*

ミルクに合うコーヒーの作り方

プロローグ

ミルクに合うコーヒー。
コーヒーを軸にしてミルクを入れるのか、ミルクを軸にしてコーヒーを入れるのか、どちらを主にするかで変わってきますが、今回はミルクを主にしたコーヒーのことを書いていきたいと思います。

 

ミルクとコーヒー。
カフェオレ、カフェラテ、などですね。

カフェラテはエスプレッソとミルク、カフェオレは普通にドリップで抽出したコーヒーとミルク、簡単にいうとこんな違いです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

どんなコーヒー豆を選ぶといいの?

エスプレッソは専用の道具、またはマシンがないと手軽に楽しめないので、今回はドリップでする方法を書きますね。
カフェオレは基本コーヒーとミルクの割合が50%50%です、でもお好みの分量で楽しむのが一番ですからね、あくまでも基本です。

 

中焙煎(中煎り)のコーヒーですとミルクと合わせた時に、全体の味わいにおいてミルクの方が勝ちすぎてしまいます。
コーヒー質感(コーヒーらしさ)がちょっと乏しくなります、この弱さが良いと言う方もおれらますので、決して間違いではありません。

 

ただ飲み物としてのボリュームを感じるかどうか、というとかなりマイルドな味わいになります。

ですので、使用するコーヒー豆は深焙煎、もしくはアイスコーヒー用などをオススメします。

 

濃いコーヒーをつくる

深焙煎のコーヒー豆を用意しました。
さて次に粉にしますね。

 

お店で粉にして購入する場合、いつもより濃くしたときは少し細かく(細挽き)にしてもらうと良いでしょう。
おうちで挽いている方はいつもより細かく挽くと濃い味になります。(いつも通りでもオッケーです)
これが1つめの濃いコーヒーをつくる手段。

 

2つめは、ドリップするときにひたすらゆっくりコーヒーをドリップしてください。
とにかくゆっくりです。
ホット場合はあまりゆっくりドリップする冷めてしまうので、適度の速さが求められますが、アイスの場合は冷めてオッケーなので、ほんとにゆっくりお湯を落としてください。

 

コーヒー粉の層をゆっくりお湯が通過すると、それだけコーヒーの成分が良くでます。
逆に早くお湯を落としていくとお湯の量が増え下に圧力がかかり、コーヒー粉の濾過槽を早く通過してしまうので薄いコーヒーが出来上がります。

ですので、いつもよりもゆっくりドリップを行う、これだけで随分濃いコーヒーが出来上がります。

 

IMG_1689

 

コツはポットを持つ腕の肘を身体にぴたりと付け、脇を締めた状態で固定し、腕でポットを回すのではなく、身体ごとゆっくり回す感じです。
そうするとお湯もブレにくいので試してみてください。

 

エピローグ

ミルクをあわすには、できればしっかりしたコーヒーの方がミルクのまろやかさの中に、コーヒーの存在がカツーン!と生きてくるので、特に夏場はこうした濃いコーヒーをドリップして、ミルクと合わすのをオススメしています。

 

ちょっと意識してやってみてくださいね。

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

検証!!とっての無いカップ(器)で飲むと美味しくなるってほんと?

昨日 日本知的障害者福祉協会さまから  毎月発行されて全国に配布されている月刊誌に  原稿の依頼があ

記事を読む

no image

お手軽に♪

 http://shima-coffee.com/quick_coffee.html 皆様

記事を読む

赤いコーヒーの実は、どんな道をたどって僕たちの手元にやってくるのか?

プロローグ 僕がハワイ島へコーヒー栽培のボランティアに行ったのは、かれこれ15年ほど前。 専門誌

記事を読む

コーヒーミルで粉にしたときに均一にならないのです

昨日は休日で、家族で有馬富士公園という場所に行き、娘に思い切り遊んでもらいました。 高槻から高速を

記事を読む

僕のコーヒーの始まりは珈琲館でのアルバイトからでした

昨日、ブログをフェイスブックにリンクすると、高校の時から友達がコメントをいれてくれました。 目を通

記事を読む

これで大丈夫!コーヒー豆を保管する袋、気をつける事はなに?

プロローグ 2月25日、26日は高槻 上宮天満宮 天神さんの天神祭でした。 毎年、日にちが固定で

記事を読む

どう使う?ドリップした後のコーヒーの粉

プロローグ 日本ではドリップした後のコーヒーの粉の二次利用について、結構興味を持たれている方、知り

記事を読む

あの芸能人のTANPAN COFFEE ができるまで

例えば誰かのお好みコーヒーを作るときもこのような流れなので、オリジナルコーヒーはどんな流れでできるの

記事を読む

中煎り(中焙煎)と深煎り(深焙煎)の決定的な違いとは

プロローグ もちろん味わいの違いもあります。 中焙煎は爽やかな酸味と僅かに感じる苦味のコントラス

記事を読む

道具は大事にするからこそ 最高のパフォーマンスを見せてくれる

プロローグ 昔から磨くことが好きで いや磨いて輝きをみるのが好きなのかなぁ 小学生の頃は自転車 青

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー抽出器具、何がもっとも使われているのか

暑いですね。 禁句だと分かっていても、ついつい挨拶と同じ感じでこの言

アイスコーヒー できるだけ氷を溶かさずに急冷する方法

今週は嬉しいことがあります。   先日の大阪北部

アイスコーヒーを美味しく作るコツ

さて、先日なんと北海道で島珈琲のコーヒー豆を使い、コーヒーを提供してく

夏はやっぱりアイスコーヒーの豆が一番売れるのか

島珈琲高槻店の道路を挟んで向かい側のビル、その2階に「アトリエ ステッ

目指すはどこ?島珈琲社会貢献部の行方

6月20日以来、あの地震が起きてからお休みがありませんでした。 です

→もっと見る

PAGE TOP ↑