫で預かってもらっていて最近、島珈琲にやってきたエチオピアモカ。

 

このエチオピアモカの豆は僕の経験では、後になると味わいの力を発揮するタイプで、収穫してから1年くらい経った今、味わいのピークを迎えています。
1年後ってのは僕の中でもレアケースでしたけどね。

 

1年後なのにこんな良い味を出すのか、と正直驚いています。

 

エピローグ

全てのエチオピアモカがそうなの?と聞かれるとそうではありませんが、僕の手元にあるこのエチオピアモカは収穫してから約1年後の今、旬が来ました。
だからもし機会があれば是非、飲んでみてください。

 

エチオピアモカは非常に個性をもった美味しいコーヒーで世界的に注目されています。
香りとコク独特フレーバーを醸しだし非常に良い味わいですよ!これは間違いない。

 

今回はそんなコーヒー豆の旬のお話でした!

 

島珈琲のエチオピアモカはこちら
マイルドタイプはこちら
http://www.shima-coffee.com/mrs-0004/

 

ビターはこちら
http://www.shima-coffee.com/drs-0005/

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー豆はなぜ見た目で古さがわからないの?

毎月、娘に一冊 絵本か本をプレゼントしています。 本から何か興味を持ったり、本が好きになってくれた

記事を読む

冷めたコーヒーを美味しくする方法はあるのか

プロローグ まだ残暑厳しい高槻ですが、少しずつ秋の気配を見せてきたところもあります。 &nb

記事を読む

スコットブレンド ザ ドリップバッグ準備ができました!

準備を進めていた、マーケティングの師匠 藤村正宏先生公認のブレンド、スコットブレンドのドリップバッグ

記事を読む

超コーヒー引力の法則

準備が整いました! 昨日は無添加コーヒーシロップ(カフェオレベース)の焙煎を終え 今日はバックシー

記事を読む

1杯ドリップするより、複数杯一度にドリップする方が濃い味わいになるのはなぜ?

成長する娘 コーヒーの仕事にちょっと興味を持つ? 昨晩は娘が昆虫の本を一緒に読もう、というので、布

記事を読む

コーヒーシロップ加糖 仕込み完了!

 コーヒーシロップ 無糖も加糖も 仕込みに関しての内容は 実は一緒なんです 焙煎止めの温度

記事を読む

焙煎の後にしている「味わい」において大事な作業とは

最近、お知らせばっかりですみません。   3月2日金曜日、この日は天神祭の代休

記事を読む

関東はミルク 関西はフレッシュ そんなコーヒーにいれるミルクの話

プロローグ 実はSNSを見ていて知ったのですが、コーヒーに入れる生クリームは関西ではフレッシュ、関

記事を読む

バラすぞー

 昨晩は高槻店の焙煎機  誠 号 をバラして掃除をしましたステンレスシリンダーのコーヒーの

記事を読む

お店でコーヒー豆・粉は一度にどれくらいの量を購入するのがベストなの?

昨日、12月26日は岡町本店は年内最終営業でした。 25日の日曜日にお客さんは集中して来て頂きまし

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの1杯どりと、2杯どり どちらが安定するの?

昨晩は焙煎機の煙突掃除をしました。 煙突の内部にあった径のブラシを突っ

コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

→もっと見る

PAGE TOP ↑