*

コーヒー豆にはいくつもの味わいがある

プロローグ

コーヒー豆、例えばブラジルのコーヒー豆、焙煎度合いによって幾通りかの味わいがあります。
島珈琲の場合、中焙煎と深焙煎この2つの焙煎度合いによる変化により、味わいに違いをつけてお客様に楽しんでもらっています。

 

中焙煎・深焙煎を飲み比べると「同じ豆なのか」と初めての方は思うはずです。

 

同じコーヒー豆でも焙煎度合い、身近な言葉で言うと焼き具合で味わいの変化が起こります。

これがコーヒーの深さの一つでもありますね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

IMG_1707

 

美味しいポイントはいくつあるのか

ブラジルのコーヒー豆に美味しいと思う焙煎度合いのポイントはいくつあるのか。

 

余談ですが、焙煎度合いは僕たちプロの間では8段階で表現します。
ライト、シナモン、ミディアム、ハイ、シティ、フルシティ、フレンチ、イタリアンと、ライトが一番浅い焙煎で右に行くにつれて焙煎が少しずつ深くなり、イタリアンが一番深い焙煎の名称になります。

 

ひょっとしたら今はあんまりこの8段階で表現しないかもしれませんが、ご参考までに。

 

8段階のライト、シナモンはあんまり使用しない焙煎度合いですので、ここでは省いて、あと6つのポイントで説明してみますね。
ほんとはややこしいのですが、ミディアムハイなどという中間的な焙煎度合いもあります。
これを引っ張り出すとかなり話がわやくちゃになるので、くどいですが6つのポイントで説明します。

 

豆ごとよってに違う美味しいポイント

ブラジルではこの6つのポイントとも、僕は美味しいポイントと思っています。
非常にオールマイティな豆で、使う側にはとっても使いやすいです。

 

コロンビア、これもほぼオールマイティです、どのポイントでも味わいの個性をだせますね。

 

グァテマラ、この豆は中深焙煎と呼ばれる段階、6つのポイントいうシティくらいからが持ち味を発揮します。
それ以前の中焙煎にすると酸味がけっこう持っていて、酸味が鋭く勝ってしまう味わいになります。

 

マンデリン、これもグァテマラと同じでシティくらいからの焙煎の方が豆の個性を引きだせます。

 

逆に深焙煎に向いてない豆もあります、ブルーマウンテン(ジャマイカ)やキューバ、パナマなど。
カリブ海系のコーヒー豆は中焙煎で味わいのその力を発揮し、深焙煎にしてしまうと味わいが平坦になり、個性が消えてしまいます。

 

但し、お店によって考えが違います。
これが最も購入している人を「コーヒーは難しい」と迷わせている事なのですが、お店によって考えが違うので、僕はマンデリンは中焙煎に向いてないと主張しても、いやいやマンデリンの持ち味は中焙煎だ、ということもあります。

 

ですのでお店によって違うのは、お店の個性だと思って下さい。

 

エピローグ

こうして見てみると、コーヒーは本当に奥が深く楽しみがいっぱいある飲み物です。

 

こういった事をちょっと頭の隅に入れていると、あなたのコーヒーライフも楽しくなるのでは、そんな事を思いながら、今回はここでキーボードを打つ手を止めたいと思います。

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

モカ、モカって何でいろんな種類があるの?

少し肌寒くなって来た、ここ高槻です。 いかがお過ごしでしょうか。   少し寒

記事を読む

2月恒例!コーヒーシロップ無糖の仕込みがはじまるよ!

コーヒーシロップとは。 コーヒーシロップ1に対し4倍くらいの牛乳でわると美味しいミルクコーヒーがで

記事を読む

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がなかったので、そのまま家路につき

記事を読む

焦げた苦味は本来持つ コーヒーの苦味ではないのだ

プロローグ 先日、お客様に「コクはあって欲しいけど、苦味はあまりいらないんです。そんなコーヒーあり

記事を読む

島珈琲は元気です!

高槻で地震がありました。   朝、歯磨きをしていてドーン!という音が響きました

記事を読む

たぶん僕は豊臣秀長と気があうと思う

先日 体調不良で一日布団で過ごしたとき 本棚から豊臣秀長の歴史小説を読み直した  

記事を読む

オリジナルブレンドのカスタムオーダーもお受けしてます!

プロローグ 昨日、お客様から相談というか、雑談というのかわかりませんが、こういうお話をしていました

記事を読む

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。   去年は6

記事を読む

夏のコーヒー豆・粉保存方法

プロローグ お客さまからのご質問で一番多いのが、コーヒー豆・粉の保存方法。保存方法においては定期的

記事を読む

僕はどうしてコーヒー焙煎屋を選んだのか

先日、娘に「お父ちゃんはなんでコーヒー屋さんになったの?」と聞かれました。 もうそんな質問をしてく

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
出汁をとる、出汁をひく をコーヒーの抽出に照らし合わせて考える

ここのところ僕のブログに登場回数の多い、セレクトショップ&カフ

取っ手(持ち手)のないカップは美味しく感じるというのは本当か?

ブログを書いていて、思うことがあるのです。 序破急で構成しまして、今

カフェで使うコーヒーの味合わせを考えたとき

昨日は、今秋オープンするセレクトショップ&カフェ テマヒマ さ

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がな

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

→もっと見る

PAGE TOP ↑