*

焙煎中にイメージしているのはこんなこと

公開日: : 焙煎アーティスト

僕の中ではコーヒーの焙煎って、皆さんに分かりやすく例えると野球のボールの遠投みたいな感じだと考えてます。

受ける人が遠くに立ち、そこへ向って投げる。

 

投げる力とか角度を考えて、その地点に向かい投げる。
投げた後は、到着するのを見届けるだけですよね。

 

コーヒーの焙煎も、釜の投入温度と火加減、そして排気風量の調節を決めて、コーヒー生豆を投入してスタート。

 

その後は遠投と同じで、僕の場合、焙煎機に触れることはほとんどありません。
全く、ではありませんが、順調に進んでいるかの確認と火加減のちょっとした調節、くらいで、焙煎中に焙煎機に触る回数はかなり少ないです。

 

焙煎機の能力、そして初期の各々の設定で、ほとんどが決まると僕は考えています。
なので、遠投みたいだなぁって思うわけです。

 

 

焙煎時間は

 

僕の場合、焙煎時間はおおよそ15分まで終わらせるようにしています。
15分で終了し、焙煎豆を冷ますのに3~5分、そして次の焙煎をスタート、インターバルを合わせて1回(焙煎は1回を1バッチと言います)20分くらいですね。

 

ですから、だいたい60分に3クールですね。
1回焙煎できる量が高槻店の場合、下は1キロから上は4キロまで。

 

焙煎する1回の量が少ないほど、1回の焙煎時間はちょっと短くなります。
火の通りがはやくなるためです。

 

その時間、僕は常に焙煎機の前に立っているわけではありません。
時間と上昇温度を見て、いいピッチを刻んでいたら特に問題ないので、要所要所で確認、異常がなければそのまま、焙煎止めを待ちますので、焙煎豆の手選別などしながら焙煎をしています。

 

その時何をイメージしているか

 

コーヒー焙煎は、料理の様に出汁をお皿にすくって味付けを確認しながら、ああだこうだとは微調節はできません。
出来上がってから、抽出して液体になって初めて、その焙煎が成功であったか、でなかったが分かるのですね。

 

ですので、出来上がりの味わい、それから香りを頭の中でイメージしながら、こう焙煎しようとか、火加減をちょっと弱めにしておこうとか、想像での味わいを基に、遠投でいう投げる場所を設定し、コントロールするのですね。

 

そういう意味では、頭の中に入っている味わいのデータが大事になってきますね。
引き出しがどれだけあるか。
その引き出しを基に、どのパターンかを考え、投げる場所(焙煎止め)を設定する。

 

僕が焙煎を始めた出だしの頃は、今、流通されているような良い豆やグレードの高い豆はそう簡単には手に入らない時代でした。

 

ですので流通している普通のコーヒー豆を、どうやって美味しいところを引き出すか、いろいろ考え焙煎し、失敗したり上手に出来たりを繰り返して、引き出しを増やして行けた、思えばとてもいい時代を過ごすことができたなぁ、なんて思ってます。

 

コーヒーの豆からふわっと香る、その香りがどんな感じか、を頭の中でフルにイメージして、毎朝焙煎に向き合っております。

 

明日も明後日も、これからも、美味しいコーヒーを届けますね。
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの香りを引き出す技術とは!?

プロローグ 昨日 午前中は歯医者で痛い思いをし(笑)、その後 娘と公園で遊びました。公園には花がい

記事を読む

音を読め

昨晩、高槻店業務終了後、焙煎機のメンテンナスの第3部を。 今回はダクト、そして心臓部にあたる送風機を

記事を読む

焙煎中は味見できない どんなイメージを持って焙煎するのか

僕はこう見えて、コンピュータ関係にはかなり弱いです。 よくわかりません、だから分かる人に聞いていま

記事を読む

ますます値上がりするの?今後のコーヒーの動向

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です さて今回は昨今多くなりました「コーヒーの値上げ」

記事を読む

よい習慣は人生を豊かにする

お正月2日目です。 本日も10時開店 17時閉店 16時半オーダーストップで高槻店は営業しております

記事を読む

ブログとビオフェルミン

お客さんとビオフェルミンの話で盛り上がったのです。 昨日、日曜日は日曜日だけが営業のお店、岡町本店へ

記事を読む

商売に必要なもの それは「カラ元気」ではないだろうか

こんにちは! 唐揚げ大好き 焙煎アーティスト 島規之です 子供みたいでしょ 笑  

記事を読む

出版すれば本は売れるのか

最近よく聞かれます。 島さん、本はどうでしたか?と。   ふふふ、そうなんで

記事を読む

出版する僕のコーヒー本 校正が上がってきました!

このところいろんな良いことがあって、運がいいなぁって思っている僕です。 これも皆さんのおかげです、

記事を読む

怒という感情をできるだけ捨てる

本日、1月6日は僕自身のお休み。 昨年の12月23日の休みを最後に、ずっと休みなしで昨日まで。 &n

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ドリップの方法、人によって言うことが違うのはなぜ?

昨日はお休み。 実家に行き、母と家族で父のいる施設へ。  

星野伸之さんのスタイルの様に

野球選手の中で誰のようなスタイルで生きて行きたいか、という問いがもしあ

まもなく終了します!コーヒーシロップ無糖・今年度分

明日23日月曜日は、祝日となっておりますが、高槻店は日曜日月曜日は定休

ただただ信じてやってみる

高槻店は、この五月に喫茶コーナーを終了しました。 現在は椅子をそのまま

島珈琲 歳末グァテマラ祭り

ヤマザキ 春のパン祭り みたいにリズム感があるような感じの題名にしたか

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑