*

僕はどう考えて島珈琲のコーヒー豆の価格を決めたか

公開日: : coffee

最近、落語のCDを聴いてます、っていきなりどーしたの?ですね。

 

エクスペリエンスマーケティング塾、略してエクスマ塾の上位コースを今月から通い出しまして、経営力をつけるためや、マーケティングの勉強の一環として、表現の練習などのやっているのですね。

 

で、僕、無口なんですよ、というとビシバシツッコミが入ってくると思うのですが、基本、無口な人だったんです、最近わりと話をする人間になったのですが、話すのは上手かと言われれば、まだまだなのですね。

 

今回は人の前に立ち、いろんな話をすることも塾の内容にあるのです。

 

それでですね、話し方が上達するように、落語を聴き、話の「間(ま)」を感覚的に掴もうと思いまして、落語を繰り返し流して、聴いているということなんです。

 

両親から数枚借りたのですが、僕の中では「三遊亭円楽」さんの話し方が、一番聞きやすいので、何度も何度も聞いて、その感覚をなんとなく会得できるようにしております。

 

しかし、落語って聴いていると面白いですね、
聞き流しているつもりでも、実はがっつり聴いてたりして。(笑)

 

話の「間・ま」だけではなく、文化も吸収している僕です。
こんにちには 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

僕はどう考えて島珈琲のコーヒー豆の価格を決めたか

 

先日、値付けのことで話をしていたときに、思いって大事ですよーってお話をしたのですね。
その時、話した内容を今回は。
 

ブレンドなら100g490円(税別)からですが、決して安くはないですが、高くもない価格だと思ってます。
まとまった量、500gパックを購入してもらうと、価格は2000円となり、100gの価格もリーズナブルになります。

 

100gを5個用意するよりも、500gでぽんっ!と作業させてもらえば、手間が省けるので、500gパックの場合は手間賃を差し引いている価格を提示しております。

 

僕は安売りはしませんし、僕の焙煎したコーヒー豆を安売りすることは、自分自身を安売りすることと同じだと思ってますので、理由がない限り、定価の値を崩すことはしません。

 

それでですね、この価格はどう決めたか、というところですね。

 

自分の家で毎日飲むならこの価格

 

今は、これが基準です。
毎日、晩ご飯のあと家族でコーヒータイムを楽しみます。

 

それが出来る価格を基準にしております。
奥さんがこの価格なら、1ヶ月の家計費に入れることができる、と言える価格。

 

ですので、島珈琲のラインナップは高級コーヒーばかりで構成はしておりません。
毎日飲みたい、だけどとびっきり美味しいのを、そしてリーズナブル、そこを僕は追求しております。

 

素材を考え、原価を考え、もちろんお客さんのために島珈琲を続けることを考えるので、利益を考えて、その枠でで最高のコーヒーを作る。

 

素材が一般でいう評価の高くないモノならば、焙煎技術でカバーして、持てる最高の味わいが出る焙煎をする。

価格に対してはそうした姿勢でおります。

 

美味しくてリーズナブル、家庭で沢山飲めて、仕合わせな時間を沢山過ごしてもらう、これが僕が求めるコーヒー豆の価格への考え、そして挑戦です。

 

コーヒーの原材料の高騰もありますが、工夫をして今の価格を維持して行きたいなぁと思ってます。
といっても、先日のマンデリンの価格改定や、通販の送料の価格改定などあったり、なかなか思い通りには行きませんが、僕の思いを表現できるように努力しますからね!

 

以上、僕はどう考えて島珈琲のコーヒー豆の価格を決めたか、のお話でした。

 

それでは。
いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
アバター画像

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

この焙煎機を使い続ける理由 (4640)

久しぶりに手痛いミスをしてしまいました。 結構大きなロスも。   こんなご時世ですから、な

記事を読む

no image

魔性の飲み物

 コーヒーは科学的に解明されていないことがまだまだ多く それが故に魔性の飲み物として扱われ

記事を読む

高槻店のテイクアウトコーヒー 絶好調です!

今日は朝いつもの様に焙煎をして終わったら、高槻店の開店準備の掃除をして、そしてその後高槻天神さんこと

記事を読む

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大きくなったら、お店手伝う-!」と

記事を読む

コーヒーのプロは1日何杯のコーヒーを飲んでいるのか

栄光に向かって走る あの列車に乗って行こう はだしのままで飛び出して あの列車に乗って行こう &nb

記事を読む

年末のコーヒー生豆の在庫もばっちりにしてお待ちしてます

戸締り用心、火の用心って昔、モーターボートの宣伝があったの覚えている方いらっしゃいますか。 戸締まり

記事を読む

焙煎

最近 自分のフェイスブックにブログがリンクしないぁ と思っていたら ジュゲムの更新ボタンを押すのを忘

記事を読む

僕を癒すのはあなた

  島珈琲オリジナルの コーヒーシロップの加糖 ものすごい勢いで売れてしまい 欠品してしま

記事を読む

記憶に残る味

お客様がわざわざ「どうしても飲みたくなって・・・」 と車で1時間ちょいの時間をかけて 高槻店に来てく

記事を読む

外資系コーヒーチェーンが日本のコーヒーの歴史に刻んだこと

職業柄としてどうしても、家族などでお店に行くと店内を見渡してしまいます。 スタッフの動線がどうなっ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
分水嶺 (5021)

今日7月15日月曜日は海の日で祝日、祝日ではありますが、島珈琲岡町本店

ブレンド花が美味しく (5020)

くどくなりますが、明日7月15日月曜日は海の日で祝日ではありますが、岡

アイスコーヒーの粉は細挽きで (5019)

7月15日は祝日の月曜日ではありますが、岡町本店も高槻店も祝日でも関係

来期のグァテマラ 決めました (5018)

そうなんです、来月に僕は49歳となり40代最後の歳となるのです。 &n

コスタリカ ちょっと濃厚に (5017)

昨日、商社さんから向こう1年分使用するグァテマラのサンプルが到着しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑