*

僕はどう考えて島珈琲のコーヒー豆の価格を決めたか

公開日: : coffee

最近、落語のCDを聴いてます、っていきなりどーしたの?ですね。

 

エクスペリエンスマーケティング塾、略してエクスマ塾の上位コースを今月から通い出しまして、経営力をつけるためや、マーケティングの勉強の一環として、表現の練習などのやっているのですね。

 

で、僕、無口なんですよ、というとビシバシツッコミが入ってくると思うのですが、基本、無口な人だったんです、最近わりと話をする人間になったのですが、話すのは上手かと言われれば、まだまだなのですね。

 

今回は人の前に立ち、いろんな話をすることも塾の内容にあるのです。

 

それでですね、話し方が上達するように、落語を聴き、話の「間(ま)」を感覚的に掴もうと思いまして、落語を繰り返し流して、聴いているということなんです。

 

両親から数枚借りたのですが、僕の中では「三遊亭円楽」さんの話し方が、一番聞きやすいので、何度も何度も聞いて、その感覚をなんとなく会得できるようにしております。

 

しかし、落語って聴いていると面白いですね、
聞き流しているつもりでも、実はがっつり聴いてたりして。(笑)

 

話の「間・ま」だけではなく、文化も吸収している僕です。
こんにちには 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

僕はどう考えて島珈琲のコーヒー豆の価格を決めたか

 

先日、値付けのことで話をしていたときに、思いって大事ですよーってお話をしたのですね。
その時、話した内容を今回は。
 

ブレンドなら100g490円(税別)からですが、決して安くはないですが、高くもない価格だと思ってます。
まとまった量、500gパックを購入してもらうと、価格は2000円となり、100gの価格もリーズナブルになります。

 

100gを5個用意するよりも、500gでぽんっ!と作業させてもらえば、手間が省けるので、500gパックの場合は手間賃を差し引いている価格を提示しております。

 

僕は安売りはしませんし、僕の焙煎したコーヒー豆を安売りすることは、自分自身を安売りすることと同じだと思ってますので、理由がない限り、定価の値を崩すことはしません。

 

それでですね、この価格はどう決めたか、というところですね。

 

自分の家で毎日飲むならこの価格

 

今は、これが基準です。
毎日、晩ご飯のあと家族でコーヒータイムを楽しみます。

 

それが出来る価格を基準にしております。
奥さんがこの価格なら、1ヶ月の家計費に入れることができる、と言える価格。

 

ですので、島珈琲のラインナップは高級コーヒーばかりで構成はしておりません。
毎日飲みたい、だけどとびっきり美味しいのを、そしてリーズナブル、そこを僕は追求しております。

 

素材を考え、原価を考え、もちろんお客さんのために島珈琲を続けることを考えるので、利益を考えて、その枠でで最高のコーヒーを作る。

 

素材が一般でいう評価の高くないモノならば、焙煎技術でカバーして、持てる最高の味わいが出る焙煎をする。

価格に対してはそうした姿勢でおります。

 

美味しくてリーズナブル、家庭で沢山飲めて、仕合わせな時間を沢山過ごしてもらう、これが僕が求めるコーヒー豆の価格への考え、そして挑戦です。

 

コーヒーの原材料の高騰もありますが、工夫をして今の価格を維持して行きたいなぁと思ってます。
といっても、先日のマンデリンの価格改定や、通販の送料の価格改定などあったり、なかなか思い通りには行きませんが、僕の思いを表現できるように努力しますからね!

 

以上、僕はどう考えて島珈琲のコーヒー豆の価格を決めたか、のお話でした。

 

それでは。
いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエクスマ塾の上位コースへ。 &n

記事を読む

コーヒーのブレンドは交響曲だ!

プロローグ   そもそもブレンドとはなんなのか?例えばブラジルはまろやかだ

記事を読む

加糖・微糖・無糖 どのコーヒーがお好き?

プロローグ コーヒーにお砂糖を入れる。 ブラックで飲むコーヒーとはまた別の顔をみせてくれますよね

記事を読む

コーヒードリッパー メーカーによって何が違うのか?

プロローグ 前回の記事に続いて、今回もコーヒードリッパーのはお話です。 コーヒードリッパーにもい

記事を読む

僕がハワイ島でコーヒー栽培の仕事をしてつらかったこと

プロローグ かれこれ15年前になりますが、今でもよく覚えています。   現在

記事を読む

しまこーひーのブレンド倶楽部 ブレンド花の味わいについて

世間では3連休のはじまり 各地ではイベントなど盛大に行われているのではないでしょうか?こんな日 高槻

記事を読む

厚手のカップ、薄手のカップ、どっちがコーヒーは美味しいの?

プロローグ 今回はカップついてのお話です。 陶器のカップ、いろいろとオシャレなデザインのもの、沢

記事を読む

コーヒー屋のミルクはなぜ生クリームなのか

昨日は臨時休業を頂き、いろんなことが出来た日でした、感謝です。   娘のスイミ

記事を読む

ご存じですか!コーヒーをドリップした直後 濃いのは底の方にたまってる事を!

プロローグ 春、麗らかですね。 タンポポやチューリップ、菜の花、街の至る所で花は咲き、心の色を豊

記事を読む

アイスコーヒー用のコーヒー豆はホット用に使うのは邪道か?

さて大型受注を頂きました、短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPAN COFFEE こんな

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ありえへん 蕎麦屋でコーヒー豆が売れるなんて

日本料理屋さんが好きです。 回らないお寿司屋さんも好きです。(もちろん

結果をすぐに求めすぎない

なんとなくですが、やっと近辺が落ち着いたというか、いろんなことがそれな

カフェBeにおかわりメニューを増やそう大作戦

まずカフェBeとは。 2009年、社会福祉法人 北摂杉の子会が運営する

コーヒーは新豆の時期が一番美味しいの?

急に春のような気候になった高槻です。 昨日までお店には暖房を入れていた

ぺーパードリップとフレンチプレス どっちがいいの?

昨日はお休みでした。 家族で娘が観たいという、プリキュアの映画を観に行

→もっと見る

PAGE TOP ↑