*

焙煎を数字で説明した!中焙煎・深焙煎はつまりコーヒー豆の温度差

公開日: : 最終更新日:2017/05/21 coffee , , , , ,

プロローグ

先日、お客様に中焙煎と深焙煎は温度でいうと10℃の差なんです、とお話をしていたら「知らなかったぁ」とすごく喜んでくれたので、今回はこのお話をブログにしたいと思います。

 

中焙煎・深焙煎、この定義が曖昧なところが消費者の皆様をコーヒーって難しい、と思わせているひとつだと思います。

 

お店によって違うのであくまでも島珈琲基準でのお話ですが、深焙煎と中焙煎を豆の温度の違いで説明していきますね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

豆の温度とは

焙煎しているときのお話を少ししますね。
コーヒー豆は焙煎という熱を使ってコーヒー生豆を焙り、そのコーヒー生豆に化学変化を起こすことによってあの芳香で味わい深いをコーヒー豆、焙煎豆へと変わります。

 

この焙煎という作業の時に「焙煎止め」という焙煎の終わるところ、つまり焙煎機の釜からコーヒー豆を出す焙煎作業の終着点があります。

 

それは焙煎されているコーヒー豆、ブラジルやコロンビアなど各産地のベストポイント、味わいの良いと思うところがきたら焙煎を止め、釜から出してそれ以上熱で焙煎が進行していかないように直ぐに冷却し、焙煎という作業が終わる、このことになります。

 

この焙煎止めというポイントは焙煎機についているコーヒー豆の温度を測る温度計の数値、これも焙煎止めを決めるポイントになっています。

IMG_2147

 

その差、10℃

島珈琲のラインナップに中焙煎のブラジル、深焙煎のブラジル、同じブラジルの銘柄でも焙煎度合いに変化を付けて、味わいの違うものを2種類用意しています。

 

この2つの差は何かというと、焙煎止めが高槻店の焙煎機では中焙煎のブラジルは194℃、深焙煎は204℃で、焙煎止めの温度の差が10℃ということなのですね。

 

つまり深焙煎は中焙煎より10℃高いところで焙煎止めをしている、よく焙煎されている、ということになります。

 

岡町本店の焙煎機は温度計がちょっと違うので、本店の場合は中焙煎は202℃、深焙煎は212℃と同じ島珈琲でも焙煎機によって数値は異なるのですね。

 

よく焙煎されていることで、コーヒー豆の持つ酸味・甘みは変化し、次に苦味が形成されていくことになります。

 

深焙煎は中焙煎よりも温度でいうと10℃高く、時間は1分~1分30秒長く、作業が行われている、この差が作業的な目線で言う、中焙煎と深焙煎の差となります。

 

プロローグ

中焙煎と深焙煎は10℃の差があり、その10℃の差はコーヒーの醍醐味である甘みや酸味、苦味などの変化を産んでいる、そいうことになります。

 

一番よくわかるのは、中焙煎のブラジル、深焙煎のブラジル、これを右と左で飲み比べる、これが効果のある味わいの違いを知る方法なのですが、家庭ではこんな事をされる機会はないと思います。

 

やってみたいと思った方は、島珈琲高槻店にペアで来られて、中焙煎のブラジル・深焙煎のブラジルをオーダーして頂いて、飲み比べてくださいねー!もしくは1人で同時にでもありですよー!ってちょっと無責任な終わり方になっちゃった、あはは。

 

それでは、また次回。

 

IMG_2156

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

お店のミルが良いものであったとしても

いよいよ関西も本日より梅雨入りとなりました。 今年は梅雨入りが早いとの予報を聞いていたのですが、まぁ

記事を読む

勘違いしてませんか?本当のコーヒーの苦味は焦げではありません!

プロローグ 僕、ぶりかまが好きなんです。 ぶりかまにゆっくり火を通して、箸をいれるふわっとしてジ

記事を読む

グァテマラの入れ替えは、11月後半ごろです!

今月は、高槻店が8周年を迎える月。 8年前の今頃、内装工事も大詰めであれこれ準備しながら、西へ東へと

記事を読む

コーヒーシロップ焙煎物語 ~無糖スィートメモリー~

プロローグ 懐かしい痛みだわ ずっと前に忘れていた でもあなたを見たとき 時間だけ後戻りしたの

記事を読む

買う気スイッチ

 今日はお知らせです 島珈琲がお薦めするコーヒーメーカー メリタJCM-512のお得なご案

記事を読む

マンデリンがニュークロップに変わりました!

先日から、どうも僕のスマホの状態が芳しくない。 着信していても音がならなかったり、お知らせしてくれな

記事を読む

4℃上げてみました

昨日はお休みでしたが、岡町本店で焙煎機のメンテナンスを。 日曜日だけの稼働なので、高槻店ほど汚れはな

記事を読む

ハワイ島でのコーヒー栽培体験、コーヒーの実の収穫は大変なんだよの巻

スマホのアルバムを開き、写真を見ていました。 コーヒー生豆を卸してくれている、商社さんからもらった

記事を読む

浄水器と整水器 コーヒーと水の関係

大阪は梅雨らしい天気が続いています 空梅雨だったので 農業を営んでいる方には恵みの雨でしょうか 降る

記事を読む

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか   「甘い」の字

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コミュニケーションの成功の鍵

本日、9月26日月曜日は、岡町本店・高槻店共に定休日で僕自身のお休みで

コーヒー豆のお店を20年やってきて

2002年に岡町本店オープン、2009年にCafeBeでのお仕事を頂き

焙煎機 この2台を一生使いたい

昨日のお昼に、YouTube自家焙煎島珈琲chの動画をアップロードしま

ミルの手入れについて

ここのところ台風の影響なのかどうか、定かではありませんが、低気圧のせい

移り変わるミルの値段から

昨晩、この金曜日にアップロードするYouTube自家焙煎島珈琲chの動

→もっと見る

PAGE TOP ↑