*

コーヒー豆・粉を保存する時に注意すること

公開日: : coffee

昨晩は友達と忘年会。
実は僕、牡蠣が食べられないのです、が、今回は牡蠣屋さんでの忘年会。笑

 

食べられないわけじゃないのです。
子供頃は食べてましたし、カキフライも喜んで食べていました。

 

いつしか大人になってから、カキフライを食べて翌日、お腹を壊すようになったのです。
理由はよくわかりませんが、それ以来、牡蠣を口するのはやめました。

皆さんはそんな体験ありますか?

 

でもほんと、美味しそうでちょっと食べようかなぁと思ったのですが、明日仕事できなくなるのはいかん、それはいかん、ということで我慢しました。笑

 

楽しい会でした、これで年末年始の繁忙期、乗りきるパワーを充電できました。
さて、今回は先日のコーヒー講座で話したことを1つ。

 

 

コーヒー豆・粉の保存は冷凍庫でとお話しましたが

 

基本は冷凍庫で保存して頂きたいと、このブログでも何度かそれについて書きました。

 

島珈琲の場合、コーヒー豆・粉を入れて持って帰ってもらう袋、コーヒー豆袋ですね、これはアルミ製のもので、これでしたら開封後、口をくるくると巻いてクリップで留め、そしてジップロックに入れ、二重にして冷凍庫で保存してくださいとお伝えしております。

 

ただこのコーヒー豆袋が紙製の場合。
紙製と言っても、現在のもの、クラフトタイプはアルミ蒸着と言って、内側がアルミになっているものが多いですので、そのアルミ蒸着のタイプなら大丈夫です。

 

アルミ蒸着でなく、紙に薄く何かをコーティングしているもの、ほぼ紙の袋の場合について。

 

保存の場合は入れ替えて

 

紙のタイプのコーヒー豆袋で、内側が透明な何かでコーティングされているもの。
この場合、それでしばらく保存していると、コーヒー豆・粉に紙の匂いが移ってしまうことがあります。

 

その移った匂いは抽出した時にも残り、紙っぽい味わいが感じられることがあります。
影響を受けるのですね。

 

コーヒー豆袋が紙、クラフト製で、内側がアルミ蒸着でない場合は、購入し家に帰ったら、他の密閉容器に移すことが必要となります。

 

島珈琲では紙製はありませんが(一部クラフトタイプを使ってますが、中はアルミ蒸着です)、コーヒー豆袋が紙製で内側がアルミ蒸着でない場合は、すぐに移し替えること、頭に入れておいてくださいね。

 

コーヒー豆はデリケートですから、すぐにいろんな影響を受けてしまいますからね。

 

それでは、美味しくステキなコーヒーライフを。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

島珈琲からのクリスマスプレゼントを 今コロンビアがめっちゃいい!

昨晩は実家で、少し早めのクリスマスパーティを。 年末年始はお店がバタバタなので、いつも早めにしている

記事を読む

ドリップするとき、お湯をポタポタ点滴のように落とすとどうなるか?

プロローグ 前回の続きのような記事になりますね。 コーヒーをドリップするときにお湯を細めの線のよ

記事を読む

次世代の作り方でミルクコーヒーを淹れてみた

プロローグ フレンチプレスを眺めていて、ふと思った。 これお湯の代わりに温めたミルクを入れて、同

記事を読む

ハンドドリップするドリップポットの選び方

高槻店は元旦から営業しておりまして、3ヶ日は天神さんへの初詣で目の前通りは、人でいっぱいになります。

記事を読む

コーヒー焙煎屋ですが 僕苦いのは苦手です

こう見えてわりと失敗の多い人生でして、そうだ!と思いついてやってみては、思ったように行かず「あらら」

記事を読む

僕の作りたいコーヒーの味

昨日、カミさんから電話がかかってきて、荷物届いたよー送り状にゲーム機って書いてある、と。 いやいや、

記事を読む

味つくりは煙突の先まで

昨日は高槻店の業務終了後、煙突掃除をしました。 島珈琲高槻店は3階建てビルの1階にありますので、3階

記事を読む

なぜコーヒーは身体に悪いとされたのか

初めてコーヒーを飲んだ記憶、皆さんは覚えておられますか?   親父が毎朝ネスカ

記事を読む

どら焼きとコーヒーとわたし

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 先日 あるお客様に「どら焼きの美味しいお店っ

記事を読む

ブレンドコーヒーはいつも同じ味になるのですか?

あの芸能人の、あのコーヒーが再販されるかも?   そうあれは去年12月のこと、

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
心技一体

確かこの言葉を見たのは、日本拳法で、だったお記憶してます。 日本拳法と

コーヒーミルと一緒にあるといいもの

先日、お客さんからコーヒーミルの相談を受けました。 しかしです、そのお

中煎り派、深煎り派 どっちが多い?

島珈琲では中煎りを中焙煎、深煎りを深焙煎と呼び、ラインナップに並べてい

人は失くさないと、それが当たり前ではないと気づかないもの

そうでしたか、あれからもう25年もの月日が。   阪神淡路大

変化

前号のブログ「コンビニコーヒーを飲み比べて感じること」が、沢山の方の目

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑