*

次なるグァテマラ (4731)

公開日: : coffee

昨日、高槻店ではギフトのご購入のお客さんが大変多い1日になりました。

 

ありがたいですし、すごく嬉しいです。
贈り物にしたい、と思ってもらえること、とても光栄です。

 

なのでやっぱり気合入りますね。
綺麗に仕上げよう、贈り主様も贈り先様にも喜んでもらえるように、と。

 

島珈琲のギフトでは、箱入りの場合は和紙の包装紙で包みます。
明日のブログは、ギフトについてにしようと今、書きながら思いました。

 

ですのでギフトにおける詳細は、明日のブログにて書きますね。笑
さて、向こう1年使用するグァテマラのコーヒー生豆の契約を昨日しました。

 

 

ラ・グロリアです

 

今回、契約したグァテマラは「ラ・グロリア」という銘柄です。
グァテマラの主要コーヒー豆の生産地は、8つありまして、ウエウエテナンゴ、アティトラン、コバン、フライハーネス、サンマルコス、アンティグア、オリエンテ、アカテナンゴとなっています。

 

このラ・グロリアはその8つの地域には入っておらず、ラ・グロリアという地名の名前がそのまま銘柄名になっていて、強いて言うならばアンティグアにも近く、フライハーネス寄りの場所になりまして、味わい的にはアンティグアの力強さを僕はこのラ・グロリアには感じるなぁと、サンプルを飲んで思いました。

 

グァテマラらしい複雑な味わいがかみ合っていて、そしてしっかりした強さがあると感じています。

 

切り替わりは少し先に

 

現在、島珈琲でのグァテマラの銘柄は「アヤルサ」という、グァテマラの主要産地の1つフライハーネスの地域で栽培されたものを使用してます。

 

このアヤルサの契約数が、まだけっこう残っておりまして、これを使い終わってからラ・グロリアにかわる予定ですので、どうだろう来年に入ってからくらいのチェンジになりそうな感じです。

 

なぜ、そんな先になるのに契約するの?直近でいいんじゃないの?という声が聞こえてきそうですが、抑える時に抑えておかないと納得できる味わいのモノがなくなる時もあり、売るものがなければお商売になりませんので、なるべく早く手を打っておくようにしています。

 

去年に続き今回もグァテマラの銘柄はチャンジしますが、新しいグァテマラたぶん来年くらいでの切り替えになりますが、楽しみにしてお待ちくださいね。

 

それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

 

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
アバター画像

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

寝る前にコーヒー飲んで大丈夫?

連日、違うお客さんから同じ質問を受けました。 コーヒーを寝る前に飲むとよくないと言いますけど、

記事を読む

ブレンドとは何者?

僕の趣味は?というと、そんなの誰も聞かせて欲しくはないと思いますが、まぁ言わせてください。笑 趣味は

記事を読む

12月にコーヒーシロップ無糖を製造します (4787)

次の月曜日のお休み、カミさんはお友達とランチの予定で、僕は1人で過ごすことに。   何しよ

記事を読む

あの芸能人のお好みのコーヒーを作るときの注意点

あの芸能人こと、アパレルメーカー社長 奥ノ谷 圭祐さん、ニックネームは短パン社長。 短パン社長が一

記事を読む

コーヒー豆から粉へ、何分前に粉にしたらよいのか

プロローグ 今、僕が出版するコーヒー本の原稿の大詰めに入っています。 何をしているのかというと、

記事を読む

僕のコーヒーの始まりは珈琲館でのアルバイトからでした

昨日、ブログをフェイスブックにリンクすると、高校の時から友達がコメントをいれてくれました。 目を通

記事を読む

そもそもコーヒー豆の焙煎とはなんなのか?

昨日は久しぶりの休日を頂きまして 気力体力ともに回復してきました   娘とも

記事を読む

原料の保管に気を付けていること

コーヒーの原料というのは、コーヒー生豆を指します。 焙煎する前、つまり加工する前の豆です。 &nbs

記事を読む

no image

どだいのだ

 カフェBeでは ぷれいすBeの利用者さんがカフェ実習として 手伝ってくれている とは何度

記事を読む

島珈琲のすっきしりした味わいができるのは焙煎機が違うから

僕がコーヒー屋さんをしようと思ったのは、やっぱりですね、焙煎という作業が面白いから、そして好きだから

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
分水嶺 (5021)

今日7月15日月曜日は海の日で祝日、祝日ではありますが、島珈琲岡町本店

ブレンド花が美味しく (5020)

くどくなりますが、明日7月15日月曜日は海の日で祝日ではありますが、岡

アイスコーヒーの粉は細挽きで (5019)

7月15日は祝日の月曜日ではありますが、岡町本店も高槻店も祝日でも関係

来期のグァテマラ 決めました (5018)

そうなんです、来月に僕は49歳となり40代最後の歳となるのです。 &n

コスタリカ ちょっと濃厚に (5017)

昨日、商社さんから向こう1年分使用するグァテマラのサンプルが到着しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑